マックジョー・アローヨ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はアローヨ第二姓(母方の)はアセベドです。
マックジョー・アローヨ
基本情報
本名 マックジョー・アローヨ・アセベド
階級 スーパーフライ級
身長 163cm
リーチ 165cm
国籍 プエルトリコの旗 プエルトリコ
誕生日 (1985-12-05) 1985年12月5日(32歳)
出身地 セイバ
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 19
勝ち 17
KO勝ち 8
敗け 2
テンプレートを表示
獲得メダル
プエルトリコの旗 プエルトリコ
男子 ボクシング
世界ボクシング選手権
2007 シカゴ バンタム級
中央アメリカ・カリブ海大会
2006 カルタヘナ フライ級

マックジョー・アローヨMcJoe Arroyo Acevedo、男性、1985年12月5日 - )は、プエルトリコプロボクサー。元IBF世界スーパーフライ級王者。双子の兄のマックウィリアムズ・アローヨもプロボクサーで現WBC世界スーパーフライ級シルバー王者。サンプソン・ボクシング所属。

来歴[編集]

アマチュア時代[編集]

2007年、アメリカのシカゴで開催された2007年世界ボクシング選手権大会バンタム級(54kg)で出場し、準決勝で敗退[1]

2008年中華人民共和国北京で開催された北京オリンピックにバンタム級(54kg)で出場し、1回戦で敗退[2]

2009年イタリアミラノで開催された2009年世界ボクシング選手権大会にバンタム級(54kg)で出場し、3回戦で敗退[3]

プロ時代[編集]

2010年2月7日、バヤモンコリセオ・ルーベン・ロドリゲスでジョバンニ・リベラと対戦し、2回25秒TKO勝ちを収めデビュー戦を白星で飾った。

2013年2月2日、バヤモンのコリセオ・ルーベン・ロドリゲスでフェリペ・リバスとWBOラテンアメリカスーパーフライ級王座決定戦を行い、4回2分59秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2013年4月20日、メキシコシティアレナ・シウダ・デ・メヒコでハイロ・エルナンデスとスーパーフライ級契約戦を行い、8回3-0(78-73、77-74、76-75)の判定勝ちを収めた。

2014年6月14日、メキシコのチアパス州トゥストラ・グティエレスアレナ・メトロポリタナ・ホルヘ・クエシー・セラーノで元WBA世界フライ級王者エルナン・マルケスIBF世界スーパーフライ級王者ゾラニ・テテへの挑戦者決定戦を行い、11回47秒TKO勝ちを収め挑戦権獲得に成功した。

2014年12月20日、カロリーナのエル・サン・ファン・リゾート&カジノでマーク・アンソニー・ヘラルドとゾラニ・テテへの挑戦者決定戦を行い、12回3-0(2者が119-107、118-108)の判定勝ちを収め指名挑戦権獲得に成功した。6月2日、テテがアローヨとの対戦交渉決裂を理由に王座を返上した為、IBF世界スーパーフライ級3位のアーサー・ビラヌエバとIBF世界スーパーフライ級王座決定戦を行うよう指令を受けた[4][5]

2015年7月18日、アメリカのテキサス州エルパソドン・ハスキンズ・コンベンション・センターでゾラニ・テテの王座返上に伴いIBF世界スーパーフライ級3位のアーサー・ビラヌエバとIBF世界スーパーフライ級王座決定戦を行い、10回2分5秒、3-0(2者が98-91、97-92)の負傷判定勝ちを収め王座獲得に成功した[6][7]

2015年7月29日、ボクシングマネージャー兼アドバイザーのアル・ヘイモンと契約[8]

2016年4月16日、カヴィテ州バコールのストライク・コロシアムでIBF世界スーパーフライ級3位のヘルウィン・アンカハスと対戦し、指名試合を制しての初防衛を目指す予定だったが、アローヨがアメリカで試合ができないことを理由にアウェーでの試合に不満を示していた。そして公開練習直前になってアローヨが怪我を理由に土壇場でキャンセルした。その後病院で検査した結果左拳を骨折していたことが分かり延期となった[9]

2016年9月3日、タギッグのフラド・ホール・オブ・ザ・フィリピン・マリーン・コープでIBF世界スーパーフライ級3位のヘルウィン・アンカハスと対戦し、8回にダウンを奪われる等有利に進められ、12回0-3(109-118、112-115、110-117)の判定負けを喫しIBF世界スーパーフライ級王座の初防衛に失敗、王座から陥落した[10][11][12]

2017年7月29日、バークレイズ・センターで前WBA世界バンタム級スーパー王者でIBF世界スーパーフライ級13位のルーシー・ウォーレンとIBF世界スーパーフライ級挑戦者決定戦を行い、12回0-3(110-118、111-117が2者)の判定負けを喫しIBF世界スーパーフライ級王座への挑戦権獲得に失敗した[13]

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 14.World Championships - Chicago, USA - October 23 - November 3 2007”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2015年2月5日閲覧。
  2. ^ 29.Olympic Games - Beijing, China - August 9-24 2008”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2015年2月5日閲覧。
  3. ^ 15.World Championships - Milan, Italy - September 1-12 2009”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2015年2月5日閲覧。
  4. ^ McJoe Arroyo to face Arthur Villanueva for vacant IBF super flyweight belt Archived 2015年6月3日, at the Wayback Machine. Fightnews.com(英語) 2015年6月2日
  5. ^ ワンヒンがWBCミニマム級防衛、テテが王座返上[リンク切れ] Boxing News(ボクシングニュース) 2015年6月3日
  6. ^ Arroyo wins IBF superfly belt, Imam KOs Angulo Fightnews.com 2015年7月18日
  7. ^ チャベスJr3-0判定勝ち、S・フライ級はアローヨ戴冠 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年7月19日
  8. ^ Rocky Martinez, McJoe Arroyo Ink With Al Haymon”. Boxing Scene.com (2015年7月29日). 2015年7月30日閲覧。
  9. ^ Arroyo injures left hand; title-defense against Ancajas in jeopardy PhilBoxing.com 2016年4月12日
  10. ^ Ancajas beats Arroyo to seize IBF 115lb title Fightnews.com 2016年9月3日
  11. ^ Pacquiao Promotions’ first world champ Fightnews.com 2016年9月4日
  12. ^ 激戦のS・フライ級、IBFはアンカジャスが新王者に Boxing News(ボクシングニュース)2016年9月4日
  13. ^ Broner-Garcia LIVE Early Results Fightnews.com 2017年7月29日

関連項目[編集]

空位
前タイトル保持者
ゾラニ・テテ
IBF世界スーパーフライ級王者

2015年7月18日 - 2016年9月3日

次王者
ヘルウィン・アンカハス