マスカレード (レオン・ラッセルの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マスカレード
ジョージ・ベンソンシングル
初出アルバム『ブリージン
B面 "Lady"
リリース
規格 7"
ジャンル R&B/ジャズ
時間
レーベル ワーナー・ブラザース・レコード
作詞・作曲 レオン・ラッセル
プロデュース トミー・リピューマ
ジョージ・ベンソン シングル 年表
マスカレード
(This Masquerade)
(1976)
ブリージン
(Breezin')
(1976)
テンプレートを表示

マスカレード」(原題: This Masquerade) は、レオン・ラッセルが書いた楽曲。1972年、ラッセル自身の演奏でシングルB面曲、アルバム収録曲として発表されたが、後に1976年ジョージ・ベンソンがカバーしたバージョンが大ヒットし、グラミー賞を獲得した。その他にも数多くのカバーがある。

レオン・ラッセルによるオリジナル[編集]

この曲は、ラッセルの1972年シングルタイト・ロープ」のB面に収められ、アルバム『カーニー (Carney)』にも収録されていた。

1972年に発表されたレオン・ラッセルの日本盤シングル「タイト・ロープ」は、アメリカ合衆国盤と同じように「マスカレード」をB面に収めていたが、当初は曲名が「マスカラード」と表記されていた(シェルターレコード SFL-1754)。後にジョージ・ベンソンがヒットした1977年には、「マスカレード」をA面にして、B面に「ソング・フォー・ユー」を収めた日本盤シングルも発売された(シェルターレコード FD-2038)。

なお、ラッセルの遺作となったアルバム『ラスト・レコーディング〜彼方の岸辺で』(2017年発売)には、新アレンジによる「マスカレード」のセルフ・カバーが収録されている[1]

ジョージ・ベンソンによるカバー[編集]

1976年ジャズギタリストボーカリストでもあるジョージ・ベンソンが、代表作となったアルバム『ブリージン (Breezin')』に収録した「マスカレード」は、ポップR&Bのチャートでトップ10入りするヒット曲となった。この曲は、ベンソンにとって初めてリリースしたシングルであった。この曲がアメリカ合衆国のチャートに登場したのは、ベンソンのバージョンだけである。このバージョンは、『ビルボード』誌のBillboard Hot 100 で10位、Hot Soul Singles で3位に達した。『キャッシュボックス』誌のトップ100では、12位まで上昇した[2]。「マスカレード」が最も成功したのはカナダにおいてであり、RPMのポップ・シングル・チャートとアダルト・コンテンポラリー・チャートで8位に達した[3][4]

1977年第19回グラミー賞英語版において、ベンソンのバージョンは最優秀レコード賞を受賞し、最優秀楽曲賞最優秀男性ポップ・ヴォーカル・パフォーマンス賞英語版にもノミネートされた。

その他のカバー・バージョン[編集]

このほか、ヘイグッド・ハーディウィリー・ネルソンセルジオ・メンデスとブラジル'77、ノー・マーシー英語版ロバート・グーレボブ・バーグ英語版ケニー・ロジャースなども、この曲を演奏している。

大衆文化の中で[編集]

レオン・ラッセルのバージョンは、映画『エクソシスト』の監督として知られるウィリアム・フリードキンの心理スリラー映画『BUG/バグ』のサウンドトラックに使用されている。サウンドトラック・アルバム『Bug』は、2007年5月22日にリリースされた。また、この曲は映画『幸せのちから』でも使用されている。

脚注[編集]