マリア・テレジア・フォン・エスターライヒ=エステ (1849-1919)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マリア・テレジア・
フォン・エスターライヒ=エステ
Maria Theresia von Österreich-Este
バイエルン王妃
Marie Therese von Österreich-Este.jpg
在位 1913年11月5日1918年11月7日

全名 Maria Theresia Henrietta Dorothea
マリア・テレジア・ヘンリエッタ・ドロテーア
出生 (1849-07-02) 1849年7月2日
オーストリア帝国の旗 オーストリア帝国 ブルノ
死去 (1919-02-03) 1919年2月3日(69歳没)
ドイツの旗 ドイツ国 バイエルン州 キームガウ
配偶者 バイエルン王ルートヴィヒ3世
子女 一覧参照
家名 オーストリア=エステ家
父親 オーストリア=エステ大公フェルディナント・カール
母親 エリーザベト・フランツィスカ・フォン・エスターライヒ
宗教 カトリック教会
テンプレートを表示

マリア・テレジア・フォン・エスターライヒ=エステドイツ語: Maria Theresia von Österreich-Este, 1849年7月2日 - 1919年2月3日)は、モデナ公国の公女。オーストリア=エステ大公女。オーストリア=エステ大公フェルディナント・カールとその妃エリーザベト・フランツィスカの長女で、バイエルン王ルートヴィヒ3世の王妃となった。全名はマリア・テレジア・ヘンリエッタ・ドロテーアMaria Theresia Henrietta Dorothea)。異父妹にスペイン王アルフォンソ12世の王妃マリア・クリスティーナがいる。

1875年のモデナ公フランチェスコ5世の死去により、マリア・テレジアはジャコバイトの支持においてのイングランド女王メアリー4世、スコットランド女王としてはメアリー3世となった。マリア・テレジアは1919年に69歳で死去した。

子女[編集]

夫ルートヴィヒ3世との間に13人の子女をもうけた。

ウィキメディア・コモンズには、マリア・テレジア・フォン・エスターライヒ=エステ (1849-1919)に関するカテゴリがあります。

先代:
フランシス1世
ジャコバイトの女王
1875年 - 1919年
次代:
ロバート1世/4世
先代:
マリー
バイエルン王妃
1913年 - 1918年
次代: