マシュー・デラベドバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マシュー・デラベドバ
Matthew Dellavedova
Cleveland Cavaliers vs. Brooklyn Nets (46198704335).jpg
クリーブランド・キャバリアーズでのデラベドバ (2019年)
クリーブランド・キャバリアーズ  No.18
ポジション PG
背番号 18
身長 193cm (6 ft 4 in)
体重 91kg (201 lb)
ウィングスパン 196cm  (6 ft 5 in)
シューズ PEAK[1]
基本情報
本名 Matthew Dellavedova
愛称 Delly
ラテン文字 Matthew Dellavedova
誕生日 (1990-09-08) 1990年9月8日(28歳)
オーストラリアの旗 オーストラリア
出身地 ビクトリア州の旗 ビクトリア州メアリーバラ
出身 セントメリーズ大学
(カリフォルニア州の旗 カリフォルニア州)
ドラフト 2013年ドラフト外 
選手経歴
2013-2016
2016-2018
2018-
クリーブランド・キャバリアーズ
ミルウォーキー・バックス
クリーブランド・キャバリアーズ
受賞歴
代表歴
キャップ オーストラリアの旗 オーストラリア 2010-

マシュー・デラベドバMatthew Dellavedova1990年9月8日 - )は、オーストラリアバスケットボール選手。ビクトリア州メアリーバラ出身。NBAクリーブランド・キャバリアーズに所属している。ポジションはポイントガード

経歴[編集]

Dellavedova with the Cleveland Cavaliers in 2014
Dellavedova with the Bucks in 2016

4歳のときにバスケットボールを始めた。オーストラリアビクトリア州の高校在学中、メアリーバラ・ブレイザーズ、ベンディゴ・ブレーブスでプレーした。デラベドバはバスケットボールの他に、オーストラリアンフットボールも行っていたが、バスケットボールに専念するようになった。2007年、キャンベラにあるオーストラリア国立スポーツ研究所に入学、サウスイースト・オーストラリア・バスケットボールリーグで3シーズンプレーした。


高校卒業後、NBA選手を目指す為に渡米し、同郷のパティ・ミルズが通っていたセントメリーズ大学に入学。4年間プレーし、1933得点をあげて、それまでダニエル・キッカート英語版が持っていた大学記録を更新、778アシスト、3ポイントシュート成功288本成功の大学記録も作った[2]。2014年2月15日、大学時代の背番号4番が永久欠番となった[3]

2013年のNBAドラフトでは指名されなかったが、同年夏に行われたクリーブランド・キャバリアーズのサマーリーグに参加し[4]、最終ロースターに残り[5]、2013年9月12日、2年130万ドルのNBA最低年俸でキャブスと契約した[6][7]。3月26日のデトロイト・ピストンズ戦ではベンチから出場し、自己ベストの21得点をあげて、97-96の勝利に貢献した[8]

2014年7月のサマーリーグにも参加した[9]。11月4日のポートランド・トレイルブレイザーズ戦で左足の内側側副靱帯を痛めて、全治4週間から6週間であることが報じられた[10]。同年12月8日のブルックリン・ネッツ戦で復帰した[11]

2015年2月11日、ライジング・スターズ・チャレンジの出場メンバーに選ばれた[12]

2015年5月14日のシカゴ・ブルズとのプレーオフ第6戦ではチームトップの19得点をあげて、チームにとって、2009年以来となるカンファレンスファイナル進出に貢献した[13]アトランタ・ホークスとの第3戦でのデラベトバのアグレッシブなプレーが、デラベトバがダーティーな選手であるか、大きな論争になった。デラベトバとアル・ホーフォードがリバウンド争いをした蔡、ホーフォードがデラベトバの頭部にひじ打ちをして退場処分を受けた[14]。これに対してチャールズ・バークレーやチームメートのレブロン・ジェームズはデラベトバのプレースタイルを擁護し[15]、バークレーは「あんな安っぽい挑発に乗ってるようじゃあ、ヤツはキャプテン失格だな」と、ホーフォードを批判している。

その激しい闘争心を武器にチームを盛り立て、怪我がちだったカイリー・アービングのバックアップ役を務めて、キャブスの8年振りのNBAファイナル進出に貢献。翌2016年は、NBAチャンピオンも経験した。

2016年7月1日、ミルウォーキー・バックスと契約した[16]

プレースタイル[編集]

高い確率の3ポイントシュートと粘り強いディフェンスが持ち味のコンボガードである。 2015年のプレーオフでのアグレッシブなプレーぶりから、ダーティーな選手であるか大きな論争になった。シカゴ・ブルズとのプレーオフ第5戦ではタージ・ギブソンに脚を絡ませ、思わず激怒し、蹴り返したギブソンがフレイグラントファウル2で退場となった。アトランタ・ホークスとの第2戦ではデラベトバとルーズボールを競ったカイル・コーバーが右足首を捻挫し、プレーオフ残り試合の出場が絶望になった。第3戦では上記のようにアル・ホーフォードが退場となっている[14]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Matthew Dellavedova signed three-year deal with Chinese shoe brand Peak
  2. ^ BIO”. セントメリーズカレッジ・オブ・カリフォルニア. 2015年6月1日閲覧。
  3. ^ Matthew Dellavedova's jersey retired”. ESPN (2014年2月16日). 2015年6月1日閲覧。
  4. ^ Cavaliers Announce 2013 Summer League Roster”. nba.com (2013年7月9日). 2014年12月22日閲覧。
  5. ^ 2013 Summer League Statistics
  6. ^ Jason Lloyd (2013年9月13日). “Cavaliers notebook: Cavs sign undrafted rookie Matthew Dellavedova; seek to add season-ticket holders’ names to court”. ohio.com. 2014年12月22日閲覧。
  7. ^ Sam Amico (2013年9月12日). “Cavaliers sign Dellavedova to non-guaranteed deal”. FOXスポーツ. 2014年12月22日閲覧。
  8. ^ Cavaliers 97, Pistons 96”. シカゴ・トリビューン (2014年3月26日). 2015年6月1日閲覧。
  9. ^ Cavs Announce 2014 Samsung NBA Summer League Roster”. nba.com (2014年7月8日). 2015年6月1日閲覧。
  10. ^ Matthew Dellavedova out 4-6 weeks”. ESPN (2014年11月10日). 2015年6月1日閲覧。
  11. ^ LeBron, Cavs roll in front of royal audience”. nba.com (2014年12月8日). 2015年6月1日閲覧。
  12. ^ Chris Haynes. “Cleveland Cavaliers guard Matthew Dellavedova added to Rising Stars Challenge game”. Northeast Ohio Media Group. 2015年6月1日閲覧。
  13. ^ Andrew Seligman (2015年5月15日). “James struggles, Cavaliers still advance past Bulls 94-73”. nba.com. 2015年6月1日閲覧。
  14. ^ a b Steve Aschburner (2015年5月25日). “Dellavedova keeps getting under opponents' skin”. nba.com. 2015年6月1日閲覧。
  15. ^ Australia's Matthew Dellavedova in NBA controversy”. シドニー・モーニング・ジェラルド (2015年5月25日). 2015年6月1日閲覧。
  16. ^ Matthew Dellavedova will sign a four-year, $38 million contract with Bucks