マックス・シュトッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マックス・シュトッツ
Max Stotz
生誕 1912年2月13日
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国
エスターライヒ・ウンター・デア・エンス大公国
シュヴェヒャート
死没 1943年8月19日(1943-08-19)(31歳)
Flag of the Byelorussian Soviet Socialist Republic.svg 白ロシア・ソビエト社会主義共和国
ヴィーツェプスク付近
所属組織 Roundel of Austria.svg オーストリア軍陸軍 (1933 - 1935)
Roundel of Austria.svg オーストリア軍空軍 (1935 - 1938)
Balkenkreuz.svg ドイツ国防軍空軍 (1938 - 1943)
軍歴 1933 – 1943
最終階級 大尉
テンプレートを表示

マックス・シュトッツ(:Max Stotz、1912年2月13日 - 1943年8月19日(戦闘中消息不明 - MIA)は、オーストリア及びドイツの軍人。最終階級は空軍大尉。第二次世界大戦では、総出撃回数700回以上、総撃墜機数189機を誇るエース・パイロットとして知られ、その功績により柏葉付騎士鉄十字章を受章した。

経歴[編集]

シュトッツは1912年2月13日オーストリア=ハンガリー帝国エスターライヒ・ウンター・デア・エンス大公国シュヴェヒャートに生まれた。1933年にオーストリア陸軍に入隊し、1935年にオーストリア空軍へ所属を変更した。その後、1938年3月13日アンシュルス(ドイツによるオーストリア併合)によってドイツ空軍へと入隊した。第二次世界大戦勃発後は専らドイツ軍人として奮闘し、1942年12月30日には総撃墜機数が129機に到達した[1]。しかし1943年8月19日、作戦行動中にシュトッツはヤコヴレフ社製のソ連軍機に狙撃された。彼はパラシュートでの脱出を図ったが、ソ連陣地の上空を漂っている姿が最後に目撃されたのみで、その後の消息は不明である[2]

叙勲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Weal 2001, p. 62.
  2. ^ Weal 2001, p. 100.
  3. ^ Schaulen 2005, p. 104.
  4. ^ a b c Thomas 1998, p. 355.
  5. ^ Patzwall & Scherzer 2001, p. 463.
  6. ^ a b Scherzer 2007, p. 728.

参考文献[編集]

  • Fellgiebel, Walther-Peer (2000) (German). Die Träger des Ritterkreuzes des Eisernen Kreuzes 1939–1945 – Die Inhaber der höchsten Auszeichnung des Zweiten Weltkrieges aller Wehrmachtteile [The Bearers of the Knight's Cross of the Iron Cross 1939–1945 — The Owners of the Highest Award of the Second World War of all Wehrmacht Branches]. Friedberg, Germany: Podzun-Pallas. ISBN 978-3-7909-0284-6. 
  • Obermaier, Ernst (1989) (German). Die Ritterkreuzträger der Luftwaffe Jagdflieger 1939 – 1945 [The Knight's Cross Bearers of the Luftwaffe Fighter Force 1941 – 1945]. Mainz, Germany: Verlag Dieter Hoffmann. ISBN 978-3-87341-065-7. 
  • Patzwall, Klaus D.; Scherzer, Veit (2001) (German). Das Deutsche Kreuz 1941 – 1945 Geschichte und Inhaber Band II [The German Cross 1941 – 1945 History and Recipients Volume 2]. Norderstedt, Germany: Verlag Klaus D. Patzwall. ISBN 978-3-931533-45-8. 
  • Schaulen, Fritjof (2005) (German). Eichenlaubträger 1940 – 1945 Zeitgeschichte in Farbe III Radusch – Zwernemann [Oak Leaves Bearers 1940 – 1945 Contemporary History in Color III Radusch – Zwernemann]. Selent, Germany: Pour le Mérite. ISBN 978-3-932381-22-5. 
  • Scherzer, Veit (2007) (German). Die Ritterkreuzträger 1939–1945 Die Inhaber des Ritterkreuzes des Eisernen Kreuzes 1939 von Heer, Luftwaffe, Kriegsmarine, Waffen-SS, Volkssturm sowie mit Deutschland verbündeter Streitkräfte nach den Unterlagen des Bundesarchives [The Knight's Cross Bearers 1939–1945 The Holders of the Knight's Cross of the Iron Cross 1939 by Army, Air Force, Navy, Waffen-SS, Volkssturm and Allied Forces with Germany According to the Documents of the Federal Archives]. Jena, Germany: Scherzers Miltaer-Verlag. ISBN 978-3-938845-17-2. 
  • Spick, Mike (1996). Luftwaffe Fighter Aces. New York: Ivy Books. ISBN 978-0-8041-1696-1. 
  • Thomas, Franz (1998) (German). Die Eichenlaubträger 1939–1945 Band 2: L–Z [The Oak Leaves Bearers 1939–1945 Volume 2: L–Z]. Osnabrück, Germany: Biblio-Verlag. ISBN 978-3-7648-2300-9. 
  • Weal, John (2001). Jagdgeschwader 54 'Grünherz'. Osprey Publishing. ISBN 1-84176-286-5.

関連項目[編集]