マシュー・メセルソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
マシュー・メセルソン
Matthew Meselson 2010.jpg
生誕 (1930-05-24) 1930年5月24日(90歳)
アメリカ合衆国の旗アメリカ合衆国,コロラド州,デンバー
国籍 アメリカ合衆国の旗アメリカ合衆国
研究分野
研究機関
出身校 シカゴ大学 (Ph.B., 1951)
カルフォルニア工科大学 (Ph.D., 1957)
論文 I. Equilibrium sedimentation of macromolecules in density gradients with application to the study of deoxyribonucleic acid. II. The crystal structure of N,N-dimethyl malonamide (1957)
博士課程
指導教員
ライナス・ポーリング
主な指導学生 マーク・プタシュネ, スーザン・リンドキスト
主な業績
主な受賞歴 グッゲンハイム・フェロー, マッカーサー・フェロー Genius Award, Genetics Society of America - Thomas Hunt Morgan Medal for lifetime contributions, Lasker Award for Special Achievement in Medical Science
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

マシュー・メセルソン(Matthew Stanley Meselson、1930年5月24日 - )はアメリカ合衆国遺伝学者分子生物学者

コロラド州デンバー出身。1951年にシカゴ大学を卒業、ライナス・ポーリングに師事する。1957年に密度遠心分離法によりDNA半保存的複製を証明した。1961年からハーバード大学の分子生物学教授。1963年から軍備管理軍縮局のコンサルタントを務める。

1963年米国科学アカデミー賞分子生物学部門、2004年ラスカー・コシュランド医学特別業績賞受賞。

経歴[編集]

生い立ち[編集]

1930年5月24日にコロラド州デンバーで生まれ、カリフォルニア州ロサンゼルスの小学校および高校に通っていた。若い頃、彼は化学と物理学に興味を持つようになり、自宅で自然科学の実験を多く行った。また、第二次世界大戦中、夏休み期間にサマースクールに通い、1年半早く卒業するのに十分な高校単位を取得した。しかし、彼が学務部長から卒業証書を受け取ろうとしたとき、3年間分の体育が必要であり、彼はそれが欠けていたと知らされた。他の選択肢を探したのち、彼は1946年に16歳で高校の卒業証書を必要としないシカゴ大学に入学し、化学を勉強するつもりだった。

高等教育[編集]

シカゴ大学で彼は、大学で化学や物理学などの専門分野の博士号が廃止されたことを知り、1946年から1949年まで、学部生として歴史や古典を含む教養を学んだ。その翌年、カルテックにて彼は大好きだったライナス・ポーリングの新入生化学コースを履修し、ヘモグロビンの構造に関するプロジェクトに取り組んだ。

メセルソンはその後、他の学位を取得していなかったが、化学、物理学、数学のコースを履修するためにシカゴ大学へ戻った。