マテウス・ゴンサウヴェス・サヴィオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はゴンザウヴェス第二姓(父方の)はサヴィオです。
マテウス・サヴィオ Football pictogram.svg
Matheus Sávio 2017.jpg
名前
本名 マテウス・ゴンザウヴェス・サヴィオ
Matheus Gonçalves Sávio
愛称 マテウス、サヴィオ
ラテン文字 Matheus Sávio
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1997-04-15) 1997年4月15日(22歳)
出身地 サンパウロ州ブロドヴスキ
身長 175cm
体重 74kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 柏レイソル
ポジション MF (AMF)
背番号 22
利き足 右足
ユース
2013-2014 ブラジルの旗 デスポルチーヴォ・ブラジル
2014-2016 ブラジルの旗 フラメンゴ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2015- ブラジルの旗フラメンゴ 13 (2)
2018 ポルトガルの旗エストリル (loan) 6 (1)
2019 ブラジルの旗CSA (loan) 8 (1)
2019- 日本の旗柏レイソル (loan) 7 (3)
代表歴2
2016-2018  ブラジル U-20 7 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年9月1日現在。
2. 2018年3月31日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

マテウス・サヴィオMatheus Sávio)ことマテウス・ゴンザウヴェス・サヴィオポルトガル語: Matheus Gonçalves Sávio1997年4月15日 - )は、ブラジルサンパウロ州ブロドヴスキ出身のサッカー選手Jリーグ柏レイソル所属。ポジションはミッドフィールダー

クラブ歴[編集]

2015年3月25日にカンピオナート・カリオカで選手初出場。10月14日にはカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAに最後7分ではあるが出場し同リーグ初出場となった[1]。2017年5月13日にカンピオナート・ブラジレイロ・セリエA初得点を記録した[2]

2018年1月5日に同年末までの期限付き移籍でGDエストリル・プライアへの移籍が発表された[3][4]

2019年2月1日にセリエAのCSAへの期限付き移籍が発表された。開幕戦から8試合連続で出場し1ゴールを決めた。

2019年7月3日柏レイソルへの期限付き移籍が発表された[5]。背番号は「22」番。Jリーグデビュー戦は栃木SC戦となった。 J2第25節ファジアーノ岡山戦では途中出場ながらJリーグ初ゴールを記録し、チームの4-0での快勝に貢献した。

タイトル[編集]

フラメンゴ
  • U-20タッサ・オタヴィオ・ピント・ギマリャンイス: 2014
  • U-20カンピオナート・カリオカ: 2015
  • コパ・サンパウロ・ジ・フチボウ・ジュニオル: 2016
  • カンピオナート・カリオカ: 2017

参考文献[編集]

  1. ^ Figueirense X Flamengo Match Report”. globoesporte.com (2015年10月14日). 2017年5月15日閲覧。
  2. ^ No duelo de favoritos, Flamengo e Atlético-MG empatam na estreia, e Maracanã vê estreia de joia de 16 anos”. espn.com.br (2017年5月13日). 2017年5月15日閲覧。
  3. ^ Flamengo empresta nove atletas; Márcio Araújo é cedido à Chapecoense”. Flamengo.com.br (2018年1月5日). 2018年1月9日閲覧。
  4. ^ FLAMENGO EMPRESTA CAFU E MATHEUS SÁVIO AOS CANARINHOS”. Record.pt (2018年1月5日). 2018年1月30日閲覧。
  5. ^ マテウス サヴィオ選手 期限付き移籍加入のお知らせ”. 柏レイソル公式サイト (2019年7月3日). 2019年7月3日閲覧。

関連項目[編集]