マドゥラ経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

マドゥラ経[1](マドゥラきょう、: Madhura-sutta, マドゥラ・スッタ)とは、パーリ仏典経蔵中部に収録されている第84経。『摩偸羅経』(まちゅうらきょう)[2]とも。

マハーカッチャーナが、マドゥラの王アヴァンティプッタに仏法を説いていく。

構成[編集]

登場人物[編集]

場面設定[編集]

ある時、マハーカッチャーナは、マドゥラのグンダー林に滞在していた。

そこにマドゥラ王アヴァンティプッタが訪れ、世間では婆羅門だけがブラフマン梵天)の子であると言われてることについて問う。

マハーカッチャーナは、権力、財力、悪行、罪、出家などを例に挙げ、階級(カースト)が大して意味が無いものであることを指摘する。

法悦したアヴァンティプッタは、三宝への帰依を誓う。

日本語訳[編集]

  • 『南伝大蔵経・経蔵・中部経典3』(第11巻上) 大蔵出版
  • 『パーリ仏典 中部(マッジマニカーヤ)中分五十経篇II』 片山一良訳 大蔵出版
  • 『原始仏典 中部経典3』(第6巻) 中村元監修 春秋社

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『パーリ仏典』片山
  2. ^ 『南伝大蔵経』、『原始仏典』中村

関連項目[編集]