マシュマロみたいなふわふわにゃんこ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
マシュマロみたいなふわふわにゃんこ
MASHUMAROMITAINAFUWAFUWANYANKO
名称 マシュマロみたいなふわふわにゃんこ
英語名称 MASHUMAROMITAINAFUWAFUWANYANKO
モチーフ ネコ
発売年 2005年
デザイナー 山田和恵[1]
キャラクター大賞順位 8位(第22回)[2]
公式サイト マシュマロみたいなふわふわにゃんこプロフィール
テンプレートを表示

マシュマロみたいなふわふわにゃんこラテン文字表記:MASHUMAROMITAINAFUWAFUWANYANKO[3])は、サンリオメディアミックスを展開するシリーズである。サンリオキャラクターの中では最も名前が長い[4]

2005年にキャラクター開発[3]。小学校高学年の女児をメインターゲットとしている。

来歴[編集]

  • 2006年6月10日 - サンリオショップ限定でぬいぐるみを先行販売開始。
  • 2006年7月20日 - 本格的にグッズ販売を開始。
  • 2006年9月30日 - 第2弾グッズを発売。

設定[編集]

本名は「マシュマロ」。子猫の男のコ[3]。生誕地はフランスパリでアパートに住んでいる。日本人ファッションデザイナーたまごの男の子に拾われ、一緒に生活している[5]。特技はピアノ[5]。将来の夢は歌手。年齢は人間換算で8歳くらい。一人称は「僕」。人の言葉はしゃべれないが、だれとでも通じ合える言葉のようなものが使え、歌声はとてもきれい。おなかに不思議なパワーを秘めたお菓子のマシュマロが入ったポケットを付けている[3]。誕生日の設定はない。

サンリオキャラクター大賞の順位[編集]

『いちご新聞』の読者投票企画「サンリオキャラクター大賞」では第22回(2007年)の8位[2]が歴代最高である。

2013年サンリオキャラクター大賞37位[6]。2013年サンリオキャラクター大賞の特別企画である「これやります宣言」で、「15位以内ならみんなをマシュマロで幸せいっぱいにしてあげる」と宣言していたが[7]、ランクインを逃した。

  • 2020年サンリオキャラクター大賞42位(いちご新聞49位[8])。
  • 2019年サンリオキャラクター大賞43位(いちご新聞49位[9])。
  • 2018年サンリオキャラクター大賞52位(いちご新聞66位タイ[10])。
  • 2017年サンリオキャラクター大賞41位(いちご新聞43位[11])。
  • 2016年サンリオキャラクター大賞44位(いちご新聞45位タイ[12]) / なでる投票38位[13]
  • 2015年サンリオキャラクター大賞40位[14](いちご新聞34位[15])。
  • 2014年サンリオキャラクター大賞20位圏外[16][17][注釈 1](いちご新聞16位[19])。
  • 2013年サンリオキャラクター大賞37位。
  • 2012年サンリオキャラクター大賞23位[20]
  • 2011年サンリオキャラクター大賞18位[21]
  • 2010年サンリオキャラクター大賞20位圏外[22]
  • 2009年サンリオキャラクター大賞10位圏外[2]
  • 2008年サンリオキャラクター大賞10位圏外。
  • 2007年サンリオキャラクター大賞8位[2]
  • 2006年サンリオキャラクター大賞10位圏外。

その他[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ この回は全100種のキャラクターをA〜Eグループの5グループに分けて1stステージ(予選)が行われ、各グループの上位4種、全20種のキャラクターからファイナルステージ(決戦)が行われ順位が決定されたため、21位以下が存在しない。「マシュマロみたいなふわふわにゃんこ」はBグループ、(1stステージ9位、1stステージ敗退)にノミネートしていた[18]

出典[編集]

  1. ^ 食育キャンペーン 第3回サンリオキャラ弁コンテストの実施要項のお知らせ「サンリオキャラ弁を作ろう! あなたのおいしい笑顔がみたいから…」 (PDF)”. サンリオ (2009年3月6日). 2017年7月11日閲覧。
  2. ^ a b c d 竹村真奈 (2013, pp. 140-144)
  3. ^ a b c d SANRIO MEMORIES211頁。
  4. ^ サンリオキャラクターたちの本名、言えますか?”. エキサイト株式会社(Excite ニュース) (2008年7月11日). 2016年8月29日閲覧。
  5. ^ a b 森彩子 (2010, p. 143)
  6. ^ 総得票数176万票超え!ハローキティが2連覇達成!中間5位から1位を奪還「2013年サンリオキャラクター大賞」結果発表”. サンリオ (2013年7月20日). 2020年10月23日閲覧。
  7. ^ 2013年 サンリオキャラクター大賞 中間発表”. サンリオ (2013年6月21日). 2013年6月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月23日閲覧。
  8. ^ 『いちご新聞』2020年8月号(630号) pp.8-25。
  9. ^ 『いちご新聞』2019年8月号(618号) pp.8-19。
  10. ^ 『いちご新聞』2018年9月号(607号) pp.8-19。
  11. ^ 『いちご新聞』2017年9月号(595号) pp.8-19。
  12. ^ 『いちご新聞』2016年9月号(583号) p.10。
  13. ^ 31st サンリオキャラクター大賞 なで時間ランキング”. 株式会社サンリオ (2016年). 2020年10月23日閲覧。
  14. ^ 『いちご新聞』2015年9月号(571号) pp.4-5。
  15. ^ 『いちご新聞』2015年9月号(571号) pp.6-25。
  16. ^ 『いちご新聞』2014年10月号(560号) pp.3-17。
  17. ^ かわいい戦いが、いま、はじまる。 29th サンリオキャラクター大賞 公式サイト”. サンリオ. 2014年12月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月23日閲覧。
  18. ^ 1stステージ結果発表!”. サンリオ. 2014年6月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月23日閲覧。
  19. ^ 『いちご新聞』2014年10月号(560号) pp.26-34。
  20. ^ 2012サンリオキャラクター大賞結果発表(1位〜100位) サンリオキャラクター大賞 公式サイト”. サンリオ. 2012年9月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月23日閲覧。
  21. ^ サンリオキャラクターからみんなへ「ありがとう」 第26回 輝け!! 2011年SANRIO キャラクター大賞 結果大発表”. サンリオ. 2011年9月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月23日閲覧。
  22. ^ 輝け!! 2010年サンリオキャラクター大賞 結果発表”. サンリオ. 2010年8月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年10月23日閲覧。
  23. ^ 竹村真奈 (2013, pp. 108-113)
  24. ^ ハローキティと魔法のエプロン - みんな集まれ!お料理パーティー - 遊び方とカード紹介 (PDF)”. エクサム (2011年). 2016年8月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月6日閲覧。

参考文献[編集]

  • 竹村真奈『サンリオデイズ いちご新聞篇 ー「いちご新聞」から生まれたキャラクターのヒミツがいっぱい ー』ビー・エヌ・エヌ新社、2013年10月19日。ISBN 978-4861009020。
  • 『SANRIO MEMORIES』サンリオ、2010年9月15日。ISBN 978-4-387-10066-9。
  • 森彩子『サンリオキャラクター大図鑑』ポプラ社、2010年11月。ISBN 978-4-591-12108-5。

関連項目[編集]