マシュー・マックリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マシュー・マックリン
0022 - Macklin.jpg
基本情報
本名 マシュー・マックリン
通称 Mack The Knife(マックのナイフ)
Tipperary Tornado
The Roscommon Rock
階級 ミドル級
身長 178cm
リーチ 180cm
国籍 イギリスの旗 イギリス
誕生日 (1982-05-14) 1982年5月14日(36歳)
出身地 バーミンガム
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 41
勝ち 35
KO勝ち 22
敗け 6
引き分け 0
無効試合 0
テンプレートを表示

マシュー・マックリンMatthew Macklin、男性、1982年5月14日 - )は、アイルランド系イギリス人、イギリスの元プロボクサーバーミンガム出身。切れ味鋭い右フックが武器で打たれ強い、フェリックス・シュトルムセルヒオ・マルチネスには敗れたものの接戦に持ち込んでいる。

来歴[編集]

2001年11月7日、グラスゴーでデビューを果たし初回1分52秒TKO勝ち。白星でデビューを飾った。

その後は無敗をキープするも2003年11月6日、アンドリュー・ファーセイとBBBofC英国スーパーウェルター級王座決定戦を行い10回95-96の判定負けで王座獲得に失敗した。

2005年5月14日、マックリンのルーツアイルランドダブリンのナショナル・スタジアムでアイルランドミドル級王座決定戦をマイケル・モナハンと対戦し5回1分28秒TKO勝ちで王座獲得に成功した。

2006年9月29日、マンチェスターBBBofC英国ミドル級王者ジェイミー・ムーアと対戦し自身初の負けとなる10回1分29秒KO負けで王座獲得に失敗した。

2008年3月22日、元IBF世界スーパーウェルター級王者ルイス・ラモン・カンパスと対戦し10回98-95の判定勝ちを収めた。

2009年3月14日、バーミンガムのアストン・イベント・センターでBBBofC英国ミドル級王者ワイニー・エルロックと対戦し3回59秒TKO勝ちで王座獲得に成功した。

2009年9月25日、マンチェスター・ベロドロームEBUヨーロッパミドル級王座決定戦をアミン・アシカーンと対戦し初回2分34秒TKO勝ちで王座獲得に成功した。

2010年9月18日、バーミンガムのLGアリーナでシャルバ・ジョマルダシヴィリと剥奪されたEBUヨーロッパミドル級王座決定戦を行い6回終了時棄権で王座返り咲きに成功した。

2010年12月11日、リバプールのエコー・アリーナでルーベン・バロンと対戦し12回3-0の判定勝ちで初防衛に成功した。

2011年6月25日、ドイツケルンランクセス・アレーナWBA世界ミドル級スーパー王者フェリックス・シュトルムと対戦し序盤は先制したが、その後はシュトルムにペースを握られる形になり12回1-2の判定負けで王座獲得に失敗した[1][2]

2012年3月17日、アメリカデビュー戦をニューヨークマディソン・スクエア・ガーデン・シアターWBC世界ミドル級ダイヤモンド王座セルヒオ・マルチネスと対戦しマルチネスにややペースを握られる展開となり、7回に先制ダウンを奪うも11回に2度ダウンを奪われ11回終了時棄権でまたしても王座獲得に失敗した[3]

2013年6月29日、コネチカット州フォックスウッズ・リゾート・カジノ内MGMグランド・アット・フォックスウッズでWBA・IBO世界ミドル級王者ゲンナジー・ゴロフキンと対戦。ゴロフキンに序盤からペースを握られる展開となり3回左ボディフックでダウンを奪われるとマックリンは悶絶しレフェリーのカウントアウトで試合終了。3回1分22秒KO負けで王座獲得に失敗した。[4]

2013年12月7日、ニュージャージー州アトランティックシティボードウォーク・ホール・ダンスホールにてギレルモ・リゴンドウvsジョゼフ・アグベコの前座でラマー・ルッスと対戦し10回3-0の判定勝ちで復帰戦を白星で飾った。

2014年5月24日、マイク・ペレスVSブライアント・ジェニングスの前座でダニエル・ゲールと対戦する予定であったがペレスの負傷欠場で興行が中止となり、マックリンの試合も流れた[5]

2014年11月15日、アイルランドでホルヘ・セバスチャン・ハイラントとWBC世界ミドル級王者ミゲール・コットへの挑戦者決定戦で対戦するも10回KO負けを喫した[6]

2016年4月9日、ボクシング引退を発表した[7]

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ シュトゥルム「V10」 WBA世界ミドル級 ボクシングニュース「Box-on!」 2011年6月27日
  2. ^ シュトゥルムが10度目防衛/ボクシング nikkansports.com 2011年6月26日
  3. ^ ミドル級最強マルティネス終盤TKO勝利 ボクシングニュース「Box-on!」 2012年3月18日
  4. ^ ゴロフキンが3回KOでV8 ボクシングニュース「Box-on!」 2013年6月30日
  5. ^ Team Geale Confirm Golovkin Talks For July Clash”. BoxingScene.com (2014年5月11日). 2014年5月11日閲覧。
  6. ^ Heiland knocks out Macklin in Dublin, Ireland”. Fight News (2014年11月15日). 2014年11月16日閲覧。
  7. ^ British middleweight Matthew Macklin, 33, announces retirement”. ESPN.com (2016年5月14日). 2016年5月14日閲覧。

関連項目[編集]