マリア・デ・ラス・メルセデス・デ・ボルボーン・イ・アブスブルゴ=ロレナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マリア・デ・ラス・メルセデス
María de las Mercedes
アストゥリアス女公
Mercedes princess of Asturias.jpg
出生 (1880-09-14) 1880年9月14日
マドリード王宮
死去 (1904-10-17) 1904年10月17日(24歳没)
マドリード
埋葬  
エル・エスコリアル修道院
配偶者 カルロ・タンクレーディ・ディ・ボルボーネ=ドゥエ・シチリエ
子女 アルフォンソ・マリア
フェルナンド
イサベル・アルフォンサ
父親 スペイン王アルフォンソ12世
母親 マリア・クリスティーナ・デ・アブスブルゴ=ロレーナ
テンプレートを表示

マリア・デ・ラス・メルセデス・デ・ボルボン・イ・アブスブルゴ=ロレーナスペイン語María de las Mercedes Isabel Teresa Cristina Alfonsa Jacinta Ana Josefa Francisca Carolina Fernanda Filomena María de Todos los Santos de Borbón y Habsburgo-Lorena, 1880年9月14日 - 1904年10月17日)は、スペインの王女(インファンタ)、アストゥリアス女公

生涯[編集]

スペイン王アルフォンソ12世と王妃マリア・クリスティーナの長女としてマドリード王宮で誕生し、生まれてすぐ王位継承第1位の者に与えられるアストゥリアス公を授けられた。名前は、父王の最初の妃でわずか18歳で急逝したマリア・デ・ラス・メルセデス・デ・オルレアンスにちなむ。母マリア・クリスティナが第3子を懐妊中、父アルフォンソ12世が肺結核で急死した。生まれたのは男児で、誕生後ただちにアルフォンソ13世として即位したが、マリアはアストゥリアス公のままであった(アルフォンソ13世に当然ながら子がなく、王位継承第1位であったため)。

1901年両シチリア王家出身のカルロ・タンクレーディ・ディ・ボルボーネ=ドゥエ・シチリエ(最後の国王フランチェスコ2世の甥)と結婚した。2人は3子をもうけた。

マリアは末子イザベッラを出産後、急死した。アルフォンソ13世はまだ独身であったため、マリアの長男アルフォンソ・マリアをアストゥリアス公とした(1907年にアルフォンソ13世の長男アルフォンソが誕生するまで)。

なお、夫カルロ・タンクレーディは、2度目の妻ルイーズ・ドルレアンとの間の次女にマリア・デ・ラス・メルセデスの名を付けている(スペインの前国王フアン・カルロス1世の母である)。

先代:
イサベル・フランシスカ
アストゥリアス女公
1880年 - 1904年
次代:
アルフォンソ・マリア