マテマティカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

マテマティカ』は、1999年4月6日から2003年3月20日までNHK教育テレビで放送されていた小学校低学年向けの学校放送(教科:算数)である。その後も2003年4月10日から2004年3月18日まで『はじめてのさんすう マテマティカ』と題して放送されていた。

概要[編集]

数学者であり大道芸人でもあるピーター・フランクルを起用した番組で、彼が大道芸をしながら算数の解説を行っていた。番組タイトルは、ラテン語数学を意味する mathematica に由来する[1]

1999年4月20日に放送された「さんにんでさんかく」の回は、第26回日本賞こども部門で外務大臣賞を受賞した[2]。この回は、神奈川県横浜市にある放送ライブラリーで視聴できる[3]

番組の終了後、同じく低学年向けの番組として『かんじるさんすう 1,2,3!』がスタートした。それから3年後の2007年4月には、正統後継番組である『マテマティカ2』もスタートした。

放送時間[編集]

いずれも日本標準時、別の時間帯での再放送あり。また、学校が長期休暇に入る時期には放送時間を変更していた。

マテマティカ[編集]

  • 火曜 11:15 - 11:30 (1999年4月6日 - 2002年3月12日)
  • 金曜 10:45 - 11:00 (1999年4月9日 - 2002年3月15日)
  • 土曜 09:30 - 09:45 (1999年4月10日 - 2001年3月17日)
  • 木曜 09:30 - 09:45 (2002年4月11日 - 2003年3月20日)

はじめてのさんすう マテマティカ[編集]

  • 木曜 10:00 - 10:15 (2003年4月10日 - 2004年3月18日)

出演者[編集]

音楽[編集]

出版物[編集]

  • NHKマテマティカ 見て、感じて、発見する算数 初級編(2011年12月、編集:NHK「マテマティカ」制作班、出版:金の星社、ISBN 978-4-323-07196-1)
  • NHKマテマティカ 見て、感じて、発見する算数 中・上級編(2011年12月、編集:NHK「マテマティカ」制作班、出版:金の星社、ISBN 978-4-323-07197-8)
  • NHKマテマティカ 見て、感じて、発見する算数 2巻セット(2012年4月、編集:NHK「マテマティカ」制作班、出版:金の星社、ISBN 978-4-323-93290-3)

脚注[編集]

  1. ^ NHKアーカイブス保存番組検索結果詳細”. マテマティカ ころころまんまる. 日本放送協会 (1999年4月6日). 2016年2月5日閲覧。
  2. ^ NHK JAPAN PRIZE”. 過去の受賞番組. 日本放送協会. 2016年2月5日閲覧。
  3. ^ 検索結果 マテマティカ さんにんでさんかく - 放送ライブラリ公式ページ”. 放送ライブラリー. 2016年2月5日閲覧。
NHK教育テレビ 火曜11:15枠
前番組 番組名 次番組
さんすうすいすい
(1992年4月7日 - 1999年3月9日)
マテマティカ
(1999年4月6日 - 2002年3月12日)
くらし探偵団
(2002年4月9日 - 2003年3月18日)
NHK教育テレビ 木曜9:30枠
まちへとびだそう 再放送
(1999年4月8日 - 2002年3月14日)
※金曜10:00枠へ移動
マテマティカ
(2002年4月11日 - 2003年3月20日)
さわやか3組
(2003年4月10日 - 2004年3月18日)
※水曜9:45枠から移動
NHK教育テレビ 木曜10:00枠
みんな生きている 再放送
(2002年4月11日 - 2003年3月20日)
※金曜11:15枠へ移動
はじめてのさんすう マテマティカ
(2003年4月10日 - 2004年3月18日)
わかる国語 だいすきな20冊
(2004年4月8日 - 2005年3月17日)
※水曜10:00枠から移動