マラ・サンタンジェロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マラ・サンタンジェロ
Mara Santangelo
Tennis pictogram.svg
Mara Santangelo Biella 2008.jpg
マラ・サンタンジェロ
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
出身地 同・ラティーナ
生年月日 (1981-06-28) 1981年6月28日(37歳)
身長 181cm
体重 68kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1998年
引退年 2011年
ツアー通算 10勝
シングルス 1勝
ダブルス 9勝
生涯通算成績 505勝381敗
シングルス 286勝238敗
ダブルス 219勝143敗
生涯獲得賞金 $1,691,549
4大大会最高成績・シングルス
全豪 4回戦(2004)
全仏 3回戦(2007)
全英 3回戦(2007)
全米 3回戦(2006)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 ベスト4(2009)
全仏 優勝(2007)
全英 ベスト4(2007)
全米 3回戦(2007)
優勝回数 1(仏1)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 27位(2007年7月9日)
ダブルス 5位(2007年9月10日)
テンプレート  プロジェクト テニス

マラ・サンタンジェロMara Santangelo, 1981年6月28日 - )は、イタリアラティーナ出身の女子プロテニス選手。2007年全仏オープン女子ダブルス部門で、オーストラリアアリシア・モリクとペアを組んで初優勝を飾り、イタリア人の女子テニス選手として史上2人目の4大大会優勝者になった。WTAツアーでシングルス1勝、ダブルスで2007年全仏オープンを含む9勝を挙げた。自己最高ランキングはシングルス27位、ダブルス5位。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。

来歴[編集]

9歳からテニスを始め、1998年にプロ入り。サンタンジェロは2003年全豪オープンから4大大会の予選会に出場し始め、同年の全米オープンで本戦に初出場した。2004年全豪オープンで、サンタンジェロは予選3試合を勝ち抜いた後、本戦でもジュスティーヌ・エナン=アーデンとの4回戦まで進出した。2005年から女子テニス国別対抗戦・フェドカップイタリア代表選手に選出される。2006年2月、サンタンジェロはインドバンガロール大会の決勝でエレナ・コスタニッチクロアチア)を 3-6, 7-6, 6-3 で破り、女子ツアーのシングルスで初優勝を果たした。この年、フェドカップのイタリア・チームが初優勝を達成する。サンタンジェロはフェド杯初優勝にも大きく貢献し、9月16日-17日にベルギーと対戦した決勝でも、シングルス1試合に勝利を収めた。

2007年に入ると、サンタンジェロはダブルスで成績を伸ばし、全仏オープンを迎える前に3つの大会で優勝した。パートナーはそれぞれ異なり、ニコル・プラット、カタリナ・スレボトニクナタリー・ドシーと組んでタイトルを取った。全仏オープンでは、サンタンジェロはアリシア・モリクとペアを組み、第17シードから勝ち進んだ。サンタンジェロとモリクは、準決勝で第2シードのリーゼル・フーバー&カーラ・ブラック組を 6-3, 3-6, 6-3 のフルセットで破り、初進出の決勝で杉山愛&カタリナ・スレボトニク組を 7-6, 6-4 で破って優勝した。こうして、マラ・サンタンジェロはイタリア人の女子テニス選手として史上初の4大大会女子ダブルス部門を制覇した選手になった。イタリア人女性による4大大会優勝は、1986年全米オープンの混合ダブルスで優勝したラファエラ・レジ以来、21年ぶり2人目の快挙となる。

全仏ダブルス優勝の後、サンタンジェロは左足の故障に悩み、2007年10月のオーストリアリンツ大会から7ヶ月の戦線離脱を経験した。2008年5月、地元開催トーナメントのローマ・マスターズから復帰を果たし、8月の北京五輪にもイタリア代表選手として出場した。2009年全豪オープンで、サンタンジェロはナタリー・ドシーフランス)とペアを組み、久々の4大大会女子ダブルス準決勝に進出したが、杉山愛ダニエラ・ハンチュコバの組に 4-6, 3-6 で敗れた。

サンタンジェロは日本の「東レ パン・パシフィック・オープン・テニストーナメント」にも、2006年2007年の2年連続で出場している。2006年の大会では、ニコル・プラットとのダブルスでベスト4進出があった。

サンタンジェロは2010年5月にローマの下部大会に出場したのが最後になり、2011年1月28日に現役引退を発表した。

WTAツアー決勝進出結果[編集]

シングルス: 2回 (1勝1敗)[編集]

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
優勝 1. 2006年2月19日 インドの旗 バンガロール ハード クロアチアの旗 エレナ・コスタニッチ 3–6, 7–6(5), 6–3
準優勝 1. 2007年2月18日 インドの旗 バンガロール ハード ロシアの旗 ヤロスラワ・シュウェドワ 4–6, 4–6

ダブルス: 12回 (9勝3敗)[編集]

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
優勝 1. 2004年10月3日 ベルギーの旗 ハッセルト ハード
(室内)
アメリカ合衆国の旗 ジェニファー・ラッセル スペインの旗 ヌリア・リャゴステラ・ビベス
スペインの旗 マルタ・マレーロ
6–3, 7–5
準優勝 1. 2004年10月17日 ウズベキスタンの旗 タシケント ハード フランスの旗 マリオン・バルトリ イタリアの旗 アドリアナ・セッラ・ザネッティ
イタリアの旗 アントネッラ・セッラ・ザネッティ
6–1, 3–6, 4–6
準優勝 2. 2005年8月14日 スウェーデンの旗 ストックホルム ハード チェコの旗 エバ・ブリネロバ フランスの旗 エミリー・ロワ
スロベニアの旗 カタリナ・スレボトニク
4–6, 3–6
優勝 2. 2007年2月11日 タイ王国の旗 パタヤ ハード オーストラリアの旗 ニコル・プラット チャイニーズタイペイの旗 詹詠然
チャイニーズタイペイの旗 荘佳容
6–4, 7–6(4)
優勝 3. 2007年4月8日 アメリカ合衆国の旗 アメリアアイランド クレー スロベニアの旗 カタリナ・スレボトニク スペインの旗 アナベル・メディナ・ガリゲス
スペインの旗 ビルヒニア・ルアノ・パスクアル
6–3, 7–6(4)
優勝 4. 2007年5月20日 イタリアの旗 ローマ クレー フランスの旗 ナタリー・ドシー イタリアの旗 タチアナ・ガルビン
イタリアの旗 ロベルタ・ビンチ
6–4, 6–1
優勝 5. 2007年6月8日 フランスの旗 全仏オープン クレー オーストラリアの旗 アリシア・モリク スロベニアの旗 カタリナ・スレボトニク
日本の旗 杉山愛
7–6(5), 6–4
準優勝 3. 2007年8月19日 アメリカ合衆国の旗 ロサンゼルス ハード オーストラリアの旗 アリシア・モリク チェコの旗 クベタ・ペシュケ
オーストラリアの旗 レネ・スタブス
0–6, 1–6
優勝 6. 2007年8月25日 アメリカ合衆国の旗 ニューヘイブン ハード インドの旗 サニア・ミルザ ジンバブエの旗 カーラ・ブラック
アメリカ合衆国の旗 リーゼル・フーバー
6–1, 6–2
優勝 7. 2009年1月10日 ニュージーランドの旗 オークランド ハード フランスの旗 ナタリー・ドシー スペインの旗 ヌリア・リャゴステラ・ビベス
スペインの旗 アランチャ・パラ・サントンハ
4–6, 7–6(3), [12–10]
優勝 8. 2009年3月8日 メキシコの旗 モンテレイ ハード フランスの旗 ナタリー・ドシー チェコの旗 イベタ・ベネソバ
チェコの旗 バルボラ・ザフラボバ・ストリコバ
6–3, 6–4
優勝 9. 2009年5月18日 フランスの旗 ストラスブール クレー フランスの旗 ナタリー・ドシー フランスの旗 クレア・フュアーステイン
フランスの旗 ステファニー・フォレッツ
6–0, 6–1

4大大会シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 通算成績
全豪オープン LQ 4R 1R 3R 1R A 1R 5–5
全仏オープン LQ 1R 1R 2R 3R 1R 1R 3–6
ウィンブルドン LQ 1R 2R 1R 3R 2R LQ 4–5
全米オープン 1R 1R 1R 3R 1R A A 2–5