マダムケロコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

マダムケロコ1952年9月14日生まれ)は、日本のラジオパーソナリティーである。本名、本告節子(もとつぐ せつこ)。

来歴・人物[編集]

北海道札幌市出身、旭川市在住。北海道札幌東高等学校北星学園大学出身[1]

1973年HBCラジオにてジャンボ秀克と「ジャンボとケロコのHBCベスト100 マラソンランキング」でデビュー。当時の芸名は「ケロコ伊藤」。以後10年間HBCラジオでパーソナリティーを務める。その後結婚して現在の芸名に改名し、1983年旭川市に移住[2]。現在はFMりべーるパーソナリティー。2003年にリリースした曲「主人の母でなかったら・・。」は義母の介護経験をテーマにし、大沢悠里のゆうゆうワイドTBSラジオ)で話題となった[3]。「ケロコ」は、カエルに似ているという理由でHBCラジオのディレクターが名付けた[4]。音楽グループLEGENDのファンで、ライブやディナーショーがあるときは札幌まで見に行ったり、自身の番組で何度も曲をかけている。

家族は、夫と東京で働いている娘がいる。身長154cm [5]

出演[編集]

現在[編集]

  • マダムケロコのちょっと長話(FMりべーる 月-水 10:00-12:00 生放送、木-金 10:00-11:00 録音放送。1998年4月-)

過去[編集]

  • ジャンボとケロコのHBCベスト100 マラソンランキング(HBCラジオ 1973年10月-1983年3月のナイターオフ期、2012年3月17日)
  • 山ちゃん美香の朝ドキッ! (HBCラジオ 2012年1月12日)

連載[編集]

  • ケロコの介護日誌(『フィットあさひかわ』2000年3月号-2003年1月号)
  • ケロコのまた、言ってしまった(『フィットあさひかわ』2008年5月号-)

書籍[編集]

  • ケロコの介護日誌(2002年)

CD[編集]

出典[編集]

  1. ^ 本告 節子 ケロコ” (日本語). www.facebook.com. 2019年5月12日閲覧。
  2. ^ 北海道新聞 2012年6月1日
  3. ^ CDジャーナルデータベース
  4. ^ ケロコのまた、言ってしまった!!vol.2
  5. ^ マダムケロコのちょっと長話2012年7月18日

関連項目[編集]