マリちゃん危機一髪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
マリちゃん危機一髪
ジャンル ジャンケンゲーム
対応機種 FM-7/8
PC-8801
パソピア7
開発元 槙村ただし(個人)
発売元 エニックス
人数 1人
メディア 5インチFD
テープメディア
発売日 1983年2月
対象年齢 未審査
テンプレートを表示

マリちゃん危機一髪』(マリちゃんききいっぱつ)は、1983年2月にエニックス(現スクウェア・エニックス)から発売されたアダルトゲーム。同社主催の「第1回ゲーム・ホビープログラムコンテスト」の優秀賞受賞作。製作者は槙村ただし

ゲーム内容[編集]

「さらわれたマリちゃんを悪の手から救え」という、至って単純明快なストーリーとなっており、マリちゃんは不自然なぐらい度々さらわれて生命の危機にさらされ、プレイヤーがミスをすると刺殺・感電死・爆死・溺死と悲惨な目に遭ってしまう。敵との対決方法は全てジャンケン。つまり、テクニックなどは一切不要で運に左右される部分が大きい。カセットテープ版とディスク版が発売された。

最終面では、マリちゃんと野球拳で勝負して勝てば服を脱がせることができる。ちなみに、全部脱がせると股間に「プログラム エラーノ タメ コノ ブブンハ カケマセン!!」というメッセージが表示される。

作者[編集]

槙村は永井豪が主宰するダイナミックプロ所属の漫画家で、同社作品などがテレビアニメとして多数登場していた1970年代にはその漫画化作品を執筆しており、この時同様に漫画化作品を執筆していたすがやみつるに感化され、パソコン(当時はマイコンと呼ばれていた)を始めた。

槙村は本作の前にも九十九電機より『野球拳』を発売している。また、カセットテープ版に収録されたマリちゃんの声を演じているのは作者の従姉妹で、マリちゃんの名前もその従姉妹の本名から取ったものである。