マネーフォワード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社マネーフォワード
Money Forward, Inc.
種類 株式会社
市場情報
東証マザーズ 3994
2017年9月29日上場
本社所在地 日本の旗 日本
108-0014
東京都港区芝浦三丁目1番21号
msb Tamachi 田町ステーションタワーS 21階
設立 2012年5月18日
業種 日本の情報・通信業
法人番号 6011101063359
事業内容 個人向け家計簿アプリ『マネーフォワードME』と法人向けの『MFクラウド』シリーズが2本柱 時価総額順位 24/184社
代表者 代表取締役社長 CEO 辻庸介
資本金 86億6000万円(2018年11月期)
売上高 45億9400万円(2018年11月期)
営業利益 -7億9600万円(2018年11月期)
経常利益 -8億2400万円(2018年11月期)
総資産 86億6000万円(2018年11月期)
従業員数 連394名 単304名(2018年9月末連結)(33.2歳)[年]611万円
決算期 11月30日
主要株主 辻庸介 17.3%
浅野千尋 6.4%
市川貴志 6.0%
クレディセゾン 4.1%(2018年11月末)
主要子会社 PFMサービス,マネーフォワードクラウドサービス
外部リンク https://corp.moneyforward.com/
テンプレートを表示

マネーフォワードは、個人向けサービスとして資産管理・家計管理ツール「マネーフォワード ME」を提供している。そのほかにも自動貯金アプリの「しらたま」、個人向け経済メディアの「MONEY PLUS」を運営している日本株式会社

「お金を前へ。人生をもっと前へ。」をビジョンに 「新しい金融サービス、世界最高のお金に関するインターネットサービスを創る」ことを目指している。

法人・個人事業主向けサービスとしてはマネーフォワード クラウドシリーズとして、「クラウド会計」「クラウド請求書」「クラウド給与」「クラウド経費」など事業者向けSaaS型サービスプラットフォームを提供している。

沿革[編集]

  • 2012年
    • 5月 - 東京都新宿区高田馬場においてマネーブック株式会社設立。
    • 12月 - 株式会社マネーフォワードに商号変更。
  • 2013年
    • 3月 - 東京都渋谷区恵比寿に本社移転。
    • 11月 - 『マネーフォワード クラウド会計・確定申告』リリース
    • 12月 - お金のウェブメディア『マネトク』(現くらしの経済メディア『MONEY PLUS』)リリース
  • 2014年
    • 2月 - 東京都港区三田に本社移転
    • 5月 - 『マネーフォワード クラウド請求書』リリース
  • 2015年
    • 3月 - 『マネーフォワード クラウド給与』リリース
    • 5月 - 東京都港区に本社移転
    • 10月 - Fintechに関する調査・分析を行うマネーフォワードFintech研究所を設立 / 『マネーフォワード クラウドマイナンバー』リリース
    • 11月 - 金融機関利用者向け『マネーフォワード』(マネーフォワードfor◯◯)リリース
  • 2016年
    • 1月 - 『マネーフォワード クラウド経費』リリース
    • 6月 - 「マネーフォワード クラウド地方創生プロジェクト」を始動
    • 9月 - 中小企業へのITサービス普及をめざす一般社団法人BusinessIT推進協会を設立
    • 11月 - レオパレス21と業務提携を行うことを発表。レオパレス21が運営する賃貸物件のオーナー向けにクラウド型確定申告サービス「MFクラウド確定申告 for レオパレス21」を提供する[1][2]
    • 12月 - 100%子会社として、株式会社 MF Alpha Lab(現・マネーフォワードファイン株式会社、現・連結子会社)を設立
  • 2017年
    • 1月 - 『マネーフォワード クラウドファイナンス』に商品掲載開始
    • 3月 - 100%子会社として、MF KESSAI株式会社(現・連結子会社)を設立
    • 4月 - 100%子会社として、MF HOSHO株式会社(現・連結孫会社)を設立
    • 6月 - MF KESSAIのサービス提供開始[3]
    • 9月 - 東京証券取引所マザーズ市場へ上場 / 『しらたま』リリース[4]
  • 2018年
    • 6月 - 東京都港区芝浦に本社移転

関連企業[編集]

  • MF KESSAI

関連書籍[編集]

  • 辻庸介、瀧俊雄『FinTech入門』(2016年4月15日発売・日経BP社)ISBN 978-4822251512
  • 株式会社マネーフォワード、税理士法人アクセス 『はじめてのクラウド確定申告 : MFクラウド公式ガイド』(2014年12月16日発売・翔泳社)ISBN 978-4798140049
  • 株式会社マネーフォワード、税理士法人アクセス『確定申告を簡単に自動化してラクする本 2017年版』(2016年12月8日発売・翔泳社)ISBN 978-4798149417
  • トリプルグッドグループ、株式会社マネーフォワード 『マイナンバーの実務が安心・安全・簡単にスイスイできる本』(2016年1月28日発売・翔泳社)ISBN 978-4798144382

脚注[編集]

  1. ^ “レオパレス21、マネーフォワードと業務提携” (プレスリリース), レオパレス21, (2016年11月30日), https://www.leopalace21.co.jp/news/2016/1130_1396.html 2018年12月20日閲覧。 
  2. ^ 古川達也、高橋ちさ (2017年5月18日). “外出先からスマホで家電をコントロール、レオパレス21が賃貸物件で取り組むIoT”. Digital Innovation Lab. 2018年12月20日閲覧。
  3. ^ Masaru IKEDA (2017年6月20日). “マネーフォワード、企業間決済サービスに参入”. THE BRIDGE(ザ・ブリッジ). 2018年12月20日閲覧。
  4. ^ Takuya Kimura (2017年9月19日). “MFが5年ぶりに個人向けアプリ――自動貯金アプリ「しらたま」が本日リリース”. TechCrunch. 2018年12月20日閲覧。