マドモアゼル通り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マドモアゼル通り
Mademoiselle Avenue
ジャンル テレビドラマ
脚本 才賀明ほか
監督 浅野正雄ほか
出演者 紀比呂子
山田はるみ
木暮実千代
小林幸子
大和田伸也ほか
オープニング 「チマ!チマ!」(宮野涼子、ムーン・ドロップス)
製作
プロデューサー 渡辺毅、矢部章、佐野寿七(YTV)
制作 よみうりテレビ東宝
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1972年12月3日 - 1973年5月27日
放送時間 日曜19:30 - 20:00
放送分 30分
回数 25

マドモアゼル通り』(マドモアゼルどおり 英名表記:Mademoiselle Avenue)は、1972年12月3日から1973年5月27日まで、日本テレビ系列局で、毎週日曜 19時30分 - 20時00分(JST)に放送されたよみうりテレビ東宝制作のテレビドラマである。全25話。

概要[編集]

山梨から上京した少女・三上裕子が「緒方服装デザインスクール」に入学し、様々な困難を乗り越えて、一流のファッションデザイナーを目指す過程を描いた、青春職業ドラマ[1]

主演は『アテンションプリーズ』(TBS系列ほか)などの青春ドラマに主演し、この時期の人気女優だった紀比呂子。また共演者の中には、若き日の小林幸子もいた。

出演者[編集]

サブタイトル[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 演出
1 1972年

12月3日

デザイナー志願! 才賀明 浅野正雄
2 12月10日 チマチマ危機一発! 三木薫
3 12月17日 はじめての宿題 石田勝心
4 12月24日 クリスマス大作戦 浅川清道
5 1973年

1月7日

さらばアイツよ! 才賀明 浅野正雄
6 1月14日 あざやか先生登場! 高馬武久
7 1月21日 君はパンダを見たか?
8 1月28日 やぶられた1ページ 石田勝心
9 2月4日 ふみはずしたワンステップ 三木薫
10 2月11日 帰って来て!麻子
11 2月18日 消えたパンタロン 高馬武久、梢亮太 丸山誠治
12 2月25日 デザイナーへの別れ道 高馬武久
13 3月4日 喝采のあとに 田村多津夫 浅野正雄
14 3月11日 バラ色の罠
15 3月18日 明日に向って泣く
16 3月25日 はるかに遠い星 才賀明 丸山誠治
17 4月1日 富士に誓う
18 4月8日 あの星に挑戦! 田村多津夫
19 4月15日 私だけの城 金谷稔
20 4月22日 影に追われて 山崎晴哉
21 4月29日 成功の甘いかおり
22 5月6日 落ちてゆく星 山野四郎、前輝夫
23 5月13日 新しいライバル 田村多津夫
24 5月20日 栄光への苦しみ 才賀明
25 5月27日 青春のデザイン大賞

スタッフ[編集]

  • 原案 - 三村雅子
  • 脚本 -サブタイトル参照
  • 監督 -サブタイトル参照
  • 撮影技術 - 小泉健一郎
  • 照明 - 下村一夫
  • 録音 - 牛窪秀夫
  • 編集 - 八木戸寛
  • 制作担当 - 大場正弘
  • ユニットマネージャー - 新野悟
  • 美術 - 大塚実
  • 音楽 - 松山祐士
  • プロデューサー - 渡辺毅、矢部章、佐野寿七(YTV)
  • 制作 - 東宝、YTV

放送局[編集]

主題歌[編集]

  • 主題歌「チマ!チマ!」
  • 挿入歌「あいつ」
両曲とも、作詞 - 安井植男 / 作曲 - 渡辺岳夫 / 編曲 - 松山祐士 / 歌 - 宮野涼子、ムーン・ドロップス。
レコードは日本コロムビアから発売された。
2003年5月発売のCD「昭和キッズTVシングルズ Vol.7」(日本コロムビア)に収録されている。

コミカライズ[編集]

大谷てるみによって、「週刊少女コミック」(小学館)に連載された。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『朝日新聞』1972年12月3日付朝刊、24面テレビ欄。本作の紹介記事より。
  2. ^ a b c d e 『河北新報』1972年12月3日 - 1973年5月27日付朝刊、テレビ欄。
  3. ^ 『朝日新聞』1972年12月3日 - 1973年5月27日付朝刊、テレビ欄。
  4. ^ a b 『北國新聞』1973年5月6日付朝刊テレビ欄。
読売テレビ制作・日本テレビ系列 日曜19時台後半枠
【本番組までドラマ枠】
前番組 番組名 次番組
マドモアゼル通り