マックス・キャリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
マックス・キャリー
Max Carey
Bill McKechnie, John H. McCooey, and Max Carey NYWTS.jpg
マックス・キャリー(右)とビル・マケシュニー(1932年)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 インディアナ州テレホート
生年月日 1890年1月11日
没年月日 (1976-05-30) 1976年5月30日(86歳没)
身長
体重
5' 11.5" =約181.6 cm
170 lb =約77.1 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 外野手 (主に中堅手)
初出場 1910年10月3日
最終出場 1929年9月29日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1961年
選出方法 ベテランズ委員会選出

マックス・キャリー(Max Carey)ことマックス・ジョージ・カーナリウス (Max George Carnarius, 1890年1月11日 - 1976年5月30日)は、アメリカ合衆国インディアナ州テレホート出身のプロ野球選手中堅手)。右投げ、スイッチヒッター。ニックネームは"Scoops"(スクープス)。現役20年間で738盗塁を記録し[1]盗塁王を10度獲得した俊足の外野手だった。現役のほとんどでピッツバーグ・パイレーツに所属し、晩年にブルックリン・ロビンズに移籍した後、改称したドジャースで監督も務めた。

経歴[編集]

彼の本名は"Max Carnarius"だが、名前が言い辛いという野球アナウンサーからの要望で、"Carey"に変えたのだという。1910年にマイナーのサウスベンド球団からピッツバーグ・パイレーツに入団。翌年から外野手のレギュラーとなる。1913年には持ち前の足の速さをで61盗塁をマークし自身初の盗塁王、また99得点を挙げて最多得点を記録。パイレーツには1926年シーズン途中まで所属していたが、1913年から1925年の13年間のうち、実に10度の最多盗塁を記録した。彼の盗塁の成功率は高く、1922年シーズンは51個の盗塁をマークし、失敗はわずかに2つだった。また1925年には打撃も好調で、自身最高の打率.343をマーク。初めて出場した1925年のワールドシリーズでも、キャリーは24打数11安打と活躍し、チームはこの年のワールドシリーズを制覇した。

1926年シーズンにパイレーツからウェイバーに登録され、ブルックリン・ロビンズ(現在のロサンゼルス・ドジャース)に移籍。1929年に引退した。通算70本塁打を記録したが、そのうち24本がランニング本塁打英語版、1本がグラウンドルール本塁打(現在のルールでは二塁打)であった[2]

引退後、1932年と1933年にブルックリン・ドジャーズの監督を務めた。その後は全米女子プロ野球リーグに関わり、1945年から1949年までリーグの理事長職をつとめ、監督としてもミルウォーキー・チックスやフォートウェイン・デイジーズを率いた。 1961年、ベテランズ委員会によりアメリカ野球殿堂入り選手に選出された。1976年フロリダ州マイアミで死去。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1910 PIT 2 8 6 2 3 0 1 0 5 2 0 -- 0 -- 2 -- 0 1 -- .500 .625 .833 1.458
1911 129 503 427 77 110 15 10 5 160 43 27 -- 25 -- 44 -- 7 75 -- .258 .337 .375 .712
1912 150 690 587 114 177 23 8 5 231 68 45 -- 37 -- 61 -- 5 79 -- .302 .372 .394 .766
1913 154 692 620 99 172 23 10 5 230 49 61 17 14 -- 55 -- 3 67 -- .277 .339 .371 .710
1914 156 664 593 76 144 25 17 1 206 31 38 -- 10 -- 59 -- 2 56 -- .243 .313 .347 .661
1915 140 628 564 76 143 26 5 3 188 27 36 17 5 -- 57 -- 4 58 -- .254 .326 .333 .660
1916 154 680 599 90 158 23 11 7 224 42 63 19 14 -- 59 -- 7 58 -- .264 .337 .374 .711
1917 155 668 588 82 174 21 12 1 222 51 46 -- 12 -- 58 -- 10 38 -- .296 .369 .378 .746
1918 126 549 468 70 128 14 6 3 163 48 58 -- 15 -- 62 -- 4 25 -- .274 .363 .348 .712
1919 66 275 244 41 75 10 2 0 89 9 18 -- 4 -- 25 -- 2 24 -- .307 .376 .365 .741
1920 130 567 485 74 140 18 4 1 169 35 52 10 20 -- 59 -- 3 31 -- .289 .369 .348 .718
1921 140 626 521 85 161 34 4 7 224 56 37 12 30 -- 70 -- 4 30 -- .309 .395 .430 .825
1922 155 732 629 140 207 28 12 10 289 70 51 2 19 -- 80 -- 4 26 -- .329 .408 .459 .868
1923 153 699 610 120 188 32 19 6 276 63 51 8 9 -- 73 -- 7 28 -- .308 .388 .452 .841
1924 149 683 599 113 178 30 9 8 250 55 49 13 19 -- 58 -- 7 17 -- .297 .366 .417 .783
1925 133 620 542 109 186 39 13 5 266 44 46 11 8 -- 66 -- 4 19 -- .343 .418 .491 .909
1926 86 370 324 46 72 14 5 0 96 28 10 -- 16 -- 30 -- 0 14 -- .222 .288 .296 .584
BRO 27 113 100 18 26 3 1 0 31 7 0 -- 5 -- 8 -- 0 5 -- .260 .315 .310 .625
'26計 113 483 424 64 98 17 6 0 127 35 10 -- 21 -- 38 -- 0 19 -- .231 .294 .300 .594
1927 144 623 538 70 143 30 10 1 196 54 32 -- 20 -- 64 -- 1 18 -- .266 .345 .364 .709
1928 108 352 296 41 73 11 0 2 90 19 18 -- 8 -- 47 -- 2 24 -- .247 .354 .304 .658
1929 19 27 23 2 7 0 0 0 7 1 0 -- 0 -- 3 -- 1 2 -- .304 .407 .304 .712
MLB:20年 2476 10769 9363 1545 2665 419 159 70 3612 802 738 *109 290 -- 1040 -- 77 695 -- .285 .361 .386 .747
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 「-」は記録なし
  • 通算成績の「*数字」は不明年度がある事を示す

タイトル・表彰・記録[編集]

監督としての戦績[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “MLBの歴代盗塁数 トップは1406盗塁のリッキー・ヘンダーソン”. ベースボールチャンネル. (2016年4月19日). https://www.baseballchannel.jp/npb/17067/ 2020年2月24日閲覧。 
  2. ^ a b Max Carey Career Home Runs”. Baseball-Reference.com. 2020年7月19日閲覧。
  3. ^ Stealing Second, Third, And Home Plate in the Same Inning”. en:Baseball Almanac. 2020年7月19日閲覧。

関連項目[編集]