マッドドックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マッドドックス
メンバー 関口大輔
吉田一人
結成年 2007年
解散年 2009年
事務所 ニュースタッフエージェンシー
活動時期 2007年 - 2009年
旧コンビ名 マシンガンワルツ
現在の活動状況 解散
芸種 漫才
ネタ作成者 吉田一人
現在の代表番組 なし
過去の代表番組 爆笑オンエアバトル
など
テンプレートを表示

マッドドックスは、日本で活動していたお笑いコンビ2007年結成、2009年解散。ニュースタッフエージェンシー所属。

メンバー[編集]

東京都出身。A型。ボケ担当、赤いツナギと金髪頭が特徴。
元:クロスパンチ(相方は矢野周平)
  • 吉田一人(よしだ かずと、 (1978-08-01) 1978年8月1日(40歳) - )
東京都出身。O型。ツッコミ担当
マットドックス以前の芸名・コンビ歴は、フィットネス(1999年11月2006年12月、相方は山浦良友)、メンズカズト(2007年1月~同年4月[1]
マットドックス解散後の芸名・コンビ歴は、
ピン芸人・吉田一人(2010年1月~同年4月)[1]
ザ・マルチ(相方は元「キラッキラーズ」のジャック豆山、2010年5月~同年10月)[1]
バンビライオン(相方は元「モジモジハンター」の石井太郎、2010年11月2011年9月[1]
ピン芸人・吉田一人(2011年10月2012年5月[1]
トリガー → ジェットカンフル(相方は1、2の大心、2012年6月2018年7月[1]
2018年8月からは元ヴィンテージの大赤見展彦とのコンビ「ナナフシギ」を結成。なお、大赤見曰くこのコンビ名はまだ仮であるという[2][3]
撮影監督山田一夫は、祖父に当たる[1]
オカルト古典落語(特に古今亭志ん生)、槇原敬之BOYS BE…ドラゴンクエスト(初期のもの)、1990年代前半の頃のプロレス、それぞれに造詣が深い[1]

概要[編集]

  • 吉田は1999年から、関口は2002年からそれぞれ別のコンビとして活動。ライブを中心に、爆笑オンエアバトルなどの番組でも活動をしていた。
  • その後、お互い2006年にコンビは解散。2人はしばらくピン芸人として活動していたが、2007年2月にコンビ結成の話が持ち上がり、同年4月15日に正式に結成した。
    • 結成当時のコンビ名は「マシンガンワルツ」だった[1]が、当時の関口の所属事務所にザクマシンガンがいたため程なく「マッドドックス」に改名(コンビ名の由来は「狂犬(MAD DOG)」)。
  • 結成当初は関口がプライム所属だった為、互いに所属事務所が異なっていたが、後に関口がニュースタッフに移籍しコンビで所属となる。
  • ネタは主に漫才、関口の見た目からヤンキー関連のボケが多い。
  • 2009年12月21日、関口の引退に伴い解散を発表。

経歴[編集]

  • 2007年 第7回オートバックスM-1グランプリ2007 一回戦敗退
  • 2008年 第8回オートバックスM-1グランプリ2008 三回戦敗退
  • 2009年 第8回漫才新人大賞 敢闘賞受賞

出演作品[編集]

ライブ[編集]

  • プライムライブ(関口はクロスパンチ時代から出演)
  • ドライブ(ニュースタッフエージェンシーの事務所ライブ)
  • スペシャル☆オールスター
  • 喰始のショービジネスの作り方
  • 元祖爆笑王セレクトライブ~ニュースタッフエージェンシーお笑いライブ~in 名古屋

番組[編集]

テレビ[編集]

インターネットラジオ[編集]

  • マッドドックスのお笑いラジオ (livedoorインターネットラジオ)

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i 吉田一人プロフィール(Ameba)
  2. ^ restart”. 大赤見展彦オフィシャルブログ (2018年8月2日). 2018年9月18日閲覧。
  3. ^ ナナフシギ コンビ情報”. M-1グランプリ 公式サイト. 2018年9月18日閲覧。