マシュー・ロイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マシュー・ロイド
Matthew Lloyd
Cycling (road) pictogram.svg
Matthew Lloyd LBL2008.jpg
個人情報
本名 Matthew Lloyd
マシュー・ロイド
生年月日 (1983-05-24) 1983年5月24日(36歳)
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
身長 171cm
体重 62kg
チーム情報
所属 ランプレ・ISD
分野 ロードレース
役割 選手
特徴 クライマー
プロ所属チーム
2007–2011
2012–
オメガファーマ・ロット
ランプレ・ISD
グランツール最高成績
主要レース勝利

ジロ・デ・イタリア

山岳賞
区間1勝
オーストラリアの旗 オーストラリア選手権・個人ロード 2008
最終更新日
2012年1月28日

マシュー・ロイド(Matthew Lloyd、1983年5月24日 - )は、オーストラリアメルボルン出身の元自転車競技ロードレース)選手。

経歴[編集]

2005年

  • ツアー・オブ・ウェリントン総合優勝。

2006年

2007年、プレディクトール・ロット(現 オメガファーマ・ロット)と契約を結んでプロ転向。

2008年

2009年

2010年

  • ジロ・デ・イタリア第6ステージにおいて、共に集団を牽引してきたルーベンス・ベルトリアティを164km付近で振り切り勝利、加えて山岳賞を獲得、総合50位となるも、同年、交通事故に逢い、それが晩年まで影響する事になった。以降何度も事故に逢い、嘗ての様な活躍は出来なくなった。

2012年ランプレ・ISDに移籍。オーストラリア選手権総合2位となり、復活の兆しを見せる。ツール・ド・フランスのステージ1~9に出場。

2014年、ジェリーベリー P/B MAXXISに移籍し、8月のツアー・オブ・ユタに出場中、夕食を食べに行く際に轢き逃げ事故に逢い病院に搬送される。これが決定打となり、同年限りで引退した。以前の事故からの復活の兆しを見せていた矢先であった。