マネキン (FLOWER FLOWERの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
マネキン
FLOWER FLOWERシングル
B面 ドラマ
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
時間
レーベル gr8!records
作詞・作曲 yui、FLOWER FLOWER
チャート最高順位
FLOWER FLOWER シングル 年表
宝物
2016年
マネキン
2017年
はなうた
2020年
ミュージックビデオ
FLOWER FLOWER 『マネキン』Short Ver. - YouTube
テンプレートを表示

マネキン」は、日本ロックバンドFLOWER FLOWERの楽曲。同バンド2枚目のシングルとして2017年8月2日ソニー・ミュージックレーベルズの内部レーベルであるソニー・ミュージックレコーズのロック部門レーベル・gr8!recordsからCDがリリースされた。

解説[編集]

前作「宝物」から約11か月ぶりのリリースとなるシングル。2017年6月に約3年半ぶりとなるライブで初披露された表題曲「マネキン」とカップリング曲「ドラマ」の2曲を収録[1][2]。表題曲「マネキン」には、バンドとしては初となるメンバー出演のミュージック・ビデオが制作された[2]

シングルは初回生産限定盤と通常盤の2形態でのリリースとなる。初回限定盤はCD2枚組仕様で、2013年10月に東京・渋谷 CLUB QUATTROで開催された自主企画「インコの群れ」東京公演のライブ音源が収められる[1]

収録曲[編集]

曲解説[編集]

  1. マネキン
    けだるい雰囲気の中に、今を斬る鋭いメッセージのこもった曲。
  2. ドラマ
    マネキンとは対極的ともいえるFLOWER FLOWERの大人な一面が垣間見られる曲。

収録内容[編集]

Disc1: CD
全作詞: yui、全編曲: FLOWER FLOWER。
#タイトル作詞作曲時間
1.「マネキン」yuiyui
2.「ドラマ」yuiFLOWER FLOWER
合計時間:
Disc2: CD(初回生産限定盤のみ)
#タイトル作詞作曲・編曲
1.「神様 Live at SHIBUYA CLUB QUATTRO」  
2.「素晴らしい世界 Live at SHIBUYA CLUB QUATTRO」  
3.「バイバイ Live at SHIBUYA CLUB QUATTRO」  

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b FLOWER FLOWERが2ndシングル発売、初回盤にはライブ音源も”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2017年7月1日). 2018年8月13日閲覧。
  2. ^ a b FLOWER FLOWER、初のメンバー出演による「マネキン」MV公開”. BARKS (2017年8月2日). 2018年8月13日閲覧。