マツキタツヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マツキタツヤ
生誕 (1991-05-29) 1991年5月29日(27歳)
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画原作者
活動期間 2017年 -
ジャンル 少年漫画
代表作アクタージュ act-age
受賞 第2回ストキンPro準キング
『阿佐ヶ谷芸術高校映像科へようこそ』
テンプレートを表示

マツキタツヤ1991年5月29日[1] - )は、日本漫画原作者

経歴[編集]

初めて漫画を描こうと思い、Twitterを開設して予知夢をテーマにした漫画を上げると、宇佐崎しろからフォローされた。原作志望者を対象とした新人漫画賞、第2回ストキンProに、松木達哉名義で『阿佐ヶ谷芸術高校映像科へようこそ』を投稿し、準キングを受賞する。受賞後、『阿佐ヶ谷』の作画に宇佐崎を指名し[1]、『週刊少年ジャンプ』(集英社)2017年9号に掲載され、マツキと宇佐崎はデビューを果たす。また、同読切は高評価を獲得した[2][3]

その後、マツキは原作担当として宇佐崎が作画する読切の掲載を目指すも、掲載許可が下りない時期が続いた。そこで担当編集者の村越周から「『ジャンプ』に合わせにきてるよね」と指摘され、自らの原点に返る形で『阿佐ヶ谷』の数年後を舞台とした『アクタージュ act-age』の連載企画を提出したところ、同作の連載が決まった[3]『アクタージュ』は『週刊少年ジャンプ』2018年8号より原作:マツキ、作画:宇佐崎の体制で連載中[1]

人物[編集]

好きな作品は『HUNTER×HUNTER』、幸村誠作品[4]

作品[編集]

  • 『阿佐ヶ谷芸術高校映像科へようこそ』 - デビュー作。読切。作画:宇佐崎しろ。『週刊少年ジャンプ』2017年9号掲載
  • アクタージュ act-age』 - 連載。作画:宇佐崎しろ。『週刊少年ジャンプ』2018年8号 - 連載中。

脚注[編集]