マジカル・ガール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マジカル・ガール
Magical Girl
監督 カルロス・ベルムトスペイン語版
脚本 カルロス・ベルムト
製作 ペドロ・エルナンデス・サントス
アマデオ・エルナンデス・ブエノ
アルバロ・ポルタネット・エルナンデス
出演者 ルイス・ベルメホスペイン語版
バルバラ・レニー
ホセ・サクリスタン
撮影 サンティアゴ・ラカイ
編集 エンマ・トゥセイスペイン語版
製作会社 アキ・イ・アリ・フィルムズ
Canal+ スペイン
配給 スペインの旗 Avalon
日本の旗 ビターズ・エンド
公開 スペインの旗 2014年10月17日
日本の旗 2016年3月12日[1]
上映時間 127分
製作国 スペインの旗 スペイン
言語 スペイン語
製作費 500,000[2]
テンプレートを表示

マジカル・ガール』は、2014年スペインサスペンス映画(ネオ・ノワール)。脚本・監督はカルロス・ベルムトスペイン語版、出演はルイス・ベルメホスペイン語版バルバラ・レニーなど。日本のテレビアニメ「魔法少女ユキコ」(架空の魔法少女物アニメ)にあこがれる少女をめぐる物語である[3]

2014年のトロント国際映画祭サン・セバスティアン国際映画祭で上映された。サン・セバスティアン国際映画祭では作品賞(コンチャ・デ・オロ)と監督賞を受賞した[4][5]。第2回フェロス賞ではドラマ部門作品賞とスリラー部門作品賞(ともに作品部門の最優秀賞)、監督賞や脚本賞を含む8部門にノミネートされ、脚本賞を含む4部門で受賞した。第29回ゴヤ賞では作品賞・監督賞・脚本賞を含む7部門にノミネートされ、バルバラ・レニーが主演女優賞を受賞した。

日本での予告編には長山洋子のデビュー曲『春はSA・RA・SA・RA』(フィンランドの歌手Einiによる『Kiitavan hetken hurma』のカバー曲)が使用された[1]。「魔法少女シリーズの主題歌として印象に残る歌[6]」として劇中でも使用されている。

ストーリー[編集]

アニメ『魔法少女ユキコ』に憧れる12歳の少女アリシアは、白血病であった。アリシアの父ルイスは、娘の秘密の願いノートを見つける。ノートを開くとそこには「魔法少女ユキコが着るドレスを着て踊ってみたい」と書いてあった。さらにページをめくると「13歳になりたい」の文字が。死期を悟る娘にショックを受けるルイス。ネットで検索したルイスは、そのドレスが有名デザイナーの手による一点モノの大変高価なコスチュームであることを知る。失業中で金の無いルイスは強盗を決意し宝飾店のウインドウガラスを石で叩き割ろうとするが、頭上から降ってきた嘔吐物により一線を越えずに済む。

嘔吐物は、階上に住む既婚女性バルバラが酒と睡眠薬で体調を崩した末に吐いたものだった。彼女は精神科医である夫のアルフレードに管理されていたが、孤独に打ちひしがれ常に寂しさを抱えていた。バルバラはルイスに詫び、汚した衣服の洗濯のため家に招き入れる。やがて孤独感と寂しさからふたりは男女の関係を持つが、翌日、ルイスは「不倫を夫にバラされたくなければ金を出せ」とバルバラを脅す。バルバラはやむを得ず旧友アダを訪ねて、「一夜の仕事」を紹介してもらい、金を用立てる。

ルイスは脅迫の金でコスチュームをアリシアにプレゼントするが、娘がドレスの入った箱の底に何かを探すそぶりを見て取る。ネットの情報から『足りない何か』が魔法のステッキであることを突き止めたルイスは、バルバラを更に脅迫する。バルバラは期限内に要求を果たすため、アダの制止もきかず、危険な仕事に手を出す。

一方、刑務所から出てきた元教師の男ダミアンは、惹かれていた教え子のバルバラがボロボロになって倒れているのを発見する。バルバラを保護し、訳を知ろうとするダミアン。バルバラは、全ての元凶であるルイスを恨み、復讐するため、「ルイスから脅迫と性的暴行を受けた」とダミアンに嘘の告白をする。ダミアンはルイスを尾行し、酒場で彼に詰め寄ると、「バルバラへの強姦を公表されたくなければ、ここで俺を殺して服役しろ」と脅し、銃を渡そうとする。脅迫はしたが強姦などしていないルイスは、セックスは合意のもののみで、その時の不倫の様子も証拠として携帯電話に録音してある事をダミアンに説明する。ダミアンは、レイプよりむしろ合意のセックスがあったことに強いショックを受ける。バルバラが相手を拒絶し抵抗するも蹂躙されてしまう以上に、ルイスがひとりの男性としてバルバラに受け入れられていた事実が許せなかった。ダミアンは銃を手に取るとルイスを殺し、その場に居る酒場の店長と店員も射殺。不倫の証拠隠滅を図るためにルイスの家に向かう。家の中に足を踏み入れるとアリシアと鉢合わせする。携帯電話の回収を済ませると、最終的にアリシアも殺害。ルイスの家を後にし、バルバラの入院する病室に顔を出すと「不倫を含めた全ての問題を解決した」とバルバラに告げる。

キャスト[編集]

  • ダミアン: ホセ・サクリスタン
  • バルバラ: バルバラ・レニー
  • ルイス: ルイス・ベルメホスペイン語版
  • アルフレード: イスラエル・エレハルデスペイン語版
  • アリシア: ルシーア・ポリャン
  • アダ: エリサベット・ヘラベルト
  • オリベル: ミケル・インスーア
  • アデーラ: テレサ・ソリア・ルアーノスペイン語版
  • ハビエル: ダビド・パレハ
  • ラウラ: エバ・リョラッチスペイン語版
  • ペポ: ハビエル・ボテット
  • 心理学者: ロレーナ・イグレシアス
  • マリソル: マリソル・メンブリーリョスペイン語版
  • 運転手: フリオ・アロホ
  • 店主: アルベルト・チャベス
  • 宝石店員: フリアン・ヘニソン
  • 少女時代のバルバラ: マリーナ・アンドルッチ
  • 赤ちゃん: マリーア・マルティン・クエバス

受賞[編集]

第62回サン・セバスティアン国際映画祭[7]
部門 対象 結果
作品賞 受賞
監督賞 カルロス・ベルムトスペイン語版 受賞
第2回フェロス賞[8]
部門 対象 結果
ドラマ部門作品賞 ノミネート
監督賞 カルロス・ベルムトスペイン語版 ノミネート
脚本賞 カルロス・ベルムトスペイン語版 受賞
主演男優賞 ルイス・ベルメホ ノミネート
主演女優賞 バルバラ・レニー 受賞
助演男優賞 ホセ・サクリスタン 受賞
スリラー部門作品賞 ノミネート
ポスター賞 受賞
第29回ゴヤ賞(2015年2月)[9]
部門 対象 結果
作品賞 ノミネート
監督賞 カルロス・ベルムトスペイン語版 ノミネート
脚本賞 カルロス・ベルムトスペイン語版 ノミネート
主演男優賞 ルイス・ベルメホ ノミネート
主演女優賞 バルバラ・レニー 受賞
助演男優賞 ホセ・サクリスタン ノミネート
新人男優賞 イスラエル・エレハルデ ノミネート

出典[編集]

  1. ^ a b 魔法少女を夢見る少女を描いた洋画「マジカル・ガール」予告編でなぜか長山洋子さんの「春はSA・RA・SA・RA」が流れる”. ねとらぼ. ITmedia (2015年12月17日). 2015年12月18日閲覧。
  2. ^ Redacción AV451 (2014年7月25日). “‘Magical Girl’, de Carlos Vermut, también se podrá ver en el Festival de Toronto” (スペイン語). Audiovisual451. http://www.audiovisual451.com/magical-girl-de-carlos-vermut-tambien-se-podra-ver-en-el-festival-de-toronto/ 2017年4月10日閲覧。 
  3. ^ MAGICAL GIRL(スペイン映画「マジカル・ガール」) 日本スペイン交流400周年実行委員会
  4. ^ Magical Girl”. TIFF. 2015年7月22日閲覧。
  5. ^ San Sebastian: 'Magical Girl' Wins Golden Shell”. Hollywood Reporter (2014年9月27日). 2015年7月22日閲覧。
  6. ^ 『マジカル・ガール』パンフレット「カルロス・ベルムトインタビュー」
  7. ^ Palmarés de la 62 edición del Festival de San Sebastián” (Spanish). サン・セバスティアン国際映画祭 (2014年9月27日). 2015年7月22日閲覧。
  8. ^ Lista de nominados a los Premios Feroz 2015” (Spanish). フェロス賞 (2014年12月17日). 2014年12月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月22日閲覧。
  9. ^ Candidaturas - Magical Girl” (Spanish). ゴヤ賞. 2015年7月22日閲覧。