マジシャンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マジシャンズ
THE MAGICIANS
ジャンル ファンタジーSFドラマ
原案 セラ・ギャンブル、ジョン・マクナマラ
出演者 ジェイソン・ラルフ
ステラ・メーヴ
オリヴィア・ダッドリー
ヘイル・アップルマン
アルジュン・グプタ
サマー・ビシル
国・地域 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作
製作総指揮 セラ・ギャンブル
ジョン・マクナマラ
マイケル・ロンドン
ジャニス・ウィリアムズ
ヘンリー・アロンソ・マイヤーズ
配給 hulu(配信)
NBSユニバーサル・エンターテイメント
放送
放送チャンネル SYFY
放送期間 2015年12月16日 - 放送中
公式サイト

『マジシャンズ』(原題:THE MAGICIANS)は、2009年にアメリカで刊行されたレヴ・グロスマンの小説「The Magicians」を基に製作されたアメリカのドラマシリーズ。2015年12月から、アメリカSYFYにてシーズン1のプレミア放送が開始され、2019年4月現在、4シーズンが放送されている。製作総指揮、脚本を、セラ・ギャンブル、ジョン・マクナマラらが務めている。

あらすじ[編集]

シーズン1のあらすじ[編集]

ニューヨークに住む卒業間近の大学生クエンティン・コールドウォーター。彼はうつ病と診断され、カウンセリングに通う日々を送っていた。ある日、イェール大の大学院進学のため、唯一の理解者であり幼なじみのジュリアとともにOBの家を訪ねる。そこで、子どもの頃から愛読しているファンタジー小説「フィロリーとその先」の未刊であるはずの第6巻の原稿を手にする。その原稿に導かれるように、不思議な世界に迷い込んだクエンティンは、魔法使いを養成するブレイクビルズ大学院の試験会場へと案内され合格する。学生寮での生活が始まったクエンティンと院生たちの前に、ビーストと呼ばれる得体の知れない魔法使いが現れる。一方、クエンティンと同じ会場で試験を受けたが不合格となったジュリアは、謎の魔法使いの組織ヘッジ・ウィッチにスカウトされる。

登場人物[編集]

クエンティン・コールドウォーター
演 - ジェイソン・ラルフ、吹替 - 西健亮
うつ病と診断された孤独な青年。思いもかけずブレイクビルズ大学院の生徒になったことで、幼い頃からの愛読書の舞台”魔法の国フィロリー”が実在すると確信し、ようやく自分の居場所を見つける。
ジュリア・ウィッカー
演 - ステラ・メイヴ、吹替 - 近藤唯
クエンティンの幼なじみ。ブレイクビルズ大学院の試験に落ち、試験の記憶を消されそうになるが、謎の魔法使いの組織ヘッジ・ウィッチに勧誘される。
アリス・クイン
演 - オリヴィア・ダッドリー、吹替 - 山根舞
シャイなブレイクビルズ大学院の優等生。家族全員が魔法使いという環境からプレッシャーも感じている。
エリオット
演 - ヘイル・アップルマン、吹替 - 烏丸祐一
陽気で社交的な性格。ブレイクビルズ大学院でクエンティンを試験会場へと案内したことから親友になる。
ペニー
演 - アルジュン・グプタ、吹替 - 濱野大輝
ブレイクビルズ大学院の学生寮で、クエンティンのルームメイト。クエンティンに協力してビーストの出現に関わってしまったことで、クエンティンと対立していく。
マーゴ
演 - サマー・ビシル、吹替 - 種市桃子
ブレイクビルズ大学院生。常にエリオットのそばにいる。
ヘンリーフォッグ
演 - リック・ワーシー、吹替 - 斉藤次郎
ブレイクビルズ大学院の学生部長。悪の魔法使いから大学院を守るため奮闘している。
ケイディ
演 - ジェイド・テーラー、吹替 - ニケライ・ファラナーゼ
ペニーの恋人。謎の組織ヘッジ・ウィッチにブレクビルズ大学院の情報を流している。

エピソード一覧[編集]

シーズン一覧[編集]

シーズン エピソード 米国での放送日
初回 最終回
1 13 2015年12月16日 (2015-12-16) 2016年4月11日 (2016-4-11)

シーズン1[編集]

通算
話数
シーズン
話数
タイトル監督脚本放送日U.S. 視聴者数
(百万人)
11"運命の出会い"
"Unauthorized Magic"
Mike CahillSera Gamble & John McNamara2015年12月16日 (2015-12-16)
2016年1月25日 (2016-01-25)
0.92[1]
1.06[2]
ニューヨークに住む卒業間近の大学生クエンティンは、イェール大の大学院進学のため、幼なじみのジュリアとともにOBの家を訪ねる。OBは死んでおり、愛読するファンタジー小説「フィロリーとその先」の未刊の原稿が残される。クエンティンは、魔法使いを養成するブレイクビルズ大学院の試験会場に招き入れられて合格する。「フィロリーとその先」の登場人物のジェーン・チャトウィンが現れてビーストについて警告する。アリス、クエンティン、ペニー、ケイディはアリスの死んだ兄チャーリーを召喚しようとして、ビーストと呼ばれる魔法使いを召喚してしまい、教師たちが襲われる。一方、不合格となったジュリアは消されるはずの記憶を保持し、謎の魔法使いの組織ヘッジ・ウィッチにスカウトされる。
22"魔法の起源"
"The Source of Magic"
Scott SmithSera Gamble2016年1月25日 (2016-01-25)1.11[2]
大学はビースト出現の経緯を調べ、クエンティン、アリス、ペニー、ケイディは関与を否定する。大学の呼んだスペシャリストのイライザは処分を保留する。ジュリアはヘッジ・ウィッチの試験を突破する。ケイディは大学から魔法の品を持ち出してヘッジ・ウィッチに渡す。
33"先進魔術の影響"
"Consequences of Advanced Spellcasting"
Scott SmithHenry Alonso Myers2016年2月1日 (2016-02-01)0.90[3]
44"壁の中の世界"
"The World in the Wall"
James L. ConwayJohn McNamara2016年2月8日 (2016-02-08)0.75[4]
55"人間関係の修復"
"Mendings, Major and Minor"
Bill EaglesDavid Reed2016年2月15日 (2016-02-15)0.75[5]
66"実現困難な課題"
"Impractical Applications"
John Stuart ScottLeah Fong2016年2月22日 (2016-02-22)0.65[6]
77"マヤコフスキー教授"
"The Mayakovsky Circumstance"
Guy Norman Bee原案:Mike Moore
脚本:John McNamara
2016年2月29日 (2016-02-29)0.70[7]
88"呪いのかかったナイフ"
"The Strangled Heart"
Jan EliasbergDavid Reed2016年3月7日 (2016-03-07)0.67[8]
99"フィロリーの生誕地"
"The Writing Room"
James L. ConwaySera Gamble2016年3月14日 (2016-03-14)0.71[9]
1010"帰郷"
"Homecoming"
Joshua ButlerHenry Alonso Myers2016年3月21日 (2016-03-21)0.78[10]
1111"救済のための戦闘魔術"
"Remedial Battle Magic"
Amanda TappingLeah Fong2016年3月28日 (2016-03-28)0.72[11]
1212"40回目の人生"
"Thirty-Nine Graves"
Guy Norman BeeLeah Fong & Henry Alonso Myers2016年4月4日 (2016-04-04)0.75[12]
1313"フィロリーへの旅"
"Have You Brought Me Little Cakes?"
Scott SmithSera Gamble & John McNamara & David Reed2016年4月11日 (2016-04-11)0.68[13]

参考文献[編集]

出典[編集]

  1. ^ Metcalf, Mitch (2015年12月17日). “UPDATED: SHOWBUZZDAILY's Top 150 Wednesday Cable Originals & Network Update: 12.16.2015”. Showbuzzdaily. 2015年12月17日閲覧。
  2. ^ a b Metcalf, Mitch (2016年1月26日). “UPDATED: SHOWBUZZDAILY's Top 150 Monday Cable Originals & Network Update: 1.25.2016”. Showbuzzdaily. 2016年1月26日閲覧。
  3. ^ Metcalf, Mitch (2016年2月2日). “UPDATED: SHOWBUZZDAILY's Top 150 Monday Cable Originals & Network Finals: 2.1.2016”. Showbuzzdaily. 2016年2月2日閲覧。
  4. ^ Metcalf, Mitch (2016年2月8日). “UPDATED: SHOWBUZZDAILY's Top 150 Monday Cable Originals & Network Finals: 2.8.2016”. Showbuzzdaily. 2016年2月8日閲覧。
  5. ^ Metcalf, Mitch (2016年2月17日). “SHOWBUZZDAILY's Top 150 Monday Cable Originals & Network Finals: 2.15.2016”. Showbuzzdaily. 2016年2月17日閲覧。
  6. ^ Metcalf, Mitch (2016年2月23日). “UPDATED: SHOWBUZZDAILY's Top 150 Monday Cable Originals & Network Finals: 2.22.2016”. Showbuzzdaily. 2016年2月23日閲覧。
  7. ^ Metcalf, Mitch (2016年3月1日). “UPDATED: SHOWBUZZDAILY's Top 150 Monday Cable Originals & Network Finals: 2.29.2016”. Showbuzzdaily. 2016年3月1日閲覧。
  8. ^ Metcalf, Mitch (2016年3月8日). “UPDATED: SHOWBUZZDAILY's Top 150 Monday Cable Originals & Network Finals: 3.7.2016”. Showbuzzdaily. 2016年3月8日閲覧。
  9. ^ Metcalf, Mitch (2016年3月14日). “UPDATED: SHOWBUZZDAILY's Top 150 Monday Cable Originals & Network Finals: 3.14.2016”. Showbuzzdaily. 2016年3月14日閲覧。
  10. ^ Metcalf, Mitch (2016年3月22日). “UPDATED: SHOWBUZZDAILY's Top 150 Monday Cable Originals & Network Finals: 3.21.2016”. Showbuzzdaily. 2016年3月22日閲覧。
  11. ^ Metcalf, Mitch (2016年3月29日). “UPDATED: SHOWBUZZDAILY's Top 150 Monday Cable Originals & Network Finals: 3.28.2016”. ShowBuzzDaily. 2016年3月29日閲覧。
  12. ^ Metcalf, Mitch (2016年4月5日). “UPDATED: SHOWBUZZDAILY's Top 150 Monday Cable Originals & Network Finals: 4.4.2016”. ShowBuzzDaily. 2016年4月5日閲覧。
  13. ^ Metcalf, Mitch (2016年4月12日). “UPDATED: SHOWBUZZDAILY's Top 150 Monday Cable Originals & Network Finals: 4.11.2016”. ShowBuzzDaily. 2016年4月12日閲覧。