マトラ・シムカ・バゲーラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マトラ・シムカ・バゲーラ
Mk1
Matra Bagheera in Vienna.jpg
Mk2
Matra Bagheera type II.jpg
Matra Bagheera Bianca.jpg
販売期間 1973年-1980年
乗車定員 3人
ボディタイプ 3ドア ハッチバック
エンジン 直4ガソリンOHV 1,442cc 85-90PS
駆動方式 ミッドシップ
変速機 4速MT
サスペンション 前:独立 ダブルウィッシュボーン・縦置トーションバー 後:独立 トレーリングアーム 横置トーションバー
全長 4,010mm(Mk2)
全幅 1,737mm
全高 1,220mm
ホイールベース 2,370mm
後継 タルボ・マトラ・ムレーナ
-自動車のスペック表-

マトラ・シムカ・バゲーラMatra Simca Bagheera )はフランスの自動車メーカー・マトラ社が1973年から1980年まで生産したスポーツカーである。1980年モデルのみ、シムカのブランド名が消滅したためタルボ・マトラ・バゲーラTalbot Matra Bagheera )と呼ばれた。車名の『バゲーラ』は、英国の小説家ラドヤード・キプリングの小説『ジャングル・ブック』に登場するの名前、『バギーラ』に由来すると言われる。

マトラの自動車部門は1969年以来、シムカの傘下にあったが、同社が生産していたユニークな2+2ミッドシップ・スポーツカーのマトラ・M530のエンジンはフォード・タウヌスのV4エンジンで、シムカの親会社・クライスラーのライバルのものであった。このため、シムカFF車のエンジン(M530のものより小型となる)を用いた、より実用的で安価な後継車開発が急がれることとなった。

マーク1(1973年-1976年)[編集]

1973年4月に登場した最初のバゲーラはシムカ・1100TIの1,294ccエンジンを84馬力まで軽くチューンし、その4速ギアボックスとともにミッドシップに配置したスポーツカーであった。このクラスのミッドシップエンジンの普及型スポーツカーは前年にデビューしたフィアット・X1/9に次ぐものであったが、歴史的にシムカとフィアットは関係が深く、バゲーラのベースであるシムカ・1100は、X1/9のベースであるフィアット・128の強い影響を受けている。

しかしさすがは独創的な設計を得意とするマトラらしく、車体はスチールモノコックにFRPの外皮を被せたものであり、座席は横3人掛けというユニークなレイアウトであった。設計途上は第二次世界大戦前のパナール・ディナミークのような中央ステアリングまでも検討されたと言われる。3ドアクーペのボディはこのため全幅1,735mmと当時としては幅が広く、ハッチバックスタイルのためトランクスペースも十分、周囲の視界も良好なものであった。

1975年には1,442cc90PSの高性能版・Sが追加された。なお、発売当初は1,300ccエンジンを縦に2つ並べたU型エンジン2,600cc168馬力モデルの「バゲーラ・U8」も計画されたが、第一次石油危機により開発は中止された。

マーク2(1976年-1980年)[編集]

1976年に大幅なスタイル変更を受けてマーク2に発展した。その後1978年にダッシュボード変更、79年にドアハンドルを常識的なデザインに変更する等の小改良を受けつつ1980年まで生産され、ムレーナに世代交代した。7年間に47,802台が生産された。この間、アンドレ・クレージュがプロデュースした内外とも白ずくめの「バゲーラ・クレージュ」や、逆に黒基調の「バゲーラ・X」などの特別仕様車も作られた。

日本には1960年代末に国際興業が撤退してからシムカの輸入代理店がなかったこと、1,300ccで3ナンバーになるのが当時の税制では非常に不利であったこと、対米輸出が行なわれておらず排気ガス対策が困難であった等の悪条件から正規輸入は行なわれなかった。しかし、当時活躍していた並行輸入業者オートロマンによって、少数ながら並行輸入された。

参考文献[編集]

二玄社 別冊CG「自動車アーカイブ 80年代のフランス車編」