マヌエル・アナトル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はアナトル第二姓(母方の)はアリステギです。
マヌエル・アナトル Football pictogram.svg
Manuel Anatol.JPG
名前
本名 Manuel Anatol Aristegi
ラテン文字 Manuel Anatol
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン フランスの旗 フランス
生年月日 (1903-05-08) 1903年5月8日
出身地 スペインの旗 ギプスコア県イルン
没年月日 1990年5月17日(1990-05-17)(87歳)
選手情報
ポジション DF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1922-1926 レアル・ウニオン
1926-1928 アスレティック・ビルバオ
1928-1929 マドリードCF
1929-1935 ラシン・クラブ・ド・パリ
1928-1929 SOモンペリエ
1929-1935 ラシン・クラブ・ド・パリ
代表歴
1929-1934 フランスの旗 フランス 16 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

マヌエル・アナトルスペイン語: Manuel Anatol, 1903年5月8日 - 1990年5月17日)は、スペインイルン出身のサッカー選手。フランスに帰化してフランス代表としてプレーした。

経歴[編集]

1924年のコパ決勝におけるレアル・ウニオンの選手

バスク地方ギプスコア県イルンに生まれ、地元のレアル・ウニオンでは1924年にコパ・デ・ス・マヘスタッ・エル・レイ・アルフォンソ13(現・コパ・デル・レイ)で優勝した。その後はアスレティック・ビルバオとマドリードCF(現・レアル・マドリード)でもプレーした[1]。1929年にはフランスに渡ってラシン・クラブ・ド・パリに加入[2]。ラシン・クラブではキャプテンを務め、2年目の1930年にはクープ・ドゥ・フランスで決勝に進出してクラブ初タイトルに手を掛けたが、FCセト34に1-3で敗れている[3]

1929年にはフランスに帰化し、同年3月24日のポルトガル戦でフランス代表デビューした[4]。フランス代表としては計16試合に出場し、1930年3月23日のスイス戦で唯一の得点を決めた。40mの距離から放ったロングシュートだった[5]

タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Cazal, Pierre (1998). L'intégrale De L'équipe De France De Football. p. 397. ISBN 978-2-87691-437-7. 
  2. ^ Gilles Gauthey, Le football professionnel français, Paris, 1961, p.18. Éditée et diffusée par l'auteur. OCLC 41613347
  3. ^ Finale le 27/04/1930, Colombes (Yves du Manoir)” (French). フランスサッカー連盟. 2012年10月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年1月22日閲覧。
  4. ^ 24/03/1929 Equipe de France A – Amical” (French). フランスサッカー連盟. 2011年1月22日閲覧。
  5. ^ 23/03/1930 Equipe de France A – Amical” (French). フランスサッカー連盟. 2011年1月22日閲覧。