マスード・ショジャエイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マスード・ショジャエイ Football pictogram.svg
Masoud Shojaei - 2018 FIFA World Cup.jpg
イラン代表でのショジャエイ(2018年)
名前
本名 マスウード・ショジャーイー・ソレイマーニー
Masoud Soleimani Shojaei
ラテン文字 Masoud Shojaei
ペルシア語 مسعود شجاعی سليمانی
基本情報
国籍 イランの旗 イラン
生年月日 (1984-06-09) 1984年6月9日(34歳)
出身地 ファールス州シーラーズ
身長 183cm
体重 74kg
選手情報
在籍チーム イランの旗 トラークトゥール
ポジション MF / FW (OH / WG)
背番号 24
利き足 右足
ユース
1999-2000 イランの旗 サナト・ナフト
2000-2002 イランの旗 サイパ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2002-2003 イランの旗 サナト・ナフト 12 (1)
2003-2006 イランの旗 サイパ 60 (5)
2006-2008 アラブ首長国連邦の旗 アル・シャールジャ 40 (12)
2008-2013 スペインの旗 オサスナ 101 (8)
2013-2014 スペインの旗 ラス・パルマス 29 (5)
2014-2015 カタールの旗 アル・シャハーニーヤ 24 (5)
2015-2016 カタールの旗 アル・ガラファ 25 (4)
2016-2018 ギリシャの旗 パニオニオス 41 (7)
2018 ギリシャの旗 AEKアテネFC 12 (0)
2018- イランの旗 トラークトゥール
代表歴2
2005 イランの旗 イラン B 6 (0)
2004- イランの旗 イラン 70 (8)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年1月28日現在。
2. 2017年6月12日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

マスード・ショジャエイ・ソレイマニペルシア語: مسعود شجاعی سليمانی‎, ラテン語: Masoud Shojaei Soleimani, 1984年6月9日 - )は、イランシーラーズ出身の同国代表サッカー選手。ポジションはMFペルシアン・ガルフ・プロリーグトラークトゥール所属。ポジションは、サイドハーフでトップ下やウイングもこなす。

経歴[編集]

クラブ[編集]

シーラーズに生まれたショジャエイは、19歳の頃に地元のサナト・ナフト・アーバーダーンFCでプロキャリアを始め、翌シーズンにサイパFCへ移籍した。20歳の頃にチームを去ることに疑問を感じていたが、従兄弟のサミに"世界的な名声を得るなら戦い続けろ"と言われたことで考えを改めた。

サイパで3シーズン過ごし2006 FIFAワールドカップ後、同胞のラスール・ハティービー英語版と共にUAEリーグアル・シャールジャSCCに1年契約120万ドルで加入。10月3日のエミレーツ・クラブ戦でリーグ初得点を決めた。

2008年6月23日、以前からドイツVfLヴォルフスブルクイタリアSSCナポリから関心を寄せられていたが、同胞のジャバド・ネクナムと共に自由移籍でスペインCAオサスナへ3年契約で加入。この取引には、最初の1年半は600万ユーロ, 以降は350万ユーロに減額とするバイアウト条項が含まれていた[1]

2008年8月31日、ホームで1-1と引き分けたビジャレアルCF戦でリーガデビューを果たし、32分プレーした。加入してから2シーズンは主に途中出場の役割が多かったが、ホセ・アンヘル・シガンダからホセ・アントニオ・カマーチョに監督が交代すると先発の座を掴んだ。

2010-11シーズンは、再びレギュラーとしてプレーしていたが、AFCアジアカップ2011に参加するため約1ヶ月間離脱することになった。5月下旬にクラブと年次更新のオプション付きで2シーズン契約延長した[2]

負傷により、2011-12シーズン全試合を欠場した[3]

代表[編集]

サイパFCでの素晴らしいパフォーマスからU-23代表に招集され、さらにA代表ブランコ・イバンコビッチ監督の目を引いた。

2004年11月、2006 FIFAワールドカップ・アジア予選ラオス戦でA代表に初招集されデビューした。出場はこの1試合のみだったが、2006 FIFAワールドカップに向けたスイスでのトレーニングキャンプのメンバーに選ばれ、本大会のメンバー入りを果たした。しかし、1-1と引き分けたアンゴラ戦でモハマド・ノスラティ英語版に代わり出場したのみだった。

2010 FIFAワールドカップ・アジア予選は定期的にプレーし、サウジアラビア戦と最終節の韓国戦で得点を挙げた。2009年6月の韓国戦で改革派支持を示す緑色のリストバンドをつけて試合に出場したことで主力4人が無期出場停止処分を受ける出来事があった。アリ・カリミメフディ・マハダヴィキア等が処分を受けたが、ショジャエイとジャバド・ネクナムは後半からリストバンドを外したため処分を免れた[4]

プライベート[編集]

6人の兄弟がおり、うち2人がサッカーに携わっている。

所属クラブ[編集]

タイトル[編集]

A.E.K

脚注[編集]