マリア・クレセンティア・フォン・ホーエンツォレルン=ジグマリンゲン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マリア・クレセンティア・フォン・ホーエンツォレルン=ジグマリンゲン
Maria Kreszentia von Hohenzollern-Sigmaringen

出生 (1766-07-23) 1766年7月23日
ジグマリンゲン[1]
死去 (1844-05-05) 1844年5月5日(77歳没)
ホルツェン城ドイツ語版
配偶者 フランツ・クサーヴァー・フィッシュラー・フォン・トロイベルク
子女 エルンスト・フィッシュラー
家名 ホーエンツォレルン=ジグマリンゲン家
父親 ホーエンツォレルン=ジグマリンゲン侯カール・フリードリヒ
母親 ベルク=スへーレンベルク女伯ヨハンナ
テンプレートを表示

マリア・クレセンティア・アンナ・ヨハンナ・フランツィスカ・フォン・ホーエンツォレルン=ジグマリンゲンMaria Kreszentia Anna Johanna Franziska Prinzessin von Hohenzollern-Sigmaringen, 1766年7月23日 - 1844年5月5日)は、ドイツの小諸侯ホーエンツォレルン=ジグマリンゲン英語版家の侯女。

生涯[編集]

ホーエンツォレルン=ジグマリンゲン侯カール・フリードリヒとその妻のベルク=スへーレンベルク女伯ヨハンナの間の末娘。1769年、3歳でブーハウ女子修道院ドイツ語版の聖堂参事会員の地位を得る。1807年、40歳の時にフランツ・クサーヴァー・フィッシュラー・フォン・トロイベルク伯爵(1770年[2] - 1835年[3])と結婚[4]。1813年6月12日、兄アントン・アロイスとの間で相続協定を結び、ジグマリンゲン侯家が教会の世俗化に伴い入手した旧修道院領の1つホルツェン城及び付属荘園の所有権を譲られた[1]

夫との間の一人息子エルンスト・フィッシュラー・フォン・トロイベルク伯爵(1810年 - 1867年)は、1843年ブラジル皇帝ペドロ1世の庶出の娘、ゴイアス公爵夫人イザベル・マリア・デ・アルカンタラ・ブラジレイラと結婚した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Michel Huberty, Alain Giraud, L'Allemagne dynastique, Tome V Hohenzollern, Waldeck, p. 189
  2. ^ Michel Huberty, Alain Giraud, L'Allemagne dynastique, Tome VI Bade, Mecklembourg, 1990 p. 430
  3. ^ Michel Huberty, Alain Giraud, L'Allemagne dynastique, Tome VI Bade, Mecklembourg, 1990 p. 431
  4. ^ Maria Kreszentia, cr Frau von Holzen(1766-1844),Genealogy.euweb.Hohenzollern12.