マタタビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

マタタビ
Actinidia polygama.JPG
両性花(2008年7月 福島県会津地方)
蔓を持ち上げて撮影、葉は裏側
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: ツバキ目 Theales
: マタタビ科 Actinidiaceae
: マタタビ属 Actinidia
: マタタビ A. polygama
学名
Actinidia polygama
(Sieb. et Zucc.) Planch. ex Maxim.
和名
マタタビ
英名
silvervine

マタタビ木天蓼[注 1]Actinidia polygama )は、マタタビ科マタタビ属落葉蔓性木本である[1]。山地に自生する。別名夏梅ともいう。

名称[編集]

和名のマタタビの由来については、古くは『本草和名』(918年)に「和多々比」(わたたひ)、『延喜式』(927年)に「和太太備」(わたたび)の名で見える[2]

貝原益軒『日本釈名』(1699年)では、果実に長いものと平らなものができることから、「マタツミ」の義であろうという[3]

アイヌ語の「マタタムブ」からきたというのが、現在最も有力な説のようである。『牧野新日本植物図鑑』(北隆館 1985。331ページ)によるとアイヌ語で、「マタ」は「冬」、「タムブ」は「」の意味で、虫えいを意味するとされる。一方で、『植物和名の研究』(深津正、八坂書房)や『分類アイヌ語辞典』(知里真志保、平凡社)によると「タムブ」は苞(つと、手土産)の意味であるとする[4]

一説に、「疲れた旅人がマタタビの実を食べたところ、再び旅を続けることが出来るようになった」ことから「復(また)旅」と名づけられたというが、マタタビがとりわけ旅人に好まれたという周知の事実があるでもなく、また「副詞+名詞」といった命名法は一般に例がない。むしろ「またたび」という字面から「復旅」を連想するのは容易であることから、典型的な民間語源あるいは単なる流言飛語の域を出るものではない。

中国植物名(漢名)は、木天蓼(もくてんりょう)と称される[5]

分布と生育環境[編集]

日本では、北海道本州四国九州[6]アジアでは千島列島朝鮮半島に分布し、山地縁に自生する。

特徴[編集]

落葉低木[6]になり、若いうちは茶褐色で成長と共に黒っぽい紫がかった茶色になる。蔓を切ってみると、白い随が詰まっている[6]状の互生[6]、長い葉柄があり、葉身は2 - 7センチメートル (cm) 、形は卵形から楕円形で細かい鋸歯がある。花期になると、葉は白くなる[6]果実ができる雌株と、果実ができない雄株がある[6]

6月から7月に径2 cmほどの白いを、下向きに咲かせる[6]。雄株には雄蕊だけを持つ雄花を、両性株には雄蕊雌蕊を持った両性花をつける。花弁のない雌蕊だけの雌花をつける雌株もある。果実は、2 - 2.5 cm の細長い楕円形で先は尖り、晩秋に黄緑色になり軟らかに熟す[6]。しばしば、虫こぶの実(虫癭果)がマタタビミバエ、もしくはマタタビノアブラムシ(マタタビアブラムシ)の産卵により形成され[5][1]、偏円形で凸凹しており[6]、正常な実が熟す前に落ちる。

効果に個体差はあるものの、ネコ科の動物は揮発性のマタタビラクトンと総称される臭気物質イリドミルメシンアクチニジン、プレゴンなど[7]恍惚を感じることで知られており、イエネコがマタタビに強い反応を示すさまから「猫に木天蓼」ということわざが生まれた。ライオントラなどネコ科の大型動物もイエネコ同様マタタビの臭気に特有の反応を示す。なおマタタビ以外にも、同様にネコ科の動物に恍惚感を与える植物としてイヌハッカがある。

利用等[編集]

栽培は果実のつく雌株を選んで行う。両性花がある株に目印をつけ、発芽前に挿し木をする[6]。猫が好む植物であるため、猫よけの金網囲いが必要になる[6]

食用[編集]

虫えいになっていない正常な果実は、熟すとそのまま食べられるが、舌に刺激が残り、美味なものではない。生食のほか、塩漬け[5]、みそ漬け、薬用(マタタビ酒)などにして利用される。なお、キウイフルーツもマタタビ科であり、果実を切ってみると同じような種の配列をしていることがわかる。

葉は、おひたしにして食べる事がある[8]が、アレルギーを生じる事がある[8]

生薬[編集]

果実にマタタビミタマバエまたはマタタビアブラムシが寄生して虫こぶ(虫えい)になったものは、木天蓼(もくてんりょう)または木天蓼子(もくてんりょうし)という生薬である[5][6]。正常な果実は、虫えいに比べてすこぶる薬効が劣るといわれている[5]。7月中旬から10月ごろに、果実、虫こぶを採取して、一度熱湯に約5分ほど浸したあと、天日乾燥させて調製される[5][6]鎮痛、保温(冷え性)、強壮、神経痛リウマチ腰痛などに効果があるとされる[6][9]民間療法では、木天蓼の粉末を1回量1 - 2グラムを1日3回服用するか[6]、煎じて服用するときは、1日3 - 5グラムを400 ccの水に入れて煎じて、3回に分けて服用する[5]。また、乾燥させた普通の果実5グラムを、橙皮と同量で煎じて、1日3回服用する用法が知られている[6]。また、果実酒として用いられる[6]。マタタビの虫えい200グラムに対して35度のホワイトリカー1.8リットルに漬け込み、1か月以上冷暗所に置いたあと、1日に盃1杯飲用する[5]。マタタビの茎は、布袋に入れて浴湯料として用いられる[6]。保温効果から患部が冷えたり、身体を冷やすと悪化する腰痛などによいと言われているが、暑がりの人や身体がほてる人、患部が熱い人への服用は禁忌とされている[5]

また、猫の病気にもよいともいわれており[6]、マタタビを猫に与えてしゃぶらせると、酔ったようになるが元気になる[5]

参考画像[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 「もくてんりょう」とも読む

出典[編集]

  1. ^ a b 荒瀬輝夫、熊谷真由子、内田泰三、マタタビ(Actinidia polygama)の虫えい果の採集時期について 信州大学農学部AFC報告 11(1-2): 11-16(2013), hdl:10091/17025
  2. ^ 小学館日本大百科全書ジャパンナレッジ版、「マタタビ」文化史(湯浅浩史)。2013-08-24閲覧。
  3. ^ 小学館『日本国語大辞典 第二版』ジャパンナレッジ版、「またたび」語源説。2013-08-24閲覧。
  4. ^ 和泉晃一「マタタビの語源」
  5. ^ a b c d e f g h i j 貝津好孝 1995, p. 172.
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 馬場篤 1996, p. 105.
  7. ^ 大江智子, 大畑素子, 有原圭三、「ネコが反応を示すマタタビ中の揮発性成分の検索」 『ペット栄養学会誌』 Vol.16 (2013) No.Suppl p.Suppl_52-Suppl_53, doi:10.11266/jpan.16.Suppl_52, 日本ペット栄養学会
  8. ^ a b 石川博康、島貫美和、門馬節子、「マタタビアレルギーの3例」 臨床皮膚科 62巻 10号, 2008/9, doi:10.11477/mf.1412102081
  9. ^ 薬用植物一覧表

参考文献[編集]

  • 貝津好孝『日本の薬草』小学館〈小学館のフィールド・ガイドシリーズ〉、1995年7月20日、172頁。ISBN 4-09-208016-6。
  • 馬場篤『薬草500種-栽培から効用まで』大貫茂(写真)、誠文堂新光社、1996年9月27日、105頁。ISBN 4-416-49618-4。