マシュー・ペリー (補給艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
US Navy 110321-N-4743B-146 An MH-60S Sea Hawk helicopter takes off from the Military Sealift Command dry cargo and ammunition ship USNS Matthew Per.jpg
艦歴
発注 2006年1月30日
起工 2008年10月3日
進水 2009年8月16日
就役 2010年2月24日[1]
退役
その後
除籍
性能諸元
排水量 満載:40,298トン
全長 210 m (689 ft) 全長
199.3 m (654 ft) 水線長
全幅 32.3 m (106 ft) 全幅
32.3 m (106 ft) 水線幅
吃水 9.1 m (30 ft) maximum
9.4 m (31 ft) limit
機関 ディーゼル・電気推進(31,500hp) 1軸推進
最大速力 20ノット (37 km/h)
乗員 軍人49名、民間人123名
兵装 7.62mmまたは12.7mm機関銃 2-6挺
艦載機 ヘリコプター 2機

マシュー・ペリー (USNS Matthew Perry, T-AKE-9) は、アメリカ海軍補給艦ルイス・アンド・クラーク級貨物弾薬補給艦の9番艦。艦名は日本の開国に成功したマシュー・ペリー代将(1794年-1858年)に因む [2]

2006年1月30日、マシュー・ペリーの建造契約がカリフォルニア州サンディエゴのナショナル・スチール・アンド・シップビルディング社と結ばれた。2008年10月3日に起工、2009年8月16日にペリーの玄孫にあたるヘスター・エヴァンスによって命名、進水した。

艦歴[編集]

同艦は、2011年平成23年)に起きた東北地方太平洋沖地震の救援活動、トモダチ作戦に参加した[3]。21日間の任務中、マシュー・ペリーは17回の補充活動を行い、1,500,000米ガロン (5,700 m3)以上の燃料と救援物資を輸送した[4]

脚注[編集]

  1. ^ General Dynamics NASSCO Delivers USNS Matthew Perry”. General Dynamics NASSCO (2010年2月24日). 2010年2月25日閲覧。
  2. ^ Navy Names Four Ships After American Pioneers”. アメリカ国防総省 (2008年12月2日). 2010年10月14日閲覧。
  3. ^ Seawaves,"Warships Supporting Earthquake in Japan" Archived 2011年3月23日, at the Wayback Machine.
  4. ^ Baxter, Edward (2011年5月). “Disaster! Operation Tomodachi”. Military Sealift Command (MSC). 2011年10月8日閲覧。

参考資料[編集]