マセラティ・4CLT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
マセラティ・4CLT
レグ・パーネルのマセラティ・4CLT/48
レグ・パーネルのマセラティ・4CLT/48
カテゴリー ヴォワチュレット英語版 / F1
コンストラクター マセラティ
デザイナー エルネスト・マセラティ
アルベルト・マッシミノ
ヴィットリオ・ベレターニ
アリアルド・ルジエーリ
先代 マセラティ・4CL
主要諸元
シャシー Light alloy tubular ladder
サスペンション(前) 独立懸架, トーションスプリング, ハイドロリックダンパー
サスペンション(後) 車軸懸架, リーフスプリング, ハイドロリックダンパー
トレッド 前:1,250 mm (49.2 in)
後:1,200 mm (47.2 in)
ホイールベース 2,500 mm (98.4 in)
エンジン マセラティ 1491 cc 直列4気筒, 二段式スーパーチャージャー, フロントエンジン
トランスミッション マセラティ 4速 MT
タイヤ ピレリ / エルネスト / ダンロップ
主要成績
チーム オフィシーネ・アルフィエリ・マセラティ
スクーデリア・プラーテ
スクーデリア・アンブロシアナ
スクーデリア・アキッレ・バルツィ
オートモビリ・クラブ・アルゼンティーノ
スクーデリア・ミラノ
ドライバー イタリアの旗 ルイジ・ヴィッロレージ
イギリスの旗 レグ・パーネル
スイスの旗 エマヌエル・ド・グラッフェンリード
アルゼンチンの旗 ファン・マヌエル・ファンジオ
モナコの旗 ルイ・シロン
タイ王国の旗 B・ビラ
アメリカ合衆国の旗 ハリー・シェル
イタリアの旗 ジュゼッペ・ファリーナ
初戦 1948年サンレモグランプリ
優勝
18 (戦後のグランプリ)
0 (F1世界選手権)
5 (F1ノンタイトル戦)
テンプレートを表示

マセラティ・4CLT (Maserati 4CLT) は、マセラティによって開発されたシングルシーターのレーシングカー。前作の4CLに2段式のスーパーチャージャーとチューブ形状のシャシーを導入して1948年に製作された。4CLTは続く2年間で着実にアップグレードされ、F1世界選手権初年度に投入される究極型の4CLT/50に発展した。第二次世界大戦直後およびF1世界選手権が始まってからの2年間に行われたレースで多くのプライベーターが4CLTを選択した。

実験モデルの4CLに加えられたシャシーとエンジンの変更は、最終的に4CLTで採用された。モデル名に付け加えられた「T」は「tubular chassis」(管状構造シャシー)を意味した。管状構造がもたらすねじれ剛性の改善は、旧型直列4気筒エンジンのツイン過給機によるアップグレードに起因するトルクおよびパワーの増加に対抗するために必要とされた。パワーは4CLの220から260 bhp (194 kW)程度まで増加した。その他には、クランクシャフトにローラーベアリングを使用、鍛造のリアサスペンションコンポーネントが含まれ、シャシーには油圧ダンパーが採用された。

4CLT/48 Sanremo[編集]

4CLTの最初のバリエーションは、1948年サンレモグランプリでデビューしたことから「サンレモ」のニックネームで呼ばれた。アルベルト・アスカリが4CLTで勝利したことで、そのニックネームは確立した。ルイジ・ヴィッロレージとレグ・パーネルが1948シーズンの残りのレースのうち5勝を獲得した。F1世界選手権の初年度となった1950年ルイ・シロンはホーム戦となった1950年モナコグランプリで3位となり、サンレモはマセラティにとって最高の成績を獲得した。世界選手権を戦った最後の4CLのバリエーションはアルザーニ・ヴォルピーニが改良した4CLT/48で、1955年イタリアグランプリの予選を走行したが、決勝には出場しなかった。

1949[編集]


この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

1949年にはブレーキドラムの軽微な変更、ベーンから冷却スリットへの切り替え、コックピットの計器板レイアウトとオイルヘッダータンクの変更などが行われ、これに伴い4CLT/49と呼ばれることもあった。それはファクトリーチームでは知られていなかった。アスカリ、ヴィッロレージ、パーネルのトリオにファン・マヌエル・ファンジオエマヌエル・ド・グラッフェンリードが加わり、彼らは最初の15戦の内9勝を挙げた。その中にはグラッフェンリードによるイギリスグランプリでの勝利も含まれた。しかしながら、シーズン後半にはフェラーリタルボの新車が急速に台頭し、マセラティは追加の3勝しか挙げることができなかった。

1950-1951[編集]

1950年にはF1世界選手権が始まった。改良されたアルファロメオ・158と既に競争力を持つフェラーリとタルボに対応して、マセラティは4CLTのエンジンを再びアップグレードした。マルチパートクランクシャフト、軽量化とバランスを改良したロッド、より強力なスーパーチャージャーと点火タイミングの変更により、エンジン出力は280 bhp (209 kW).[1]に達した。10 kg (22 lb)の軽量化と相まって、マセラティの性能はアルファロメオと互角になった。短期間で多くの改良が行われたが、最終的なアップグレードは10年前に設計されたエンジンにとってあまりにも多く、4CLTのグランプリにおけるパフォーマンスはエンジンの不調によって妨げられた。シーズン唯一の勝利はノンタイトル戦のポーグランプリで、ファンジオの手による物であった。同日にパーネリもグッドウッド・サーキットで行われたリッチモンド・トロフィーで勝利している。その後デヴィッド・ハンプシャーもノッティンガム・トロフィーを獲得した。ファンジオはまた、アングレームで行われたF2のランパートグランプリでA6GCMのエンジンを搭載した4CLTで勝利している。スクーデリア・ミラノは改良型の4CLTを1950年および1951年に使用したが、成功しなかった。

1951年にはプリンス・ビラが49年型の4CLTのエンジンをより強力な4,450 cc (271.6 cu in)のオスカV型12気筒自然吸気エンジンに換装した。このエンジンは300 bhp (224 kW).[2]を発揮し、ビラはシーズン前半にグッドウッドで勝利したが、世界選手権ではスペイングランプリに出走しただけで、1周目でリタイアしている。

4CLT/50[編集]

1949年後半には、残りのサンレモ(資料によって2台、3台と異なる)がテンポラダ・シリーズ(ブエノスアイレスで1949年から50年まで夏に行われたフォーミュラ・リブレのシリーズ)用に改修された。このモデルは4CLT/50と呼ばれた。1950年のF1用車両もしばしば4CLT/50と呼ばれるが、ファクトリーではテンポラダ用車両のみがその様に呼ばれている。この改修は主に排気量を1,719 cc (104.9 cu in).[1]に拡大することに限定されていた。これらの改良にも関わらずシリーズはフェラーリが支配し、最終戦の後マシンはイタリアに送られ、F1仕様に再改修された。

プラーテ・4CLT[編集]

マセラティ車を長年使用していたエンリコ・プラーテは、マセラティのF1カーとしての欠点を認識し、4CLT/48をF2用マシンのマセラティ・プラーテ・4CLTに改修した。F2は自然吸気車のため、最初のステップは過給機を取り外すことであった。その後、パフォーマンスの損失を補うために圧縮比は2倍以上になり、排気量はクラス上限の2.0 L (122.05 cu in)まで引き上げられた。改良型エンジンの出力は低かったため車体を軽量化し、ホイールベースを短縮してハンドリングをシャープにした。

最後の勝利[編集]

1951年にド・グラッフェンリードがリッチモンド・トロフィーを獲得し、ジュゼッペ・ファリーナはパリグランプリで勝利したが、1952年からF1世界選手権はF2レギュレーションで開催されることとなり、古い4CLTのシャシーは重量過多で、ライバル達と戦うには出力も低すぎることが判明した。4CLと4CLTは1930年代後半からレース界での主力であったにも関わらず、戦争の影響から回復しつつあったヨーロッパのファクトリー勢から小型で軽量のマシン達が登場し始め、その人気を急速に失っていった。

現在も多くの4CLと4CLTが現存し、クラシックカーのイベントに出場したり、博物館で展示されたりしている。

参照[編集]

脚註[編集]

  1. ^ a b Parker (2011), p. 19
  2. ^ Parker (2011), p. 30

出典[編集]


マセラティ S.p.A. ロードカータイムライン 1940-
タイプ 1940年代 1950年代 1960年代 1970年代 1980年代 1990年代 2000年代 2010年代
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5
エントリー ビトゥルボシリーズ ギブリIII
4ドアグランツーリスモ ロイヤル
クアトロポルテ I II III IV V VI
グランツーリスモ A6 3500GT セブリング 228 ギブリII
ミストラル カリフ グラントゥーリズモ
5000GT ギブリ カムシン シャマル 3200GT クーペ
2+2 メキシコ キャラミ
インディ
ミッドシップ メラク
ボーラ
オーナー オルシ・ファミリー シトロエン P デ・トマソ フィアット フェラーリ フィアット
レーシングカー: 26M ・ 8C ・ V8RI ・ 6CM ・ 4CL/4CLT ・ 150S ・ ティーポ63 ・ ティーポ65 ・ 250F ・ 200S ・ 300S ・ 350S ・ 450S ・ ティーポ61(バードケージ) ・ ティーポ151 ・ ティーポ154 ・ MC12 GT1 ・ トロフェオ
ホモロゲーションモデル: バルケッタMC12
コンセプトカー: マセラティ・ブーメランバードケージ 75th
公式WEBサイト: MASERATI