マスコギー (装甲艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マスコギー / ジャクソン
CSS Muscogee.jpg
チャタフーキー川上の、進水直後のCSS マスコギー
基本情報
運用者  アメリカ連合国海軍
艦種 装甲衝角艦
艦歴
進水 1864年12月22日
要目
排水量 2000トン
長さ 223.5 ft (68.1 m)
56.5 ft (17.2 m)
吃水 8 ft (2.4 m)
兵装 7インチブルック施条砲 x 4、6.4インチ ブルック施条砲 x 2、12ポンド艦載榴弾砲 x 2
装甲 鉄板4インチ、ホワイトオーク20インチ以上
テンプレートを表示
CSS Muscogee and Chattahoochee
NRHP登録番号 70000212[1]
NRHP指定日 May 13, 1970

CSS マスコギー (CSS Muscogee)は南北戦争中のアメリカ連合国海軍(南部海軍)の装甲衝角艦であるが、進水前にCSS ジャクソンに名前が変更され、南軍側の記録も全て「装甲艦ジャクソン」となっている。マスコギーの名前はジョージア州に由来する。

艦歴[編集]

マスコギー/ジャクソンは、チャタフーキー川(Chattahoochee River)沿いのジョージア州マスコギー郡コロンバスで1862年に建造が開始された。進水・就役は1864年12月であった.[2]。コロンバス海軍工廠がマスコギー/ジャクソンの機械類を供給したが、いくつかの問題があったため、北軍の封鎖艦隊に対する作戦には参加できなかった[3]

1865年4月初旬、依然として艤装は完了していなかったが、4月16日、未完のマスコギー/ジャクソンは、コロンバスの戦い(Battle of Columbus)の際に北軍騎兵隊によるウィルソンの襲撃によって、焼かれて沈没した。艦の残骸は1960年代にベニング要塞(Fort Benning)近くの川底から引き揚げられ、現在はコロンバスの国立南北戦争海軍博物館(National Civil War Naval Museum)に展示されている。

脚注[編集]

  1. ^ NPS Focus”. National Register of Historic Places. National Park Service. 2012年1月2日閲覧。
  2. ^ Sullivan, 2010, p.93
  3. ^ Inscoe, 2011, p.61

参考資料[編集]

  • Inscoe, John C. (2011). The Civil War in Georgia: A New Georgia Encyclopedia Companion.
    University of Georgia Press. pp. 305. ISBN 9780820341385.
     , Book
  • Silverstone, Paul H. (2006). Civil War Navies 1855–1883. The U.S. Navy Warship Series. New York: Routledge. ISBN 0-415-97870-X. 
  • Still, William N., Jr. (1985). Iron Afloat: The Story of the Confederate Armorclads (Reprint of the 1971 ed.). Columbia, South Carolina: University of South Carolina Press. ISBN 0-87249-454-3. 
  • Sullivan, Buddy (2010). Georgia: A State History.
    Arcadia Publishing. pp. 208. ISBN 9780738585895.
     , Book