マドレーヌ (1998年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

マドレーヌ』(Madeline)は、1998年制作のアメリカ映画。 

絵本作家ルドウィッヒ・ベーメルマンス (Ludwig Bemelmans) が出版した絵本『マドレーヌ』(Madeline)シリーズの実写映画版。著者生誕60周年記念作品。日本では劇場未公開で、『マドレーヌ おてんば天使』の題でTV放送された後、ソニー・ピクチャーズから『マドレーヌ』の題でビデオ版がリリースされた。


ストーリー[編集]

パリの寄宿舎に暮らす少女マドレーヌは、12人の女の子の中で一番ちっちゃくて一番勇敢。そんな彼女は幼い頃に両親を亡くし、寄宿舎を家代わりに育ったみなしごだった。ある時、建物の持ち主であるコビントン卿の妻が亡くなり、コビントン卿はそれをきっかけに学校を閉鎖して売り飛ばしてしまおうとする。それを知ったマドレーヌたちはお隣のスペイン大使の息子ペピートの力を借りて阻止しようとするが、却って怒りを買い、こっそり飼っていた野良犬のジェネビーブを捨てられてしまう。親も唯一の居場所である学校も、大切な友達だったジェネビーブすらも失ってしまったマドレーヌは絶望し、ミスクラベルの気遣いで連れてきてもらったサーカスの会場で親友のアギーに自分の帽子を託し、サーカスに弟子入りすると言い残してそのまま姿を消してしまう。

一人ぼっちで会場をさまよっていたマドレーヌは、ペピートの家に出入りしていた自称家庭教師が、ペピートを担ぎ上げてどこかへさらっていこうとする現場を目撃し、助け出そうとするものの自らもつかまってトラックの荷台に閉じ込められてしまった。椅子に縛り付けられたペピートは、会話の中でマドレーヌが両親を亡くしていたことを知り、和解する。そしてトラックの荷台の中にパフォーマンス用のバイクが載せられていることに気づき、曲芸用のナイフで縄を切り、バイクに乗って脱出を図る。誘拐犯との決死のカーチェイスの末、運転を誤ったトラックは湖に突っ込んで停止。ジュネヴィーブとともに駆けつけてきたミスクラベルと無事の再会を果たし、両親との再会を喜び合うペピートを羨ましそうながらも微笑んで見つめていたマドレーヌは、自分の家である寄宿舎へと帰っていく。

喜びに沸き返る中、寄宿舎を買い取る予定のウズベキスタン大使を連れたコビントン卿がやって来る。彼の妻の肖像画について話をしているコビントン卿を見たマドレーヌは、彼が妻との思い出を忘れようとして寄宿舎を手放そうとしていたことを悟るのだった。居場所を失いたくない一心で反抗していた彼女も、今は最愛の伴侶を亡くした彼の悲しみに深く共感を寄せ、大切な人との思い出を捨てないで欲しいと心から訴える。その言葉に心打たれたコビントン卿は全ての判断をウズベキスタン大使に委ね、大使は快く寄宿舎の買取を撤回する。こうして、無事、いつも通りの日常が戻り、子供たちの明るい笑い声が響くのだった

登場人物[編集]

マドレーヌ
パリのツタの絡まる古い寄宿舎に住む女の子。両親の無いみなしごで寄宿舎を家代わりに育った。背は一番小さいが活発で明るく12人の女の子たちの中心的存在。しかしその生い立ちゆえ、愛別離苦をもたらす出来事に大しては人一倍敏感であり、幼心に強い孤独心を秘めている。
ペピート
寄宿舎の隣のスペイン大使館に住む大使夫妻の一人息子。いたずら好きかつ生意気な性格でマドレーヌとは反発しあっているが、マドレーヌの身の上を知って打ち解け、彼女と共に窮地を脱すべく活躍する。
アギー
12人のおんなのこの1人で、マドレーヌの大の親友。仲良しでいつも一緒にいる。アギーは愛称で、本名はアガサ・エミリー・ウォルデン
ヴィッキー
12人の女の子の1人。本名ヴィクトリア。三つ編みのお下げの女の子。常に大人ぶって生意気な性格をしており、マドレーヌとは仲が悪い。
ミス・クラベル
寄宿舎の寮長兼教職員。勘が鋭くなんらかの異変を察知すると真夜中でも飛び起きて子どもたちの元へと駆けつける。学校を閉鎖しようとするコビントン卿と子供たちの対立、そして両親のいない孤独に打ちひしがれるマドレーヌの姿に心を痛めている。
コビントン卿
寄宿舎の経営者兼理事長であるレディ・コビントンの夫。妻の死をきっかけに学校を閉鎖し校舎を売ろうとする。子どもたちからはクックフェイス卿(コバンザメ卿)と呼ばれて嫌われており、学校の売却の件では対立する。
レディ・コビントン
学校の経営者兼理事長。子どもを心から愛する優しい女性だったが病気で亡くなった。死の直前に、盲腸で入院してきたマドレーヌに、若い頃に寄宿舎の寝室に残したとある秘密を教え、そのことが学校を救う大きなきっかけとなった。
エレーヌ
映画オリジナルのキャラクター。寄宿舎に勤める家政婦で、家の掃除や給仕などを引き受けている豪放な太目の女性。得意料理はチキン料理。
マドレーヌのルームメイトたち
ジェネビーブ

データ[編集]

キャスト
スタッフ
  • 製作総指揮:スタンリー・R・ジャッフェ
  • 監督:デイジー・フォン・シェーラ・マイヤー
  • 制作:ソール・クーパー、パンチョ・コーナー
  • 脚本:マーク・レビン、ジェニファー・フラケット
  • 原作:ルドヴィッヒ・ベーメルマンス
  • 音楽:ミシェル・ルグラン
主題歌
  • In Two Starit Lines
作詞/
作曲/
歌:キャリー・サイモン
挿入歌
作詞/作曲:G・ダグラス&ジョージ・デヴィッド・ワイス
歌:ルイ・アームストロング

サウンドトラック[編集]

Madeline Original Soundtrack
発売日/1998年7月7日(日本国内では未発売)
発売元/Sony Wonder (Audio)
トラック タイトル
1 In Two Straight Lines
2 What a Wonderful World
3 Opening Titles
4 Madeline's Theme
5 Something's Not Right
6 Madeline Sneaks Out
7 Pepito's Theme
8 The Idiot's Popopov
9 Genevieve's Rescue
10 The Cuckoo And The Nightingale
11 She Has No Family
12 Finale

関連項目[編集]