マニー・モタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はモタ第二姓(母方の)はジェロニモです。
マニー・モタ
Manny Mota
Manny Mota.jpg
2012年6月5日
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
出身地 サントドミンゴ
生年月日 (1938-02-18) 1938年2月18日(81歳)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
165 lb =約74.8 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1957年 ニューヨーク・ジャイアンツと契約
初出場 1962年4月16日
最終出場 1982年9月1日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • ロサンゼルス・ドジャース (1980 - 2013)

マニュエル・ラファエル・モタ・ジェロニモManuel Rafael Mota Geronimo, 1938年2月18日 - )は、ドミニカ共和国サントドミンゴ出身の元プロ野球選手外野手)。右投右打。

息子のホセ・モタ英語版アンディ・モタ英語版も元メジャーリーガーである[1]

経歴[編集]

プロ入りからジャイアンツ時代[編集]

1957年2月21日にニューヨーク・ジャイアンツ(現在のサンフランシスコ・ジャイアンツ)と契約してプロ入り。この年はD級ミッドウェストリーグミシガンシティ・ホワイトキャップス英語版で126試合に出場し、打率.314を記録した。

1958年はB級カロライナリーグダンビル・リーフス英語版に昇格し、103試合に出場し打率.301を記録した。

1959年は当初A級イースタンリーグスプリングフィールド・ジャイアンツ英語版で出場していたが、途中からAAA級パシフィック・コーストリーグフェニックス・ジャイアンツ英語版に昇格した。通算86試合に出場し、打率.304を記録した。

1960年はAA級テキサスリーグリオ・グランデ・バレー・ジャイアンツ英語版で141試合に出場し、打率.307を記録した。

1961年はAAA級パシフィック・コーストリーグのタコマ・レイニアーズで142試合に出場し、打率.289を記録した。

1962年シーズン開始後はAA級テキサスリーグのエルパソ・ディアブロスで出場していたが、4月16日のロサンゼルス・ドジャース戦でメジャーに昇格し、初打席ではセンターフライに倒れた。4月21日のシンシナティ・レッズ戦でジム・ブロスナン英語版で初安打初打点を記録した。47試合に出場し、74打数で13安打で打率.176を残した。11月30日にジョーイ・アマルフィターノ英語版とのトレードでディック・ラメイ英語版と共にヒューストン・コルト45'sへ移籍した。

コルト45's時代[編集]

コルト45'sの公式試合に出場する前の、1963年4月4日にハウイー・ゴス英語版と金銭とのトレードでピッツバーグ・パイレーツに移籍した。

パイレーツ時代[編集]

ピッツバーグ・パイレーツ時代
(1965年)

パイレーツに移籍してからは、すぐに安打製造機として活躍を始める。右翼手ロベルト・クレメンテは不動のため、左翼手中堅手での出場が多かった。6年間パイレーツに在籍したが、打率は.297を残した。

1964年5月26日のフィラデルフィア・フィリーズ戦ではクリス・ショート英語版からメジャー初本塁打を放った。

エクスポズ時代[編集]

1968年オフにはエクスパンションドラフトモントリオール・エクスポズ(現在のワシントン・ナショナルズ)から指名され、移籍。

1969年シーズンは31試合に出場し、打率.315を記録した。

ドジャース時代[編集]

1969年6月11日にロン・フェアリー英語版ポール・ポポビッチ英語版とのトレードで、モーリー・ウィルスと共にロサンゼルス・ドジャースへ移籍した[2]。このシーズンから5シーズンにわたり、打率.300超えの最高の代打として頭角を現していく。

1970年5月16日にメジャーの歴史の中で初めて打球が原因で死亡する事故が起こるが、その打球を放ったのがモタだった[3]ドジャー・スタジアムで行われたジャイアンツ戦の3回裏に、ゲイロード・ペリーから一塁線を沿うファールを打った。その打球が14歳のアラン・フィッシュの左こめかみを直撃した。4日後、手術不可能な頭の怪我でこの世を去った[4]

1973年には当時リーグ最高の打率を記録していたためオールスターに選出された。守備面の不安から1974年以降は代打に専念したが、実働20年で史上3位[5]の150本の代打安打を放っている。

1980年からはドジャースの打撃コーチとなったが、1980年には7試合、1982年には1試合にコーチ登録ながら公式戦に出場している。

引退後[編集]

1990年からは打撃の肩書はなくなったが、以後2013年までコーチを務めた。また、その間母国ドミニカン・ウィンターリーグでも指揮を執った[1]

2014年からはスポーツネットLA英語版でドジャース戦のスペイン語実況を担当する。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1962 SF 47 84 74 9 13 1 0 0 14 9 3 2 1 1 7 0 1 8 3 .176 .253 .189 .442
1963 PIT 59 134 126 20 34 2 3 0 42 7 0 2 0 0 7 0 1 18 3 .270 .313 .333 .647
1964 115 296 271 43 75 8 3 5 104 32 4 1 11 1 10 0 3 31 5 .277 .309 .384 .693
1965 121 326 294 47 82 7 6 4 113 29 2 2 5 3 22 0 2 32 6 .279 .330 .384 .715
1966 116 359 322 54 107 16 7 5 152 46 7 7 4 4 25 1 4 28 7 .332 .383 .472 .855
1967 120 378 349 53 112 14 8 4 154 56 3 2 5 8 14 2 2 46 8 .321 .343 .441 .784
1968 111 366 331 35 93 10 2 1 110 33 4 2 10 4 20 4 1 19 7 .281 .320 .332 .653
1969 MON 31 97 89 6 28 1 1 0 31 0 1 3 2 0 6 0 0 11 3 .315 .358 .348 .706
LAD 85 336 294 35 95 6 4 3 118 30 5 4 12 3 26 1 1 25 6 .323 .377 .401 .778
'69計 116 433 383 41 123 7 5 3 149 30 6 7 14 3 32 1 1 36 9 .321 .372 .389 .761
1970 124 481 417 63 127 12 6 3 160 37 11 6 12 2 47 4 3 37 13 .305 .377 .384 .761
1971 91 300 269 24 84 13 5 0 107 34 4 3 9 1 20 5 1 20 9 .312 .361 .398 .759
1972 118 410 371 57 120 16 5 5 161 48 4 4 5 2 27 6 5 15 10 .323 .375 .434 .809
1973 89 327 293 33 92 11 2 0 107 23 1 3 6 2 25 9 1 12 11 .314 .368 .365 .733
1974 66 72 57 5 16 2 0 0 18 16 0 0 5 4 5 4 1 4 0 .281 .328 .316 .644
1975 52 59 49 3 13 1 0 0 14 10 0 0 3 0 5 0 2 1 3 .265 .357 .286 .643
1976 50 60 52 1 15 3 0 0 18 13 0 0 0 1 7 3 0 5 1 .288 .367 .346 .713
1977 49 50 38 5 15 1 0 1 19 4 1 1 2 0 10 3 0 0 1 .395 .521 .500 1.021
1978 37 37 33 2 10 1 0 0 11 6 0 0 1 0 3 1 0 4 0 .303 .361 .333 .694
1979 47 47 42 1 15 0 0 0 15 3 0 0 2 0 3 0 0 4 2 .357 .400 .357 .757
1980 7 7 7 0 3 0 0 0 3 2 0 0 0 0 0 0 0 0 1 .429 .429 .429 .857
1982 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
MLB:20年 1536 4227 3779 496 1149 125 52 31 1471 438 50 42 95 36 289 43 28 320 99 .304 .355 .389 .744

年度別守備成績[編集]



捕手(C) 二塁(2B) 三塁(3B) 中堅(CF) 左翼(LF) 右翼(RF)


















































































1962 SF - 3 5 3 0 0 1.000 7 9 12 2 2 .913 3 2 1 0 0 1.000 22 20 1 0 0 1.000 4 3 1 0 0 1.000
1963 PIT - 1 0 0 0 0 ---- - 2 2 0 2 0 .500 35 35 0 0 0 1.000 2 1 1 0 0 1.000
1964 1 2 0 0 0 1.000 2 0 0 0 ---- 1 0 1 0 0 1.000 - 50 83 4 3 1 .967 56 23 0 2 0 .920 7 11 0 0 0 1.000
1965 - - - 60 83 5 1 1 .989 35 15 0 1 0 .938 15 16 0 0 0 1.000
1966 - - 4 2 1 0 0 1.000 52 95 1 1 0 .990 47 40 2 0 0 1.000 12 13 0 0 0 1.000
1967 - - 2 3 5 0 1 1.000 49 78 3 1 1 .988 47 45 5 1 1 .980 14 19 1 0 0 1.000
1968 - 1 1 3 0 1 1.000 1 0 0 0 0 ---- 31 57 1 1 0 .983 50 50 2 1 1 .981 22 32 2 1 0 .971
1969 MON - - - 17 30 0 4 0 .882 1 0 0 0 0 ---- 5 11 0 0 0 1.000
LAD - - - 4 6 1 0 0 1.000 73 105 7 4 2 .966 11 5 0 0 0 1.000
'69計 - - - 21 36 1 4 0 .902 74 105 7 4 2 .966 16 16 0 0 0 1.000
1970 - - 1 0 1 0 0 1.000 1 1 0 0 0 1.000 108 165 8 5 3 .972 5 5 0 0 0 1.000
1971 - - - - 63 84 2 4 1 .956 23 27 1 0 0 1.000
1972 - - - 2 1 0 0 0 1.000 98 138 3 1 1 .993 -
1973 - - - - 74 95 4 0 0 1.000 -
1974 - - - - 3 1 0 0 0 1.000 -
1975 - - - - 6 9 0 0 0 1.000 -
1976 - - - - 6 11 1 0 0 1.000 -
1977 - - - - 1 1 0 0 0 1.000 -
1979 - - - - 1 0 0 0 0 ---- -
MLB 1 2 0 0 0 1.000 2 0 0 0 ---- 6 6 7 0 1 1.000 15 14 19 2 3 .943 271 438 16 13 3 .972 726 837 35 19 9 .979 120 143 6 1 0 .993
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

背番号[編集]

  • 38(1962年)
  • 15(1963年 - 1969年途中)
  • 11(1969年途中 - 2013年)

脚注[編集]

  1. ^ a b 出野哲也『改訂新版 メジャー・リーグ人名事典』言視社、2013年、621頁。ISBN 978-4-905369-67-7。
  2. ^ Dodgers finally bring Wills back home
  3. ^ Life in Jeopardy as Broken Bat Hits Boston Fan”. 2015年6月7日閲覧。
  4. ^ Hoffarth, Tom. “40 years ago today: A death at Dodger Stadium, and still the only one of its kind at an MLB game”. 2012年4月6日閲覧。
  5. ^ 2001年にレニー・ハリス(当時ニューヨーク・メッツ)が更新するまでは1位だった。

関連項目[編集]