マテ・カマラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
Flag of Hungary.svg この項目では、印欧語族風に、名前を名姓順で表記していますが、ハンガリー語圏の慣習に従いカマラーシュ・マーテーと表記することもあります。
マテ・カマラス
生誕 1976年9月21日(40歳)
出身地 ハンガリーの旗 ハンガリー ボルショド・アバウーイ・ゼムプレーン県 ミシュコルツ
ジャンル ミュージカル
ロック
職業 歌手
俳優
公式サイト [1]

マテ・カマラスハンガリー語:Máté Kamarás(マーテー・カマラーシュ)1976年9月21日 - )は、ハンガリーミシュコルツ生まれのミュージカル・スター。ロック歌手。アーティスト。

2006年『エリザベート』ウィーン引っ越し公演でトート役で初来日。以来、毎年のように来日し、東京や大阪でミュージカルに日本語で出演したり、ミュージカル・ナンバーや自身の曲を含むコンサート活動を行う。ドイツ語英語ハンガリー語日本語で歌うことができ、ヨーロッパ、日本を中心に活動するアーティスト。歌のみならず、MCも日本語で行うこともできる。2012年には『エリザベート』トート役を日本語版でも好演し、3都市3カ国語で同役を演じた唯一の俳優となる。2014年、外務省のV4+日本交流年におけるハンガリー親善大使を務める。

略歴[編集]

  • 15歳より地元のロックバンドのボーカルとして活躍。17歳で地元ミシュコルツの高校で演じた"Rene"がミュージカル俳優としての初舞台となる。同高校にて翌年『レ・ミゼラブル』のジャン・バルジャンを演じる。
  • 1995年 『ジーザス・クライスト・スーパースター』のピラトゥス、同年秋にはブダペストにて『チェス』の「アメリカン」を演じる。
  • 1996年 ミュージカル版『フェーム』のニックなど複数の役を演じる。同年秋、ブダペスト国立演劇アカデミー演劇コースに進学。
  • 半年の在学後、1997年にロンドンのElmhurst Musical Schoolへの奨学金を得て渡英する。
  • 留学後ウィーンに住居を移し、『ダンス・オブ・ヴァンパイア』のヘルベルト役を務める。
  • 1998年1月から1999年春まで、ブダペストのオペレッタ劇場にて『エリザベート』のA Halal (トート) を演じる。
  • 1998年夏にはウィーンに戻り、Zell am See野外劇場の"Rockin' Musical show"に参加。
  • 2000年に『チェス』 、『ウエスト・サイド物語』のトニーなど多くの役を演じながら、オーストリアの企画バンド"Ohrrausch"のボーカルとして、テレビ番組の主題歌となった「Hello Taxi」をレコーディングし、同ディスクで金賞を獲得した。
  • 2003年から2005年12月4日の千秋楽まで、Theater an der Wienにおいて『エリザベート』のトートを務め、ミュージカル・スターとしての地位を不動のものとする。同時期にロックバンドX_Pactのボーカルとして、ウィーンの Metropolにてライブを披露。
  • 2006年にソロ活動へと移行してからは、シンガー・ソングライターとしてウィーンおよび故郷のミシュコルツにてライブを行っている。
  • 2009年には、オリジナル曲により構成されたデビューCD、ウィーンMetropolにて行われたコンサートのライブ映像により構成されたソロDVD、自らがデサインに関わったファッション・アイテムを発表した。2009年よりドイツ人ピアニスト マルクス・ローバーとコンビを組み活動中。2人でCDも出している。
  • 2010年2011年、しばらくミュージカルの舞台からは離れていたが、『MITSUKO ~愛は国境を越えて~』(日本)、『LULU』(オーストリアインスブルック)など、久々にミュージカルでの活動を再開している。
  • 2012年、日本の東宝版『エリザベート』への出演が発表された。山口祐一郎石丸幹二と共に、5、6月東京、7月福岡、8月名古屋、9月大阪と計5ヶ月間トートを演じる。

来日公演[編集]

  • 2006年
    • 12月 『エリザベート来日記念コンサート』(梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ)
  • 2007年
    • 3月〜4月 『ウィーン版 エリザベート』(トート役、梅田芸術劇場 メインホール)
    • 5月 『ウィーン版 エリザベート コンサート版』(トート役、新宿コマ劇場
    • 11月 『マテ・カマラス×姿月あさと×武田真治SUPER LIVE』(天王洲銀河劇場、梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ)
    • 11月 『World Wide Super Session feat. Máté Kamarás(vo), Kenji Hino(b), Josei(key), Shingo Kujime(g), Jay Stixx(ds)』(モーション・ブルー・ヨコハマ)
  • 2008年
    • 5月 『ウィーン・ミュージカル・コンサート』(梅田芸術劇場 メインホール)
  • 2009年
    • 4月 『Super Live Vol.2 LOVE LEGEND』(梅田芸術劇場 メインホール、新国立劇場中劇場)
  • 2010年
  • 2011年
  • 2012年
    • 5月~9月 『エリザベート』トート役(帝国劇場、博多座、中日劇場、梅田芸術劇場メインホール) 
    • 10月 『ウィーン版ミュージカル エリザベート20周年記念コンサート~日本スペシャルヴァージョン~』(梅田芸術劇場メインホール、東急シアターオーブ) 
    • 12月シアタークリエ 5th Anniversary ONE-HEART MUSICAL FESTIVALスペシャルゲスト(シアタークリエ
  • 2013年
    • 4月春のライブ2013・ビルボードライブ東京&大阪 春野寿美礼の春のライブ2013年にゲスト出演(ビルボードライブ東京&大阪)
    • 5月マテ・カマラス・ソロライブ (新宿BLAZE
    • 11月講演会『マテ・カマラスが欧州と日本でのミュージカルを謳う』平成25年度麻生区多文化共生推進事業(麻生市民会館)
    • 12月CHESS in Concert(東京国際フォーラムホールC 梅田芸術劇場メインホール)
  • 2014年
  • 2016年

ディスコグラフィー[編集]

  • ウィーン版ミュージカル エリザベート 再演版 CD/DVD
  • ウィーン版ミュージカル ダンス・オブ・ヴァンパイア Tanze der Vampire (Live CD)
  • ウィーンミュージカル俳優 企画CD "Hello Taxi"
  • 梅田芸術劇場 限定CD “WIEN MUSICAL CONCERT”
  • オリジナルCD "UNRELEASED"
  • オリジナルDVD "LIVE IN VIENNA"

人物[編集]

  • 好きな食べ物ユッケやアジアの食べ物。
  • 胸板が厚いのはトレーニングではなく父親からの遺伝とのこと。
  • 「マテはいつも」とマテが言うと、「がんばってる」とファンが答えるのが日本でのライブの合言葉。
  • 2008年と2013年にマテ・カマラスゆかりの地であるミシュコルツウィーンブダペストをまわるファン向けのツアーを主催した。
  • 家族の反対を押し切って、東日本大震災後の日本を訪問。その際、ウィーンからの直行便には、外国人は見た限りでは、マテ1人で、上海でオーストリア航空のクルーが降り、日本人乗務員に交代したとのこと。
  • 2014年5月のラ・フォル・ジュルネ金沢のハンガリーナイトでは、東日本大震災の復興支援ソング「花は咲く」を会場の観客とともに日本語で熱唱。
  • 日本語を勉強中で漢字も300程度わかるが、目標は1900程度覚えたいとのこと。