マジュリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

マジュリスアラビア語: مجلسMajlis)とは、「座る場所」を意味するアラビア語で、文脈として「議会」や、特定の目的を持った者たちの「集会」、「社交界」を意味する。イスラム教成立以前から、一般に集会の意味で用いられたらしく、クルアーンの中にも複数形のマジャーリスmajālis مجالس)が一度だけ登場する[1]ペルシア語マジュレスMajles مجلس)やテュルク諸語メジュリスなどの語源である。

議会としてのマジュリスの例[編集]

イスラム世界ではアラビア語は共通語であり、マジュリスは議会の意味を持つ。

社交界[編集]

国ごとに形式が異なるが、政府の高官や社長が邸内の一角で開催する。各分野のエリートなどが集まるため、転職や起業などの情報収集や人脈作りに活用されている。日本人でも、しっかりした紹介者がいれば参加できる[2]

出典[編集]

  1. ^ マジュリスコトバンク
  2. ^ 佐々木良昭『面と向かっては聞きにくいイスラム教徒への99の大疑問』(プレジデント社2015年) ISBN 978-4833421249

関連項目[編集]

  • マドラサ
  • クリミア・タタール民族会議(メジュリス)