マニアック (2012年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マニアック
Maniac
監督 フランク・カルフンフランス語版
脚本 アレクサンドル・アジャ
グレゴリー・ルヴァスール
C・A・ローゼンバーグ
原作 ジョー・スピネル
(オリジナル脚本)
製作 アレクサンドル・アジャ
トマ・ラングマン
ウィリアム・ラスティグ
製作総指揮 アントワーヌ・ドゥ・カゾット
ダニエル・ドゥリューム
アンドリュー・W・ガローニ
パヴリナ・ハトゥピス
アリックス・テイラー
出演者 イライジャ・ウッド
ノラ・アルネゼデール
音楽 ロブ
撮影 マキシム・アレクサンドル
編集 バクスター
製作会社 La Petite Reine
Studio 37
Canal+
Ciné+
Blue Underground
配給 フランスの旗 ワーナー・ブラザース
アメリカ合衆国の旗 IFC Films
日本の旗 コムストック・グループ
公開 フランスの旗 2013年1月2日
日本の旗 2013年6月1日
アメリカ合衆国の旗 2013年6月21日
上映時間 89分
製作国 フランスの旗 フランス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $6,000,000[1]
興行収入 世界の旗 $2,631,275[2]
テンプレートを表示

マニアック』(Maniac)は、2012年フランスアメリカ合衆国スプラッター映画。監督はフランク・カルフンフランス語版、出演はイライジャ・ウッドノラ・アルネゼデールなど。1980年同名映画リメイク

2012年5月に開催された第65回カンヌ国際映画祭で初上映された。

ストーリー[編集]

ロサンゼルスマネキンの修復師をしているフランクには、ある秘密があった。彼は幼い頃のトラウマからマネキンしか愛することができず、夜な夜な街に出て若い女性を殺害し、その頭皮を剥いでマネキンに被せるといった異常者だったのだ。そんな彼の作品に目をつけたカメラマンのアンナは、個展の題材に選び、彼と共に準備を進めていく。自分の作品を評価してくれる彼女に対し、次第に惹かれていくフランクだったが、隠していた本性が明らかになってしまう。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

  • フランク: イライジャ・ウッド浪川大輔) - マネキン修復師。
  • アンナ: ノラ・アルネゼデール東條加那子) - カメラマン。
  • リタ: ジャン・ブロバーグ英語版 - アンナのエージェント。
  • ジュディ: リアーヌ・バラバン英語版
  • フランクの母: アメリカ・オリーヴォ
  • マーティン・ヌニェス: ジョシュア・デ・ラ・ガルザ - アンナの隣人。役者。
  • ジェナ: モルガンヌ・スランプ
  • 警察長: サル・ランディ
  • ジェシカ: ジュヌヴィエーヴ・アレクサンドラ
  • ジェイソン: サミ・ロティビ
  • ルーシー: ミーガン・ダフィ英語版 - フランクが出会い系サイトで知り合った女性。

作品の評価[編集]

Rotten Tomatoesによれば、73件の評論のうち52%にあたる38件が高く評価しており、平均して10点満点中5.08点を得ている[3]Metacriticによれば、18件の評論のうち、高評価は5件、賛否混在は9件、低評価は4件で、平均して100点満点中47点を得ている[4]

出典[編集]

  1. ^ Maniac” (フランス語). AlloCiné. 2014年9月1日閲覧。
  2. ^ Maniac” (英語). Box Office Mojo. 2019年11月12日閲覧。
  3. ^ Maniac (2013)” (英語). Rotten Tomatoes. 2019年11月12日閲覧。
  4. ^ Maniac (2013) Reviews” (英語). Metacritic. 2019年11月12日閲覧。

関連項目[編集]