マスジット・ジャメ駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マスジット・ジャメ駅
東側駅舎
東側駅舎
Masjid Jamek
所在地 マレーシアの旗クアラ・ルンプールプサッ・バンダラヤ50050トゥン・ペラク通り英語版
所属事業者 ラピドKL
駅構造 高架駅(アンパン線、スリ・プタリン線)
地下駅(クラナ・ジャヤ線)
ホーム 2面2線(アンパン線、スリ・プタリン線)
1面2線(クラナ・ジャヤ線)
開業年月日 1996年12月16日
乗入路線 2 路線
所属路線 3 アンパン線
4 スリ・プタリン線
駅番号 AG7(アンパン線)
SP7(スリ・プタリン線)
キロ程 ?km(スントゥル・ティモール起点)
AG6 SP6 バンダラヤ (?km)
所属路線 5 クラナ・ジャヤ線
駅番号 KJ13
キロ程 ?km(ゴンバッ起点)
KJ12 ダン・ワギ (?km)
(?km) パサール・スニ KJ14
テンプレートを表示

マスジット・ジャメ駅マレー語:Stesen Masjid Jamek)はマレーシアクアラルンプールにある、ラピドKL

乗り入れ路線[編集]

アンパン線、スリ・プタリン線、クラナ・ジャヤ線の3路線が乗り入れる乗換駅である。当駅を含むスントゥル・ティモール駅 - チャン・ソウ・リン駅の区間は、アンパン線とスリ・プタリン線が線路を共有している。

ラピドKLは全駅に駅番号を導入している。当駅の駅番号はアンパン線は「AG7」、スリ・プタリン線は「SP7」、クラナ・ジャヤ線は「KJ13」。

歴史[編集]

駅構造[編集]

アンパン線、スリ・プタリン線ホーム
アンパン線、スリ・プタリン線ホーム
クラナ・ジャヤ線ホーム
クラナ・ジャヤ線ホーム

アンパン線とスリ・プタリン線はトゥン・ペラク通り英語版上にある、相対式ホーム2面2線をもつ高架駅である。

クラナ・ジャヤ線は島式ホーム1面2線をもつ地下駅である。保安用にホームドアを有する。

駅舎はトゥン・ペラク通りを挟んで2箇所、アンパン線とスリ・プタリン線のホーム別に設けられている。クラナ・ジャヤ線コンコース・ホームは東側(アンパン線、スリ・プタリン線2番線側)の駅舎と繋がっている。改札口は両駅舎とも地上にある。

のりば[編集]

高架ホーム (L1F)
1 3 アンパン線、4 スリ・プタリン線 ティティワンサ・スントゥル・ティモール方面
2 3 アンパン線 マルリ・アンパン方面
4 スリ・プタリン線 バンダル・タシッ・スラタン・プトラ・ヘイツ方面
地下ホーム (B2F)
1 5 クラナ・ジャヤ線 KLCCジュラテック・ゴンバッ方面
2 KLセントラルスバン・ジャヤ・プトラ・ヘイツ方面

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

番号 始発地 終着地 経由 接続
100 メダン・パサール・バスハブ英語版 クアラ・セランゴール スンガイ・ブロー英語版
MRT/KTMスンガイ・ブロー駅
ケポン
ケポン-クアラ・セランゴール高速道路英語版 Jkr-ft54.png
イポー通り英語版
トゥアンク・アブドゥル・ラフマン通り英語版
LRTスルタン・イスマイル駅
103 メダン・パサール・バスハブ ダマンサラ・ダマイマレー語版 ケポン
ジンジャン英語版
ケポン-クアラ・セランゴール高速道路 Jkr-ft54.png
イポー通り
トゥアンク・アブドゥル・ラフマン通り
LRTスルタン・イスマイル駅
190 メダン・パサール・バスハブ
リンホ百貨店
モント・キアラ / スガンブ・ダラム スガンブ通り英語版
KTMスガンブ駅
イポー通り
トゥアンク・アブドゥル・ラフマン通り
LRTスルタン・イスマイル駅

隣の駅[編集]

ラピドKL
3 アンパン線、4 スリ・プタリン線
バンダラヤ駅 (AG6・SP6) - マスジット・ジャメ駅 (AG7・SP7) - プラザ・ラッヤット駅 (AG8・SP8)
5 クラナ・ジャヤ線
ダン・ワギ駅 (KJ12) - マスジット・ジャメ駅 (KJ13) - パサール・スニ駅 (KJ14)

注釈[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

Template:ラピドKLスリ・プタリン線