マット・ウィスラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マット・ウィスラー
Matt Wisler
ミネソタ・ツインズ
2016 MLB at Fort Bragg 160703-A-AP748-329.jpg
アトランタ・ブレーブス時代
(2016年7月3日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 オハイオ州ウィリアムズ郡ブライアン英語版
生年月日 (1992-09-12) 1992年9月12日(27歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2011年 MLBドラフト7巡目
初出場 2015年6月19日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

マシュー・R・ウィスラーMatthew R. Wisler, 1992年9月12日 - )は、アメリカ合衆国オハイオ州ウィリアムズ郡ブライアン英語版出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBミネソタ・ツインズ所属。

経歴[編集]

プロ入りとパドレス傘下時代[編集]

2011年MLBドラフト7巡目(全体233位)でサンディエゴ・パドレスから指名され、プロ入り。契約後、傘下のルーキー級アリゾナリーグ・パドレスでプロデビューして1試合に登板したが、1死も取れず防御率は無限大となった。

2012年はA級フォートウェイン・ティンキャップス英語版でプレーし、24試合(先発23試合)に登板して5勝4敗、防御率2.53、113奪三振を記録した。

2013年はA+級レイクエルシノア・ストーム英語版とAA級サンアントニオ・ミッションズでプレーし、2球団合計で28試合に先発登板して10勝6敗、防御率2.78、131奪三振を記録した。

2014年はメジャーのスプリングトレーニングに招待された[1]。シーズンではAA級サンアントニオとAAA級エル・パソ・チワワズでプレーし、2球団合計で26試合に先発登板して10勝5敗、防御率4.42、136奪三振を記録した。

ブレーブス時代[編集]

2015年4月5日にクレイグ・キンブレルメルビン・アップトン・ジュニアとのトレードで、キャメロン・メイビンカルロス・クエンティン、ジョーダン・パローベックと共にアトランタ・ブレーブスへ移籍した[2]。移籍後は傘下のAAA級グウィネット・ブレーブスへ配属された。6月19日にメジャー初昇格し、メジャー契約を結んだ[3]。同日のニューヨーク・メッツ戦にて先発でメジャーデビューし、8回1失点で初登板初勝利を挙げた[4]。同年はルーキーながら20試合でマウンドに登り、うち19試合で先発登板した。8勝8敗、防御率4.71という成績を残し、一定の結果を残した。

2016年は、年間通じて先発ローテーションに入ったが、総合では7勝13敗、防御率5.00という成績に終わった。

レッズ時代[編集]

2018年7月31日にアダム・デュバルとのトレードで、プレストン・タッカールーカス・シムズと共にシンシナティ・レッズへ移籍した[5]

2019年3月28日にDFAとなった[6]

パドレス時代[編集]

2019年4月1日にディオマー・ロペスとのトレードで、パドレスへ移籍した[7]。6月29日にDFAとなった[8]

マリナーズ時代[編集]

2019年7月4日に金銭トレードで、シアトル・マリナーズへ移籍した[9]

ツインズ時代[編集]

2019年10月29日にウェイバー公示を経てミネソタ・ツインズへ移籍した[10]

投球スタイル[編集]

90mph台前半のシンカースライダーが武器[11]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2015 ATL 20 19 0 0 0 8 8 0 0 .500 478 109.0 119 16 40 4 4 72 2 3 59 57 4.71 1.46
2016 27 26 0 0 0 7 13 1 0 .350 671 156.2 159 26 49 3 4 115 5 1 90 87 5.00 1.33
2017 20 1 0 0 0 0 1 0 1 .000 153 32.1 43 5 13 0 2 22 0 0 31 30 8.35 1.73
2018 7 3 0 0 0 1 1 0 0 .500 112 26.2 30 6 5 0 0 21 1 0 16 16 5.40 1.31
CIN 11 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 54 13.1 11 2 2 0 0 11 0 0 4 3 2.03 0.98
'18計 18 3 0 0 0 1 1 0 0 .500 166 40.0 41 8 7 0 0 32 1 0 20 19 4.28 1.20
MLB:4年 85 49 0 0 0 16 23 1 1 .410 1468 338.0 362 55 109 7 10 241 8 4 200 193 5.14 1.39
  • 2018年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 37(2015年 - 2016年)
  • 45(2017年 - 2018年7月30日)
  • 41(2018年8月31日 - 同年終了)
  • 49(2019年 - 同年6月28日)
  • 44(2019年7月7日 - 同年終了)

脚注[編集]

  1. ^ Dennis Lin (2014年2月12日). “Wisler a rookie to watch this spring”. U-T San Diego. 2015年6月22日閲覧。
  2. ^ Braves deal Kimbrel, Upton to Padres in blockbuster deal MLB.com Mark Bowman 英語 (2015年4月5日) 2015年9月25日閲覧
  3. ^ Braves call up prospect Wisler to start vs. Mets”. Atlanta Braves (2015年6月18日). 2015年6月22日閲覧。
  4. ^ Wisler shines in debut as Braves beat deGrom, Mets 2-1”. ESPN.com (2015年6月20日). 2015年6月22日閲覧。
  5. ^ Mark Bowman (2018年7月31日). “Braves acquire former All-Star Duvall from Reds” (英語). MLB.com. 2018年8月5日閲覧。
  6. ^ Alex Butler (2019年3月28日). “Reds place 2B Scooter Gennett on injured list” (英語). UPI News. 2019年4月5日閲覧。
  7. ^ AJ Cassavell (2019年4月1日). “Padres acquire former Draft pick Wisler in trade” (英語). MLB.com. 2019年4月5日閲覧。
  8. ^ AJ Cassavell (2019年6月29日). “Myers taking long view on current bench role” (英語). MLB.com. 2019年6月30日閲覧。
  9. ^ Greg Johns (2019年7月4日). “Mariners acquire Matt Wisler from Padres” (英語). MLB.com. 2019年7月5日閲覧。
  10. ^ Greg Johns (2019年10月29日). “Wisler, Bass claimed; Broxton, Healy are FAs” (英語). MLB.com. 2019年10月30日閲覧。
  11. ^ 「プロスペクト名鑑100」『月刊スラッガー』2015年5月号 日本スポーツ企画出版社 56頁

関連項目[編集]