マニュエル・ルグリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
お別れ公演当日のルグリ。2009年5月15日、パリ・オペラ座にて。

マニュエル・ルグリManuel Legris, 1964年10月19日[1] - ) は、フランスパリ出身のバレエダンサーオペラ座エトワールを23年務めた。2010年9月よりウィーン国立歌劇場バレエ団芸術監督。

優れた音楽性に加えて、踊りについての天性の能力があるといわれ[注 1]バレリーナのサポート役としても抜群との評価がある。

経歴[編集]

8歳で地元のバレエ教師、Y・グーベにバレエを習い始める[2]1976年、11歳でオペラ座付属バレエ学校に入学。

1980年、16歳でオペラ座のコール・ド・バレエとなり、翌81年コリフェ、1982年スジェに昇進する。1986年7月、巡演先のニューヨーク・メトロポリタン歌劇場で、 ルドルフ・ヌレエフ振付『ライモンダ』 の主役ジャン・ド・ブリエンヌを踊った後、当時同バレエ団の芸術監督であったヌレエフの意向により、第一舞踊手(プルミエ・ダンスール)を経ずにエトワールに任命された。このとき21歳。

ルグリのエトワール昇格は、広範な才能を持ち、多彩なレパートリーを生み出し続ける新しいスターの誕生を世に知らしめるものであった[3] 。ルグリは、その本来の持ち味である完璧なテクニック[3]と表現力の豊かさ[3]に加えて、卓越したパートナー[4]、古典にも現代作品にも等しく精通した完成型のダンサー[5]、としての地歩も築き上げていった。それゆえ、ウィリアム・フォーサイスジョン・ノイマイヤーイリ・キリアンジェローム・ロビンズといった、世界の第一線のコリオグラファー達も彼を起用し続けた。すなわち、ルグリはオペラ座における殆どのレパートリーや新作に参加したのである。

その名声は早くから国外にも知られ、ロイヤル・バレエニューヨーク・シティ・バレエ、キューバ国立バレエ、東京バレエ団モンテカルロ・バレエ、シュツットガルト・バレエ、ハンブルク・バレエなどに客演した。ハンブルクでは、ノイマイヤーが彼のために振付けた『スプリング・アンド・フォール』、『シンデレラ』に出演している。

また、終身客演ダンサー(the permanent guest dancer)として[3]ミラノ・スカラ座バレエ、メトロポリタン歌劇場バレエ、ウィーン国立歌劇場バレエ、ボリショイ・バレエなどにも出演した他、近年ではマリインスキー・バレエでも数回踊っている。

オペラ座のエトワール以外でも、イヴリン・ハート、ドミニク・カルフーニ、アレッサンドラ・フェリ、ロルナ・フェイホ、ディアナ・ヴィシニョーワといった、世界の著名なバレリーナとも共演している。

また、「マニュエル・ルグリと仲間たち」と銘打って、仲の良いダンサー達と世界各地で公演を行っていた。このコンセプトは、1996年にモニク・ルディエールとのコラボレーションによって生まれたものである。若いダンサーに、まだオペラ座では経験の無いソロを踊ることを許したり、著名なコリオグラファーの指導を受ける機会を与えたりして、彼らに経験を積ませることを狙いとしていた。

2003年には、ローラン・プティ振付『カルメン』のヴァリエーション、モーリス・ベジャール振付『四重奏のフレーズ』を初演。また同年、ベジャールはルグリとローラン・イレールの主演で『さすらう若者の歌』を再演し、以後も彼らに例外的に同作品を踊ることを許した。

2004年は、2月にオペラ座でイリ・キリアン振付『扉は必ず・・・』をオーレリー・デュポンを相手役に初演。また、同年夏にモニク・ルディエール、ローラン・イレールをスペシャルゲストに迎えた日本ツアーは大成功をおさめた。12月には、トリシャ・ブラウンがルグリ、デュポン、ニコラ・ル・リッシュのために書き下ろした『オ・ズロゾニ/オ・コンポジト』をオペラ座で初演した。

2005年12月、シュツットガルト・バレエはルグリにマリア・アイシュヴァルトをパートナーに、『オネーギン』のタイトルロールを踊ることを依頼。ルグリは、翌2006年1月のシュツットガルトでの公演の他、同バレエ団の日本ツアーにも参加した。

2007年2月、レジオンドヌール勲章シュヴァリエ章)を授与された[6]。同年11月には、オペラ座で愛弟子であるドロテ・ジルベールをパートナーに、『くるみ割り人形』を上演。なおこの公演は、オペラ座スタッフのストライキのため、衣装もセットも無い異例の状況下で行われた。公演終了後、ジルベールはエトワールに任命された。

2009年5月15日、オペラ座で上演された『オネーギン』を最後に、オペラ座エトワールを引退。同公演には、クレールマリ・オスタ、マチアス・エイマン、ミリアム・ウード=ブラムらが共演した。また客席には、多くのエトワールの他、元オペラ座バレエ学校校長のクロード・ベッシーやコリオグラファーのピエール・ラコット、フランス文化相クリスティーヌ・アルバネル[7]などの姿もあった。公演終了後、ルグリは全観衆から1時間半にわたってスタンディング・オベーションを受けた[8]。またこの時、芸術文化勲章(コマンドゥール)も授けられた[9]

2010年9月にウィーン国立歌劇場バレエ団芸術監督に就任。同バレエ団では、ヌレエフ振付『ドン・キホーテ』、『オネーギン』や、ジェローム・ロビンズに捧げられた『トリプル・ビル』などを上演している。

2015年7月に、「マニュエル・ルグリとウィーン国立バレエ団ダンサー 沖縄限定プレミアム公演」[10]と称してウィーン国立バレエ団からダンサー18名を引連れガラ公演を行った。会場を埋めた観客は演目ごとに大きな拍手を送り称賛し、[11]スタンディング・オベーションで公演を終えた。[12]

2019年3月に、「マニュエル・ルグリ Stars in Blue~Ballet & Music~」を開催予定。パトリック・ド・バナに特別委嘱したルグリとオルガ・スミルノワの世界初共演の公開となる。[13]

受賞[編集]

  • 1988年、2000年 - ニジンスキー賞
  • 1998年 - ブノワ賞

叙勲[編集]

レパートリー[編集]

フィルモグラフィー[編集]

  • ロミオとジュリエット(ルドルフ・ヌレエフ振付)
  • 薔薇の精(ミハイル・フォーキン振付)
  • ノートルダム・ド・パリ(ローラン・プティ振付)
  • アルルの女(ローラン・プティ振付)
  • 眠れる森の美女(ルドルフ・ヌレエフ振付)
  • ドン・キホーテ(ルドルフ・ヌレエフ振付)
  • シルヴィア(ジョン・ノイマイヤー振付)
  • プルースト 失われたときを求めて(ローラン・プティ振付)

テレビ出演[編集]

関連文献[編集]

書籍・雑誌[編集]

  • NHKスーパーバレエレッスン―パリ・オペラ座永遠のエレガンス (NHKシリーズ) 大型本(2006年11月1日、日本放送出版協会、菊倍版出版)
  • マニュエル・ルグリ パリ・オペラ座バレエへの招待状(2007年12月19日、CCCメディアハウス出版)
  • パリ・オペラ座のマニュエル・ルグリ(2009年8月、新書館出版)

写真集[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 公演で相方を務めたE・プラテルによる評。ただし、「全力を出すので、時に誰もついて行けなくなるのが玉に瑕」 とも。出典^2参照。

出典[編集]

公式サイト[編集]