マナフィ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
マナフィ
全国
フィオネ - マナフィ(#490) - ダークライ
シンオウ
パルキア - マナフィ(#151) - ロトム
基礎データ
英語名 Manaphy
進化体系 たねポケモン
進化前 なし
進化後 なし
世代 第4世代
ポケモン学
分類 かいゆうポケモン
タイプ みず
高さ 0.3m
重さ 1.4kg
特性 うるおいボディ
テンプレートを表示

マナフィは、ポケットモンスターシリーズに登場する655種のポケモン(架空の生物)のうちの一種である。

目次

特徴[編集]

クリオネと似た特徴を持つ。全身は水色をしており、目の上には黄色いまつ毛のような模様があるほか、胸元には赤い宝石のような器官を持つ。手はクリオネの足と同様、翼のように長く広がっている。

頭頂部には一対の触手を持ち、先端部の玉は赤く発光する。帰巣本能を持ち、長距離を回遊して自らが生まれた海へ帰る。先天的に、どんなポケモンとも心を通わせることができる、不思議な力が備わっている。

ゲームでのマナフィ[編集]

ダイヤモンド・パール』より登場。通常のプレイでは入手できない幻のポケモンの一種だが、『プラチナ』では全国図鑑入手条件の関係上、通常プレイにおいて「みつける」ことができるようになっている。

全ての能力が平均して高い。自分と相手にかかっている補助効果を入れ替える「ハートスワップ」はマナフィだけが覚える技である。またフィオネと同じくタマゴグループを持つポケモンで、メタモンと一緒に育て屋に預けることで、フィオネのタマゴを発見できる。

幻のポケモンの中でも、入手する機会が非常に多い。以下に、その一例を記述する。

  • ポケモンレンジャー』(1作目)では、『ポケモンレンジャーと蒼海の王子 マナフィ』の前売券に付属した引換券で、マナフィのタマゴを取り戻すミッションを受け取ることができた。このミッションで受け取ったマナフィのタマゴは『ダイヤモンド・パール』へと転送できる。
  • 『ポケモンレンジャーと蒼海の王子マナフィ』のDVDソフトには、初回封入特典として『ダイヤモンド・パール』にマナフィを転送できる引換券が付属した。
  • 2007年に開催されたイベント『ポケモンフェスタ2007パルシティ』では、ワイヤレス通信(ふしぎなおくりもの)で『ダイヤモンド・パール』へ配信された。
  • ポケモンレンジャー バトナージ』では、ニンテンドーWi-Fiコネクション2008年6月15日までと、2008年12月1日から2009年1月15日までで配信されたスペシャルミッション「マナフィのタマゴをほごせよ」をクリアすることで、前作同様マナフィのタマゴを『ダイヤモンド・パール』へ転送できる。
  • ポケモンレンジャー 光の軌跡』では、Wi-Fiコネクションで2010年3月18日から5月17日の間に配信されたスペシャルミッション「でんせつのあおいたまをまもれ!」をクリアすることで、前2作同様にマナフィのタマゴを『ダイヤモンド・パール・プラチナ』、『ハートゴールド・ソウルシルバー』へ転送できる。
  • ポケモンだいすきクラブの会員の中から抽選でマナフィがプレゼントされるキャンペーンがあった。
  • 2010年8月14日から9月12日までの間に、Wi-Fiコネクション(ふしぎなおくりもの)で『ダイヤモンド・パール・プラチナ』、『ハートゴールド・ソウルシルバー』に配信された。

外伝作品でのマナフィ[編集]

ポケモン不思議のダンジョン 時の探検隊・闇の探検隊』および『空の探検隊』では、エンディング後に行けるダンジョンでタマゴを入手する。タマゴから孵ったマナフィは主人公たちの世話を受けしばらくの間生活を共にすることになる。訳あって一旦主人公たちと別れるものの、のちに成長した姿で帰ってきて、仲間にすることができる。

大乱闘スマッシュブラザーズX』ではモンスターボールから出現するポケモンとして登場。「ハートスワップ」を放ち、2体のキャラの体を入れ替える。声優は日本版では『ポケモンレンジャーと蒼海の王子マナフィ』と同じく白鳥由里。海外版ではMichele Knotz

アニメでのマナフィ[編集]

ダイヤモンド&パール』のOP(Together・Together2008)にタマンタブイゼルと共に登場していた。

映画でのマナフィ[編集]

2006年公開の映画『ポケモンレンジャーと蒼海の王子 マナフィ』に登場。作中に登場する海底神殿、アクーシャへの道のりを本能的に知っている。タマゴから孵って最初に目にしたハルカを母親と思い込む。「ハートスワップ」により人やポケモンの心を一時的に入れ替える力を持つ。声優白鳥由里

ポケモンカードでのマナフィ[編集]

水タイプのたねポケモン。映画公開に合わせて発売されたVSパックを初めとして、プロモーションカードなどにおいて「蒼海のマナフィ」として登場している。通常の「マナフィ」としての初登場はポケモンカードDP拡張パック「時空の創造 ダイヤモンドコレクション」「時空の創造 パールコレクション」。

漫画でのマナフィ[編集]

ポケットモンスターSPECIAL』では第6章で一度だけシルエットが登場し、第8章のエピローグでタマゴが登場し、育て屋で孵っていた。

関連項目[編集]