マディ・ウォーターズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
マディ・ウォーターズ
Muddy Waters
Muddy Waters.jpg
手前にいる人物がウォーターズ。1971年、トロントにて撮影。
基本情報
出生名 McKinley Morganfield
別名 シカゴ・ブルースの父
生誕 1913年4月4日
米国ミシシッピ州イサクィーナ・カウンティ
死没 (1983-04-30) 1983年4月30日(70歳没)
米国イリノイ州ウェストモント
ジャンル ブルース
職業 ミュージシャン、シンガー
担当楽器 ギター
活動期間 1941年〜1983年
レーベル アリストクラット・レコード
チェス・レコード
ブルー・スカイ・レコード
共同作業者 ウィリー・ディクスン
公式サイト www.muddywaters.com

マディ・ウォーターズ(マディー・ウォータース、Muddy Waters, 1913年4月4日 - 1983年4月30日)は、アメリカブルースシンガーギタリスト。本名は、マッキンリー・モーガンフィールド(英語: McKinley Morganfield)。シカゴにおいてエレクトリック・ギターを使ったバンド・スタイルのブルースを展開し、シカゴ・ブルースの形成に大きな足跡を残したことから、「シカゴ・ブルースの父」と称される。生涯に6度グラミー賞を受賞し[1]、没後の1987年にはロックの殿堂入りを果たした[2]

その豊富で深遠な声、豪快なボトルネック・ギター、カリスマ的キャラクターで、ブルース界の第一人者のひとりとなった。ロック界においても、ローリング・ストーンズエリック・クラプトンロリー・ギャラガーポール・ロジャースジョン・メイオールフリートウッド・マックなど、彼から影響を受けたミュージシャンは多く、その影響力は計り知れない。

生涯[編集]

デビューまで[編集]

クラークスデイル郊外ストーヴァル英語版プランテーションにて幼少期を過ごす。泥んこになって遊ぶのが大好きだったことから、マディ・ウォーターズ(泥水)とのニックネームで呼ばれるようになった。7歳でハーモニカを始め、のちにギターに転向。当時の彼のアイドルは、サン・ハウス英語版ロバート・ジョンソンらであった。なお、1915年ミシシッピ州ローリング・フォーク英語版生まれとされてきたが、近年の研究[3]により1913年にミシシッピ州のイサクィーナ・カウンティ英語版とするのが定説となっている。

1941年8月、アメリカ議会図書館のフィールド・レコーディングのためにミシシッピ州を訪れたアラン・ローマックスが、ストーヴァルでウォーターズをレコーディングする。これが彼の初レコーディングとなった。1943年イリノイ州シカゴに移住。1946年にはコロンビアでレコーディングを行っている。

チェスでの活躍[編集]

1947年サニーランド・スリム英語版に誘われ、アリストクラット・レーベル英語版(後のチェス・レコード)のレコーディングに参加。これは、スリムのバッキングをするためであったが、マディも「ジプシー・ウーマン」(英語: Gypsy Woman)、「リトル・アンナ・メイ」(英語: Little Anna Mae)の2曲をレコーディングした。これが彼のレーベルからのデビュー盤となった。このときの編成はスリムのピアノ、ビッグ・クロフォード英語版のベースのみをバックにつけたもので、まだバンド・スタイルではなかった。

バンド・スタイルでレコーディングするようになったのは、1950年のパークウェイ・レーベルのセッションから。リロイ・フォスター英語版リトル・ウォルターがヴォーカルを取るセッションではあったが、初めてウォルターがハーモニカをプレイするなど、実質的にマディ・ウォーターズ・バンドの始動とも言える内容であった。パークウェイに負けじと、続いてチェスもマディをバンド・スタイルでレコーディングするようになった。1953年にはオーティス・スパン1954年にはウィリー・ディクスンがレコーディングに加わるようになり、マディのバンドの形が完成する。同年、「フーチー・クーチー・マン英語版」、「恋をしようよ」、「アイム・レディ」など、彼の代表曲となる曲がレコーディングされた。1955年にも「マニッシュ・ボーイ」などがヒットする。1958年には、初のイギリス・ツアーを体験する。

1963年アメリカン・フォーク・ブルース・フェスティバル英語版出演のために渡欧。翌年、当時のフォーク・ブームに乗る形でアルバム『フォーク・シンガー英語版』をリリースした。同作には、ギターにバディ・ガイが参加している。この年もフェスティバルのために再度渡欧した。

1968年、異色作『エレクトリック・マッド』をリリース。これは、ロック・ファンにアピールするために、大胆にサイケデリックなアレンジを施した作品であった。ロックへの傾向は続く1975年の『ウッドストック・アルバム英語版』でさらに顕著となる。ここではザ・バンドリヴォン・ヘルムガース・ハドソンポール・バターフィールドなどロックミュージシャンが参加している。翌1976年には、ザ・バンドの解散コンサート、「ラスト・ワルツ」に出演。ザ・バンドをバックに「マニッシュ・ボーイ」を歌う様子は、同名のドキュメント映画に記録されている。

ブルー・スカイへの移籍以降[編集]

1977年ジョニー・ウィンターと組んでブルー・スカイよりアルバム『ハード・アゲイン』をリリース。また、同年リリースされたウィンターのアルバム『ナッシン・バット・ザ・ブルース』のレコーディングに参加。以後、ウィンターのサポートを得て1981年までに計4枚のアルバムをリリースした。

1980年5月に来日し、新宿厚生年金会館サンケイホール愛知県勤労会館渋谷公会堂を回った。これが唯一の来日ツアーであった。

1983年、イリノイ州ウェストモント英語版にて70歳で死去。シカゴ近郊のオールシップ英語版にあるレストヴェール墓地英語版に埋葬された。

評価[編集]

エピソード[編集]

  • ローリング・ストーンズのバンド名は、マディ・ウォーターズのヒット曲、「ローリング・ストーン英語版」に由来しているのは有名な話である。また彼らが渡米した際、チェス・レコードを訪れ、マディ本人と面会している。ストーンズのメンバー曰く、その時マディはスタジオの塗装工事をしていたという。
  • ローリング・ストーン》誌の名前がウォーターズの「ローリング・ストーン」に由来するかどうかについては諸説あるが、同誌のデイビット・ブラウン英語版2017年に、雑誌の名前はローリング・ストーンズだけでなくマディ・ウォーターズの「ローリング・ストーン」とボブ・ディランの「ライク・ア・ローリング・ストーン」、そして「転がる石に苔むさず」(英語: a rolling stone gathers no moss)ということわざにも由来していると述べている[8]
  • ZZトップビリー・ギボンズ英語版は、見学で訪れたマディの生家が、ハリケーンで倒壊していたため、その生家の建材を利用したギターを制作し、実際にこれを使用している。
  • ジョニー・ウィンターはマディのカム・バックを応援し、1977年にアルバム『ハード・アゲイン』が発表された。マディはジョニーのことを「義理の息子」と呼ぶぐらい親しい間柄だった。また、ジョニーはマディの晩年の創作活動や生活を支える手助けをしていた。
  • 自身のバンドにギタリストとして参加したいと、売り込みに来た見どころのある若者にチェス・レコードを紹介する。その若者が、後のチャック・ベリーである。後に彼は当時の事をこう回想した。
ある日俺は新車の遠乗りがしたくなって、シカゴに親戚がいるという友達のラルフと2人でシカゴへとドライブしたんだ。

ラルフの親戚の家でご馳走になった後、俺達はシカゴのサウスサイドのブルースの生演奏が聴けるクラブをハシゴしてまわった。 そこでハウリン・ウルフエルモア・ジェームスのステージを観たんだ。
とても感動したし、興奮して聴き入ったよ!

そして、今度は憧れのマディ・ウォーターズが出演するクラブへ行ったんだ!
マディは最後のセットのラストナンバー「ガット・マイ・モジョ・ワーキング英語版」を演奏中だった。 演奏が終わると群がるファンをかきわけ、マディのサインを貰うために突進してくれたラルフのおかげで、俺はマディと口をきくチャンスができた。
大統領か法王にお目通りするような気分だった俺は、曲の素晴らしさを褒めた後、単刀直入に「レコードを作るにはどうすればいいのか?」って聞いてみた。
大勢のファンが声をかけようとひしめく中で、マディは俺の質問に答えてくれたんだ。

レナード・チェス英語版に会ってみろ!そう、47丁目とカテッジの角にあるチェスレコードさ!」

俺に音楽を愛する事を教えてくれた人。
俺の音楽に最も大きな影響を与えた人。

それがブルース界のゴッドファーザー、マディだ!

ディスコグラフィ[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

主なライブ・アルバム[編集]

  • 1960年 At Newport 1960 (Chess)
  • 1969年 Fathers and Sons (Chess)
  • 1971年 Live at Mr. Kelly's (Chess)
  • 1979年 Muddy "Mississippi" Waters – Live (Blue Sky)

主なコンピレーション・アルバム[編集]

  • 1958年 The Best of Muddy Waters (Chess、1948年1954年録音) – シングル曲を集めたものだが、『Sings Big Bill Broozy』以前に発売された実質上のファースト・アルバムである[9]
  • 1966年 The Real Folk Blues (Chess、1947年 – 1964年録音)
  • 1967年 More Real Folk Blues (Chess、1948年 – 1953年録音)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Muddy Waters | Artist”. GRAMMY.com. 2020年12月9日閲覧。
  2. ^ a b Muddy Waters”. Rock & Roll Hall of Fame. 2020年12月9日閲覧。
  3. ^ Gordon, Robert(2002). 「Can't Be Satisfied: The Life and Times of Muddy Waters」 ISBN 0-316-32849-9、3-5頁。
  4. ^ Biography”. Muddy Waters Official. 2020年12月9日閲覧。
  5. ^ 100 Greatest Singers of All Time: Aretha, Elvis, Lennon, Dylan”. Rolling Stone. 2020年12月9日閲覧。
  6. ^ 100 Greatest Artists”. Rolling Stone. 2020年12月9日閲覧。
  7. ^ 100 Greatest Guitarists”. Rolling Stone. 2020年12月9日閲覧。
  8. ^ Browne, David (2017ー09ー08). “The Rolling Stones in Rolling Stone: Anniversary Flashback - Rolling Stone”. Rolling Stone. 2020年12月8日閲覧。
  9. ^ UMe (2017年10月10日). “Muddy Waters' Seminal Debut LP "The Best Of Muddy Waters" To Be Reissued On Vinyl For First Time In 30 Years On November 10 Via Geffen/UMe”. PR Newswire. 2020年12月9日閲覧。