マリア・ロボトニック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

マリア・ロボトニック(Maria Robotnik)は、セガコンピュータゲーム、『ソニックシリーズ』に登場する架空のキャラクター。声優は初登場の『ソニックアドベンチャー2』以後、テレビアニメ『ソニックX』も含め白鳥由里が担当している。


目次

概要

プロフェッサージェラルドの孫娘で、Dr.エッグマンの従姉妹にあたる少女。長いブロンドの髪と大きな目が印象で外国人のような風貌をしており、同じ孫であるエッグマンとはまったくもって似ていない。宇宙に浮かぶ巨大なスペースコロニー・アークで50年前に生まれたが、先天性免疫不全症候群を煩っている為、病原菌に非常に弱く、無菌空間であるアークから外に出ることができず、窓の外から見えるこの星に興味と憧れを抱いていた。とても優しい性格で、アークの科学者達の研究によって生み出された実験体などにも人間と同じように接していた。特に自身の病気を克服する為の過程として造られた人造生命体のシャドウや少年時代のGUN司令官とはとても仲が良かった。

アーク封滅作戦(詳しくはアークでの一連の事件の真相を参照)の際にシャドウと一緒にアーク内を逃げ回っていたが、GUNの兵士に撃たれてしまう。最後の力でなんとかシャドウをアークから逃がすことに成功したが、最期の言葉をシャドウにしっかり伝えきれずに、12歳という若さで力尽きてしまう。 シャドウはその言葉を『この星に住む全ての人類に復讐を』と勘違いして人類を滅ぼすために暴れまわっていたが、本当は『この星に住む全ての人間に、もう一度生きるチャンスを与えてあげて』と言っていた。

登場作品

ゲーム


アニメ

今日は何の日(11月18日

もっと見る