マツモ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
マツモ
Ceratophyllum demersum.jpg
マツモ
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
: マツモ目 Ceratophyllales
: マツモ科 Ceratophyllaceae
: マツモ属 Ceratophyllum
: マツモ C. demersum
学名
Ceratophyllum demersum L.1753[1]
シノニム
和名
松藻、金魚藻 (キンギョモ)[2]
英名
rigid hornwort[3], common hornwort[3], coon's tail[3], coontail[3]
下位分類

マツモ (Ceratophyllum demersum) は、マツモ目マツモ科に属する水草の1種である。根を欠き、水中を浮遊または特殊化した枝で水底に固着している。1–2回二叉分岐した葉が輪生している。金魚藻 (キンギョモ) と総称される植物の1種であり、しばしばアクアリウムで観賞用に栽培される (右図)。

食用とすることがある海藻のマツモ(Analipus japonicus) は褐藻綱に属する藻類であり、被子植物に属する上記のマツモとは全く異なる生物である。以下は被子植物に属するマツモについて概説する。

特徴[編集]

マツモは淡水の水中に生育する多年生水生植物である[4]を欠き、ふつう水中を浮遊しているが、ときに枝が変化した構造 (仮根ともよばれる) によって水底に固着している[4][5][6]。茎は長さ 20–300 cm、盛んに分枝する[4][7]。節に5–10枚の葉が輪生する[4] (下図1a, b)。葉は長さ 8–35 mm、1–2回 (まれに3回[8]) 二叉分岐して線状の裂片になり、縁にはトゲ状の鋸歯がある[4][5][7] (下図1b)。同属の他種にくらべて葉が強壮であるが[8]、葉の大きさや硬さは環境条件による変異が大きい[4]。秋になると茎の先端に葉が密集して越冬芽 (殖芽、長さ 2–6 cm) となり、これが離脱して水底に沈み、越冬する[4][5][6]。植物体の分断化による栄養繁殖を活発に行う。

1a. 2. 雄花、3. 雄蕊、4. 雌花、5. 果実
1b. 輪生している10枚の葉. 各葉は2回二叉分岐している.
1c. 節についた雄花

日本での花期は5-8月だが、1年を通じて開花しない集団もある[4]は単性で雌雄同株雄花雌花が同一のの別の節につくが、雄花が先に形成される[4][5][6][9]。花は直径 1–3 mm、12枚ほどの苞葉 (花被片ともされる) で囲まれる[5][7][9]。雄花は10個ほどの雄しべをもつ[4] (上図1a, c)。雌花には長い花柱をもつ1個の雌しべが存在する[4] (上図1a)。花粉は水中を浮遊し、雌しべに達する (水中媒)[4][6]

果実は痩果、暗緑色から赤褐色、長楕円形で長さ 3–6 mm、ふつう先端に1本 (宿存性の花柱)、基部両側に1本ずつ (計3本) の長いトゲ状突起 (長さ 0.1–14 mm) がある[4][5][7] (上図1a)。ニュージーランドなどでは種子形成が見つかっていない[10]染色体数は 2n = 24, 38, 40, 48, 72[5][7]

分布・生態[編集]

南北アメリカアフリカユーラシア東南アジアオーストラリア北東部など世界中の熱帯から温帯域に分布している[1][5]。またニュージーランドなどでは外来種として問題視されている[11]。日本では北海道から沖縄まで報告されている[4][5]

2a. マツモの群落 (セルビア)
2b. 水中のマツモ (ポーランド)

湖沼、ため池水路などに生育し、ふつう水中を浮遊している[4] (上図2)。

保全状況評価[編集]

マツモは日本全体としては絶滅危惧種に指定されていないが、下記のように地域によっては絶滅のおそれが高いとされる[12]。以下は2020年現在の各都道府県におけるレッドデータブックの統一カテゴリ名での危急度を示している[12] (※埼玉県東京都神奈川県では、季節や地域によって指定カテゴリが異なるが、下表では埼玉県は全県のカテゴリ、東京都・神奈川県では最も危惧度の高いカテゴリを示している)。またマツモと別種または同種とされるヨツバリキンギョモ (ヨツバリマツモ、ゴハリマツモ)[2] (下記参照) も愛知県長崎県で絶滅危惧I類、佐賀県で準絶滅危惧、滋賀県熊本県沖縄県で情報不足に指定されている[13]

人間との関わり[編集]

アクアリウムの観賞用水草として使用されることが多く、栽培は容易[14]金魚藻 (きんぎょも) と総称される水草の1種である。金魚藻とよばれる水草には他にハゴロモモ (フサジュンサイ、カボンバ; ハゴロモモ科)、オオカナダモ (トチカガミ科)、フサモ (アリノトウグサ科) などがあるが[15]、これらはいずれも互いに遠縁の植物である。

分類[編集]

種内分類群[編集]

本種はマツモ属のタイプ種である[16]。形態変異が大きく、以下のような種内分類群が認識されている。

マツモの種内分類群[1]

Ceratophyllum platyacanthum[編集]

Ceratophyllum platyacanthum はマツモに類似しているが、果実の上部に花柱由来のトゲ (stylar spine) に加えてトゲ (facial spine) をもつ点で異なる。Ceratophyllum platyacanthum subsp. platyacanthum はトゲに翼状突起が発達しているが、Ceratophyllum platyacanthum subsp. oryzetorum (ヨツバリキンギョモ) は下方2本、上方2本のトゲが目立つ。後者は日本からも報告されている[4][5]Ceratophyllum platyacanthum はマツモと同種[17]とされることも、別種[18]とされることある[8]。マツモと Ceratophyllum platyacanthum は同所的に出現することもある[8]

分子系統学的研究からは、Ceratophyllum platyacanthum は系統的にマツモに含まれることが示されている[8]Ceratophyllum platyacanthum染色体数は72と報告されており、おそらく6倍体起源であると考えられている[8]。このことから、Ceratophyllum platyacanthum はおそらく倍数化によってマツモから生じたと考えられている[8]

Ceratophyllum platyacanthumの分類

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c Ceratophyllum demersum”. Plant of the World online. Kew Botanical Garden. 2021年7月13日閲覧。
  2. ^ a b c 米倉浩司・梶田忠. “植物和名ー学名インデックスYList”. 2021年7月21日閲覧。
  3. ^ a b c d GBIF Secretariat (2021年). “Ceratophyllum demersum”. GBIF Backbone Taxonomy. 2021年6月18日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 角野康郎 (1994). “マツモ属”. 日本水草図鑑. 文一総合出版. p. 117. ISBN 978-4829930342 
  5. ^ a b c d e f g h i j k 伊藤元巳 (2016). “マツモ”. In 大橋広好, 門田裕一, 邑田仁, 米倉浩司, 木原浩 (編). 改訂新版 日本の野生植物 2. 平凡社. p. 101. ISBN 978-4582535327 
  6. ^ a b c d 浜島繁隆・須賀瑛文 (2005). “マツモ”. ため池と水田の生き物図鑑 植物編. トンボ出版. p. 78. ISBN 978-4887161504 
  7. ^ a b c d e Flora of China Editorial Committee (2010年). “Ceratophyllum demersum”. Flora of China. Missouri Botanical Garden and Harvard University Herbaria. 2021年7月13日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g Szalontai, B., Stranczinger, S., Mesterhazy, A., Scribailo, R. W., Les, D. H., Efremov, A. N., ... & Csiky, J. (2018). “Molecular phylogenetic analysis of Ceratophyllum L. taxa: a new perspective”. Botanical Journal of the Linnean Society 188 (2): 161-172. doi:10.1093/botlinnean/boy057. 
  9. ^ a b 岩元明敏 (2017). “マツモ (Ceratophyllunm demersum) の花発生: 物理的圧力が花の数性に及ぼす影響”. PLANT MORPHOLOGY 29 (1): 75-80. doi:10.5685/plmorphol.29.75. 
  10. ^ Ceratophyllum demersum”. New Zealand Plant Conservation Network. 2021年7月23日閲覧。
  11. ^ Hornwort: a serious threat to South Island lakes”. NIWA. 2021年7月23日閲覧。
  12. ^ a b マツモ”. 日本のレッドデータ 検索システム. 2021年7月23日閲覧。
  13. ^ ヨツバリキンギョモ”. 日本のレッドデータ 検索システム. 2021年7月23日閲覧。
  14. ^ 吉野敏 (2005). “マツモ”. 世界の水草728種図鑑. エムピージェー. p. 138. ISBN 978-4895125345 
  15. ^ <キンギョモ(金魚藻)>”. 神戸の水生植物. 神戸教育情報ネットワーク. 2021年7月23日閲覧。
  16. ^ Wunderlin, R. P., Hansen, B. F., Franck, A. R. & Essig, F. B. (2021年). “Ceratophyllum”. Atlas of Florida Plants. Institute for Systematic Botany, University of South Florida, Tampa. 2021年7月22日閲覧。
  17. ^ Wilmot-Dear, M. (1985). “Ceratophyllum revised: a study in fruit and leaf variation”. Kew Bulletin 40 (2): 243-271. doi:10.2307/4108260. 
  18. ^ Les, D. H. (1989). “The evolution of achene morphology in Ceratophyllum (Ceratophyllaceae), IV. Summary of proposed relationships and evolutionary trends”. Systematic Botany 14 (2): 254-262. doi:10.2307/2418911. 
  19. ^ The Plant List (2013年). “Ceratophyllum platyacanthum Cham.”. The Plant List. 2021年7月22日閲覧。
  20. ^ The Plant List (2013年). “Ceratophyllum platyacanthum subsp. oryzetorum (Kom.) Les”. The Plant List. 2021年7月22日閲覧。