マックG

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
マックG
McG
McG
本名 ジョゼフ・マクギンティ・ニコル(Joseph McGinty Nichol)
生年月日 (1968-08-09) 1968年8月9日(52歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ミシガン州カラマズー
主な作品
チャーリーズ・エンジェル』シリーズ
ターミネーター4
Black & White/ブラック & ホワイト
ザ・ベビーシッター』シリーズ
テンプレートを表示

マックG(McG、1968年8月9日 - )は、アメリカ合衆国ミシガン州カラマズー生まれ、カリフォルニア州ニューポートビーチ育ちの映画監督プロデューサー。本名のジョゼフ・マクギンティ・ニコル(Joseph McGinty Nichol)でクレジットされることもある。

略歴[編集]

カリフォルニア大学アーバイン校(専攻は心理学)卒業後、音楽会社のカメラマンとしてキャリアをスタートさせる。コーンシュガー・レイのドキュメンタリー映画を製作。また、メジャーリーグコカ・コーラGAPなどの広告も手掛けた。

2000年に『チャーリーズ・エンジェル』で映画監督デビュー。

日本のサブカルに造詣があり、『チャーリーズ・エンジェル』の1シーンにピチカート・ファイヴを挿入歌として使ったり、プライベートでAKB48のライブを観に行った事も明かした。『ターミネーター4』キャンペーンで来日した際、AKB48のメンバー3人との対面を果たしている(『めざましテレビ』2009年6月5日放映)。影響を受けた作品に、『七人の侍』と『美少女戦士セーラームーン』を挙げている。

主な作品[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]