マヌエル・アルベルト・クラロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マヌエル・アルベルト・クラロ
Manuel Alberto Claro
生年月日 (1970-04-03) 1970年4月3日(49歳)
出生地  チリ サンティアゴ
国籍  デンマーク
職業 撮影監督
ジャンル 映画テレビドラマ
テンプレートを表示

マヌエル・アルベルト・クラロ(Manuel Alberto Claro、1970年4月3日 - )は、チリ生まれのデンマーク撮影監督である[1]

経歴[編集]

1970年4月3日、チリサンティアゴに生まれる[2]。1974年、家族とともにデンマークへ渡った[3]ヨーロッパ・デザイン学院とデンマーク国立映画学校で学んだ[2]。『メランコリア』や『ニンフォマニアック』、『ハウス・ジャック・ビルト』などの撮影を手がけている[4]

フィルモグラフィー[編集]

長編映画[編集]

受賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Blair, Ian (2012年2月13日). “Claro: Finds beauty in the apocalypse”. Variety. 2019年9月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月7日閲覧。
  2. ^ a b Manuel Alberto Claro”. Danish Film Institute. 2019年4月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月7日閲覧。
  3. ^ Honour to von Trier Cinematographer”. Danish Film Institute (2014年2月12日). 2019年4月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月7日閲覧。
  4. ^ Talu, Yonca (2019年1月22日). “Interview: Manuel Alberto Claro”. Film Comment. 2019年9月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月7日閲覧。
  5. ^ Roxborough, Scott (2011年12月3日). “Lars Von Trier's 'Melancholia' Wins Best Film at European Film Awards”. The Hollywood Reporter. 2014年9月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月7日閲覧。