マナウス・モノレール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
マナウス・モノレール
Monotrilho de Manaus
Manaus Monorail
基本情報
ブラジルの旗 ブラジル
所在地 アマゾナス州マナウス市
種類 跨座式モノレール
詳細情報
総延長距離 20 km (12 mi)
路線数 1路線
駅数 9駅
保有車両数 SUTRA英語版 10編成(60両)
テンプレートを表示

マナウス・モノレール: Monotrilho de Manaus: Manaus Monorail)は、ブラジル連邦共和国アマゾナス州マナウス市にて建設中の、延長20キロメートルの跨座式モノレールである。

2012年2月に、モノレール建設のために CR Almedia、メンデス・ジュニオール (Mendes Junior)、Serveng およびマレーシア鉄道会社スコミ・レールのコンソーシアムとともに、アマゾナス州のインフラ事務局が契約書に署名した[1]

2011年8月に、当路線には9あり、Largo da Matriz からジョルジュ・テイシェイラ (Jorge Teixeira) までを走行する予定であると発表された。 当モノレールは、1方向につき1時間当たり35,000人の乗客を輸送できるように設計されている。 建設が遅れているにもかかわらず、2014年には完成が予定されている。

スコミ・レールは、6両編成のSUTRA英語版列車10編成および車庫設備だけでなく、軌道分岐器、車両保守、システム統合およびプロジェクト管理を供給する予定である[2]

脚注[編集]

  1. ^ RailwayGazette”. 2015年4月15日閲覧。
  2. ^ The Star”. 2015年4月15日閲覧。