マスコミ四媒体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

マスコミ四媒体(マスコミよんばいたい)は、広告媒体のうちのマスコミュニケーションの主要な4つのメディア(媒体)の総称。4つとは、新聞雑誌ラジオテレビ[1]である。広告研究や広告業の世界で用いられることが多い概念。主要四媒体四大メディアとも呼ばれる。このうち、新聞・雑誌を印刷媒体、ラジオ・テレビを電波媒体として、両者を区別することもある。

なお、フリーペーパー類やインターネットラジオはマスコミ四媒体には含めないのが一般的である。

マスコミ四媒体は、テレビの普及から長きにわたって、他の媒体(屋外広告、ダイレクトメールなど)とは桁違いに規模の大きい、主要な広告媒体として機能してきた。 しかし近年では、これらの従来的なメディアの退潮と、新しいメディアであるインターネットの台頭に伴い、広告におけるマスコミ四媒体の圧倒的な優位性にはかげりが見え始めている。電通2009年2月23日に発表した「2008年(平成20年)日本の広告費」では、日本の総広告費に占めるマスコミ四媒体の割合は49.3%に落ち、初めて50%を切った。さらに2019年の統計[2]では37.6%と4割を割り込んでいる。また、マスコミ四媒体の広告の信頼性が問われる事態も起きている[要出典]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 電通による統計では、衛星メディアは2013年までは四媒体とは別枠、2014年よりテレビの内数として集計されている。
  2. ^ 2019年 日本の広告費”. 電通. 2020年11月15日閲覧。