マックス・ヴァールブルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
マックス・ヴァールブルク、1904年

マックス・マウリッツ・ヴァールブルク(英語読みはマックス・モリッツ・ウォーバーグ)(Max Moritz Warburg、1867年6月5日 - 1946年12月26日)は、ドイツの銀行家である。民間銀行M・M・ヴァールブルク&COの取締役を務めた(1910年-1938年)。

背景と経歴[編集]

彼はハンブルクヴァールブルク家に生まれた。アブラハム・M・ヴァールブルク(Abraham M. Warburg)、ポール・M・ヴァールブルク(Paul M. Warburg)、フェリックス・M・ヴァールブルク(Felix M. Warburg)は兄弟である。

第一次世界大戦の間、彼は皇帝ヴィルヘルム2世の顧問を務め、ヴェルサイユ条約の交渉でドイツの代表団に参加した。

1924年、彼はクーデンホーフ=カレルギー伯爵パン・ヨーロッパ運動に60,000金マルクを提供した[1]

ヴァールブルクは熱烈なドイツ愛国者で、彼はユダヤであるという事実にもかかわらず、1933年以降のドイツに残ることを選択した。1933年から1938年までドイツ帝国銀行の役員を務めたが、彼は彼の銀行の売却と米国移住を余儀なくされ、1946年に死去した。

脚注[編集]

  1. ^ 田中 2004, p. 8.

参考文献[編集]