マッキア派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

マッキア派(マッキアは、Macchiaioli)は、19世紀後半、イタリアトスカーナ州で発生した絵画の一派である。「マッキア」(macchia)は、イタリア語で「色斑」を意味する。バルビゾン派からの影響が見られる[1]

主な画家[編集]

  • ジョヴァンニ・ファットーリ(Giovanni Fattori、1825年-1908年)
  • テレマコ・シニョリーニ(Telemaco Signorini、1835年-1901年)
  • セラフィーノ・デ・ティヴォリ(Serafino De Tivoli、1826年-1892年)
  • ヴィンチェンツォ・カビアンカ(Vincenzo Cabianca、1827年-1902年)
  • ヴィト・ダンコーナ(Vito D'Ancona、1825年-1884年)
  • クリスティアーノ・バンティ(Cristiano Banti、1824年-1904年)
  • オドアルド・ボッラーニ(Odoardo Borrani、1833年-1905年)
  • ジュゼッペ・アッバーティ(Giuseppe Abbati、1836年-1868年)
  • シルヴェストロ・レーガ(Silvestro Lega、1826年-1895年)

作品例[編集]

Stradina al sole
ジュゼッペ・アッバーティ 
Bestiame al pascolo
ジョヴァンニ・ファットーリ,1893 
Höstack
ジョヴァンニ・ファットーリ, 1866 
Contadinella Castiglioncello
オドアルド・ボッラーニ 
Telemaco Signorini - Leith
テレマコ・シニョリーニ 
I vinträdgården
シルヴェストロ・レーガ, 1860 

脚注[編集]

関連項目[編集]